maron0914さんの映画レビュー・感想・評価

maron0914

maron0914

若い頃は重い系ガッツリ洋画派だったけど、アクションも観るようになり、今では恋愛ものの邦画にもハマり。。
言わばオールマイティー。
基本的なタイプは渋い男性。
(昔からロバートデ・ニーロが好き)

映画(54)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.0

「こんなことがほんとに起きたらステキ
!」
そんなストーリーだけど、流れは自然。
舞台はヨーロッパ。長距離列車内での夫婦喧嘩を男女間の現実に思う見ず知らずの若い二人が情熱的な恋に落ちる―。
あてもなく
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.8

かっこいいおじいちゃんたちに満足。
堅物なデ・ニーロも素敵。
内容はそんなに深くないけれど、テンポもよく、観やすかった。
名優をふんだんに使った作品。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

アパレル会社のワンマンな敏腕若手女社長が名刺印刷会社を定年後しばらく社会から遠退いていたが、知識と経験が豊富な男性に会社の経営と人生についてたくさん教えてもらう―というストーリー。
控えめ、秘密は漏ら
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.8

遺伝子が人の価値を決める世界。
出生前の遺伝子操作が普通なのに両親が自然に任せ病気や欠陥を持って産まれた主人公が遺伝子を偽り必死で高みを目指す。
イーサンホーク、ユマサーマン、ジュード・ロウが若く美し
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.5

昔のスパイダーマンシリーズもおもしろいけど、こちらもいい。
映像が素晴らしい。
主人公の感情表現も自然でいい。
変身してしまう前の電気技師のジェイミーフォックスのキャラクターはパンチが効いててよかった
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

2.8

主人公が最初から最後まで病的にイカれていた。
頭脳と才能があり、(主人公にとって必要のない)人間としての心がないから、パパラッチの世界で成功おさめることができた―
内容はおもしろかったが、見終えた時胃
>>続きを読む

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

3.8

インドにおける貧富の差、児童労働問題などという重いテーマを毎日のお弁当という軽い切り口で描いた作品。
子供たちがとにかく可愛くて、健気で無邪気で強くて心が洗われた。
お腹を空かせたスタンリーが先生にご
>>続きを読む

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.0

少しスリルのあるコメディ。
デ・ニーロも作品としても軽い感じ。でも内容あるし、心地がいい。
ショーン・ペンが若くて顔も仕草もかわいい。
そう遠くない時期に「レナードの朝」や「ミッドナイトラン」を撮って
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.3

ラストの演奏と2人の笑顔がまさに「セッション」だった。
途中まで息苦しくなるぐらい辛く追い込まれるシーンが続いたけど、その全てがアンドリューの今後に影響するんだろうと思う。
何かの為に極限まで頑張った
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

3.8

「RONIN」ばりのかっこいいデ・ニーロが観れた。
所作がきれい。
守りたい人ができた時、正義には強み、悪には弱みになるのかな。
ジョン・ヴォイドやアシュレイ・ジャッドもいい味が出てた。
盗みのプロ:
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.8

時制がイマイチ理解できなくて何度か観ている作品。

人間をほぼ全滅させるウイルスが撒かれた後の未来から囚人ブルース・ウィリスが特赦欲しさに過去に派遣されウイルスを撒いた犯人を突き止めるため奮闘するとい
>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

3.8

幼少期に父親を、結婚式後すぐ妻をイングランドに殺害された実在のスコットランド英雄ウィリアム・ウォレスが復讐と自由をかけて戦う物語。

メル・ギブソン監督映画は何本か観てきたけど、ほんとに残酷な描写に妥
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

メッセージ性が強い作品。
だけど、リアルなのかどうかもわからないぐらい自分の知らない世界。
子を持つ親としてはこんな深い闇を心に閉じ込めたまま生きてほしくないと思った。
二階堂ふみちゃんは安定の素晴ら
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

96時間同様、リアムニーソンの無敵さが気持ちいい。
内容は王道な感じだけど、楽しめた。

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.3

学園ものによくあるこちらが恥ずかしくなるようなクサいシーンは菅田ちゃんの演技のおかげで気にならなかったと思う。
春(菅田ちゃん)のキャラがすごく可愛い。そしてその可愛さをよく出せてる自然な演技。
>>続きを読む

あのコの、トリコ。(2018年製作の映画)

2.0

すごく長く感じた。途中でやめるほどじゃないけど、何もない映画だった。

レイジング・ブル(1980年製作の映画)

3.5

「デ・ニーロアプローチ」をたっぷりと見せてもらった。
冒頭の語り、引退後のレイラモッタが一瞬誰かわからなかった。
怖いもの無しだった無敵ボクサーが富、名誉、家族までも失っていく実話。
チャンピオンベル
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと気になっていた映画。
ブラピはこの手の1本切れたような演技がピカイチだと思う。
ラスト悔しくも「え。。!?」ってなった。
同じ様にラストに衝撃がある映画「シックスセンス」も同時期に作られているみ
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.8

デンゼル、これで64歳だなんて。。
一昨目よりスケールが大きくなった。マッコールさんの強さは健在。
マッコールさんの殺し、裁きにはルールがあるらしい。
残酷すぎて目を覆いたくなるシーンが多すぎるけど、
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

ジェイソン・ステイサムじゃなかったら観てない。
セリフやストーリーがB級という感じ。
でも、映像も迫力もすごかった。

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

3.3

報われない正義に嫌気がさし、魔が差し脱線するも、再び自分のあるべき姿に帰って行くというすごく人間味のある少々難ありな弁護士を見事に作られていた。
デンゼルだから、こんなに深味を感じられたと思う。
コリ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

デンゼル、これで60歳だなんて。。
表の顔ホームセンター勤務の優しいおじさんな彼も、裏の顔プロの仕事人な彼も同じぐらい味があってかっこいい。
残酷なシーンが多いけど、数十秒で仕事を終わらすのには爽快感
>>続きを読む

恋に落ちたら…(1993年製作の映画)

3.2

内容はかなり薄かったものの、デ・ニーロの完璧な役作り(ヘタレなお巡りさん)とユマサーマンの綺麗さだけでも、観る価値があった。
短いから、サクッと観れた。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.2

イーサンは相変わらずかっこよかった。
内容は。。シリーズの中でも少し雑な気がした。
イーサンたちがあんなミスする?というような。。
でも、安定の迫力感に、あの音楽が流れると、いつもの高揚感。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.8

暗く悲しい映画だった。
葉山先生の出した最後の結論、ほんとかな。と今でも思う。
原作を読みたいと思った。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

榮倉奈々ちゃんの笑顔と体を張ったお芝居がおもしろかわいい。
死んだふりの理由と奈々ちゃんが何度か意味ありげに発する言葉の意味を理解した時には幸せな気持ちになった。
独特なタッチでついていけない場面もあ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

テンポのいい軽い映画。
カーチェイスは迫力というよりテクニカルでスマート。
音楽のリズムに合わせての銃撃戦など、基本的に軽いノリ。
痛快な作品。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

1.5

1時間観たところで断念。
世界観が全く理解できず。残念。
神木隆之介の全力演技はよかった。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

蒼井優の第一声にもっていかれた。爆笑。
瑛太はうまく、かっこいい。
新垣結衣もかわいい。
内容はまずまず。
キュンとするシーンもあり、楽しめた。

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.0

役柄によって別人になる俳優。
ロバートデ・ニーロ本人がこんな人だったらいいなと思うようなキャラクター。
不器用で正義感の強い元警官。離婚した現在はお金で動くなんでも屋だけど。すごくかっこいい。
デ・ニ
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.8

実話でなかったら、脚本に無理があると思ってしまうぐらい美しいストーリーだった。
あんなに無償の愛を注げる奥さんはすごい。胸を打たれた。
統合失調症である主人公ジョン・ナッシュを演じるラッセルクロウの演
>>続きを読む

>|