マーチン清花さんの映画レビュー・感想・評価

マーチン清花

マーチン清花

東京で映画サークルの代表をしています
大学生になってから見たやつ(2018.4〜)
+1

映画(232)
ドラマ(0)

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.9

主演の透明感と、演技力というよりは眉間のしわとか遠慮気味な「あ、」とかで役のアイデンティティーが漏れ出てる感じが非常にいい
色は好きだけど場所の使い方はどうかと思う
どのシーンも雰囲気がある場所を使っ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.9

ギャビーギャビー可愛い

トイストーリーの楽しいところを見て育って20歳くらいになってこれで締められるのはあまりに切ない
子供のころおもちゃ!!おもちゃ!!的な見方をしてきたからこそ、まるでおもちゃを
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.7

悪趣味なシーンも多いけどかなり笑った
オチも最高だしセックスシーンめちゃくちゃ面白かった
これがミッツマングローブのオールタイムベストムービーっていうのも笑える

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.0

似たような風貌の男の子たちをこんなに沢山集めてよくここまで丁寧にキャラクターを作り込めるなあと思う
夜のシーンがどれも素晴らしい
かなり長い尺でまじかと思ってたけど、前半の長々とした少年たちの動きを見
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.1

晴れる瞬間がぜんぶ素晴らしい
これがアニメーションか!と思った
エンドロールで「山本二三」を見たときすべてが繋がった

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

3.5

色がすごくよくて場所の使い方もうまくてときどき無性に切なくなるカットが挟まれるけど、正直退屈してしまった

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.9

多彩で遊び心満載でかなり楽しめた
この作品のいちばんいいところが予告編にあまり反映されてないのが惜しいと感じたほど

でも必要のないところでカットを割りすぎて(特に前半)じわじわとストレスを感じた
>>続きを読む

ウルフなシッシー(2017年製作の映画)

3.5

女がパチンコ中毒の言い訳してるとき意味不明な屁理屈言って相手も自分も何言ってるかわからず「は?」がハモった瞬間だけ面白かった

あの日々の話(2018年製作の映画)

3.8

ワロタなんこれ
とりあえず来年以降老害にならないようにしよう

小さな声で囁いて(2018年製作の映画)

3.6

ところどころめちゃくちゃおもろい会話とカットの切り替えがあったけど全体的にはあんまり好きじゃないかな〜熱海があんまりうまく使えてるとは思えない

雨月物語(1953年製作の映画)

3.7

溝口作品デビュー
ずっと画が整っているなあという印象
難しいかと思ってたけど単純に面白かった

カップルズ(1996年製作の映画)

4.9

ぜんぶよすぎて何がいいって言えん、とりあえず生涯ベスト更新やね

夏の庭 The Friends(1994年製作の映画)

4.3

どうして相米慎二は「台風がくる」とか「近所のじいちゃん」とかをこんなに壮大に作れるんだろう。たぶん変態だからだな

TOURISM(2018年製作の映画)

3.7

モデルとして好きな主演ふたりが映えてるのを見るためだけに行ったけどまあまあ色々考えさせられた
まず「旅行が意外とつまらない」っていうあの微妙にタブーな感情を映画にしてしまっていいのかと驚愕した
アス比
>>続きを読む

変態家族 兄貴の嫁さん(1984年製作の映画)

2.0

つまんないし切り返すな!
終わり方原節子に失礼すぎんw

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.3

見てたらこの広い7月の地球上でたったひとりわたしだけにクリスマスが訪れ泣いてしまった

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

単純に笑えるところが多かったり逆に怖かったり、雑さが活きてる!ってずっと感じるから、「達者でな」を無視するシーンとかはかっこよさが際立つ

シンプルメン(1992年製作の映画)

3.6

どれだけ待ちわびても現れない、何をしても崇められ強く愛される父親、これぞ偶像という感じですこだけども台詞がみんな人生悟ったジジイ感あるような…全員顔が疲れすぎで退屈かも…あと踊るシーンを楽しみにしすぎ>>続きを読む

勝手に逃げろ/人生(1979年製作の映画)

3.6

フランス人女性の乾き方がめちゃくちゃ上手く表現されていた
再生不良みたいな映像、音とズレてるから気になっちゃって個人的には苦手

ヘイフラワーとキルトシュー(2002年製作の映画)

3.6

かーーーーーーわい、特に妹がめちゃくちゃクレイジーで超愛おしい、早くお母さんになりたい
この作品の「spagetti‼️」は地下鉄のザジの「métro‼️」と同じ位置づけですが、こちらの方が幾分ファン
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

4.3

色!!!!!!!!!!!!!!Couleur!!!!!!!!!!!!!!!

勇者たちの休息(2016年製作の映画)

4.4

わたし7月の物語よりこっち派だわ…

夏が待ち遠しすぎてたまらなくなって今すぐ映画館出て走り回りたいくらいの衝動に駆られた(残念ながら出ても雨でびちゃびちゃの臭い渋谷だけどね)
本当に心地よかった、す
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.5

隣で楓さんがうるさくてよくわからなかったけど切なくはなった、恋って破壊的だ

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃ色々考えさせられるし、身体よりも終盤の「目」が恐怖

てか、オリジナル版から30分カットされてるらしいんだけど、そのエピソードが怖すぎて後悔

出発(1967年製作の映画)

3.6

主人公がチャーミング!でも早春のほうがすき

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

3.7

栗山千明のシーン、カットの割り方でグロさを強調できるんだと驚愕&トラウマ

これキルビルのテーマなんだ!?って何回もなった(布袋さんのもそれ以外も)、バラエティー見てる気分になったくらいw

>|