まるさんの映画レビュー・感想・評価

まる

まる

映画(75)
ドラマ(0)

ターミナル(2004年製作の映画)

4.0

俺も素直に頑張ってる人見つけたら肩にコートかけたい

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.2

最後20分くらいバチ泣いた
親子ってかおとん息子に弱いんやわ多分

めちゃくちゃによかった

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

2.8

俺は効率とか微塵も考えへん少年やったけど、バッグに謎のメモとかボタンとか綺麗な石とか、今見たら完璧なガラクタ入れてたから双眼鏡ちょっとわかるわ…ええよな双眼鏡…

大人にはわからんけど子供にとったら大
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

もうずっとめちゃくちゃしんどいねん

ずっと観たかったけど角田さんの話いつもまじで体力いるから先送りにしてた、けど今日セミ初めて聞いたから今やなあと思ってん

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

あったまる話やった
どんなおっちゃんにもこういう話があるんやろなあ

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.5

めっちゃ好きや

もう少し歳取ったらこういう笑いの取り方したいなって思ってる通りのかっこいい笑いやったし、大切なものに気づく系のストーリー俺好みで最高!

めっちゃ好きや

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.4

なにが正しいとか無いからうまく対応していかなあかん訳やけど

実際そうなるとうまいこといかんよなあ

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.2

全然関係ないけど、中学の皆イキり盛りの頃、20世紀少年が流行ってる中アッキーって友達が「え、俺一番好きなんインセプションと未知との遭遇やねんけど。」って言うてて、一番やのに二個言うてるやんって思ったけ>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.0

きっと働くおとん向けなんやろうな

難しい問題ばっかりや

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

泣かんまでもずっとうるうるしてた

世界は素晴らしい!!

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.0

わからん…これがわかったら限りなく透明に近いブルーとか土の中の子供とかがおもろいんかなって思った

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.0

自転車とかジャングルジムらへんバチ泣いた。最後の方の悲しさを押し殺して頑張るおとんにはスタンディングオベーションなのだった

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

3.9

しっかり繋がってるやん!
全然うまいこといかんやん!!3気になる…

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

おもろかった。
俺おとんと同じ年になったら何話すんやろってめっちゃ考えたけど、成せば成るみたいなかっこいいことは多分言わんのやわ

バルジ大作戦(1965年製作の映画)

3.0

先の読み合いも脚色なくてハラハラせんかった、戦争のしんどいとこ重視やった

技術力あるドイツはすごいな、あと血出てたら血溜まりだらけやできっと

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

3.3

楽しい

今までやられっぱなしだからな、今度はやりそうな気がするんだ

のぼうの城(2012年製作の映画)

3.5

おもろかった
のぼう見た見てない関係なく、のぼうみたいな人になりたいなと思ってきっと色んな人が頑張ってると思う

キャストむちゃ豪華やな
榮倉奈々むっちゃかわいい

荒野の用心棒(1964年製作の映画)

3.0

クリント・イーストウッドがずっとかっこええ話

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.0

ええ話で話もうまいこと出来てておもろかってんけど個人的には後味悪い終わり方が好き
それかむっちゃ笑う方が好き

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.0

人死んだら状況が変わるからひとくさりがわかりやすい、戦闘のシーンなんてほぼ無くてあっという間に死ぬ

男にモテる系のやつやった、みんな全然笑わへん

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

これいつまで続くのん…て足組んだり横見たりしてたけど、最後の方はいけー!!て感じやった

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.3

これはもう大泣きちゃう?と思ってたけどほっこりスカッとする方やった

Avril Lavigneに見えてたずっと

エル・ドラド(1966年製作の映画)

3.0

アンパンマンおっちゃんver.みたいなストーリーやった、ずっと楽しく見れた

ダイナー(1982年製作の映画)

3.3

居酒屋で隣の隣のテーブルの男たちみてる感じやった、きっと監督さんが作るときのターゲットにしてた人に俺入ってると思う

音楽と最後の笑顔むっちゃよかった

螢川(1987年製作の映画)

3.3

竜夫に起こるちょっと過積載な出来事に実感できてない竜夫の振る舞いとか、大人に一歩近づくときの男の情けないどもども感、めっちゃわかるわ、上手いなあ

千代さんがほんまにやるせなくて春代さんの名前出たとこ
>>続きを読む

>|