maruimonoyaさんの映画レビュー・感想・評価

maruimonoya

maruimonoya

テッド 2(2015年製作の映画)

2.2

アマンダが綺麗なこと以外は、前作から突出して優れている点は無いと感じる。ただ、家でゆったり観る分には良い作品。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.5

年々、探偵映画というよりも、アクション映画色が強くなってきている気がしてならない。

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

面白い。
机でご飯食べながら話してるだけの、代わり映えしない画なのに、飽きさせないし引き込ませるのは、面白さ故。

話の内容は別として、あの歳であの人数の友人と食卓を囲めるのは羨ましい。
ただ、皆が何
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最後まで付き添ったデイジーは素晴らしい

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

2.0

言葉が生々しい。
歳関係なく、活力とともに行動し生きることは、難しいんだがそれが出来るのであれば、充実した人生となるだろう。と個人的には受け取った。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.0

トファー・グレイスが出演している作品を久々に見た、この人はなんか雰囲気あってよい。作品自体は平凡。

ラヴレース(2013年製作の映画)

3.0

よく出来た映画。
表面に見えることが全て真実だとは限らないという、作品から人生を学ぶ系のものとしては善い。
また、事実を作品として残すという意味でも善い。

ただ女優さんの演技も素晴らしいんだけど、所
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

1.5

題材はいいのに、それを上手く作品として昇華しきれてない、どうも消化が悪い映画。
唯一、お吟さんは素晴らしい。こういう良い意味で癖のある女性は素敵である。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.1

始まりは良い。

華やかに歌って踊っての、メッセージ性の無い、所謂、娯楽のための作品で気楽に観れると思わされた最初の
10分。うん、ここまでは良い。

それ以降は、だらだらと続く。それこそ寝るのではな
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.3

ストーリーが分かりきっている映画は正直観ていて新鮮味がなく感じるが、
この映画はストーリーが明瞭明確になっていながらも、飽きさせないところが素晴らしい。
作品内に出てくる歌も良ければ、役者の踊り/パフ
>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

2.6

音楽はいい!
ただ、出会って間もないのにこんなに優しい女性が存在するなんて信じられない

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.9

素晴らしい
『逃げるな』この言葉の意味を全て知っているとは言わないが、皆で合唱し終えた彼らはその歳でこの重要性を一片でも理解していることがどれだけ大切でどれだけ恵まれていることか分かっているのだろうか
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

4.5

ペネロペ・クルスが美しすぎて、こんなに色気ありで魅力的な女性がいるのかと感心する。スペイン語も訛りのある英語も、感情を爆発させる気丈の荒さまでも、人を惹き付ける演技で素晴らしかった。

怒り(2016年製作の映画)

2.5

"怒り"の通り惨劇から始まる。おお、こんなに怒りを暴力的に映像として流していく映画なのか、楽しみ、と思ったら所謂平凡な生活が長々と続く。

正直、平凡な生活の映像が長い。怒りは普段の何気ない生活から突
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5

喪失の後には、破壊的な行動が付きまとうのか、たまたま没頭できることが破壊的だったかは分からない。理解に苦しむ点はあるが、心が動かされるのは確か。
あと、演技うまい。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.6

まだ社会人として経験が浅いうちは、ミランダのような所謂天才の下で短期間でも遮二無二目前のことをクリアしていく方が、今後の人生において有用なのかもしれない。と、自らの社会人スタートを誤ったかと感じる作品>>続きを読む

>|