maruimonoyaさんの映画レビュー・感想・評価

maruimonoya

maruimonoya

映画(69)
ドラマ(0)

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.9

ストーリーはありきたりでツッコミどころ満載、だけど、そんなの超越していい映画。
観てて楽しく、心が優しくなる、こういう映画は、いいね!

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.3

大学卒業後のドナは、人物も、生き方も魅力が過ぎる。
個人的に、感情を全面に出し歌って踊るのは、人類のコミュ力の結晶のようで、今後も残していくべき文化のひとつだと思う。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

映画鑑賞は、ひとつの娯楽であるが、この作品はその娯楽のなかでも最たる物である。
観ていて、すごく楽しかった!!

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.2

ジョン・ナッシュ、このような人生を送ってきたのを、この作品を観て初めて知った。自分の無知と、各々の人生には各々の歴史があること、実話を基にした作品がどれほど素晴らしいか、再確認させてくれた作品でした。>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.8

何かにのめり込む画はすべて美しくみえるので、卑怯。
プラス面は、教師の顔は。人間味があって、すごく好感が持てる。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

よい!よい!直近観た映画のなかでは、一番自分の好みである。
勇敢であり続けること、を説いてくれる素晴らしい作品であると考えます。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

2.3

絵とキャラクターの動き、設定は素晴らしい。
ただそれを全て活かせるようなストーリーではなかった気がする。もう少しドラマがあってもいいかと。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

はっきり言いましょう!僕はこの作品から、一切のメッセージ性を感じません!

ただ、この映画は一級の娯楽であり、エンターテイメントであることは認めざるを得ない。

時に、人間は突発的な欲望に忠実に従い、
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

1.8

ウィル/PINNが行った行為が、私は悪いことだとは思えない。
何事においても、既存の社会が作った正義を壊して再構築するのは、非常に困難である、そう問いかけてる作品であると考える。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

実話を後世に残す作品は、基本的に好きなんです。。。が、クリストファー創出までの道のりやエニグマ解読の方法をより詳細に描いて欲しかったので、全体的に少し物足りない印象なんです。
50年も明かされず、資料
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

2.2

アマンダが綺麗なこと以外は、前作から突出して優れている点は無いと感じる。ただ、家でゆったり観る分には良い作品。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.5

年々、探偵映画というよりも、アクション映画色が強くなってきている気がしてならない。

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

面白い。
机でご飯食べながら話してるだけの、代わり映えしない画なのに、飽きさせないし引き込ませるのは、面白さ故。

話の内容は別として、あの歳であの人数の友人と食卓を囲めるのは羨ましい。
ただ、皆が何
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最後まで付き添ったデイジーは素晴らしい

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

2.0

言葉が生々しい。
歳関係なく、活力とともに行動し生きることは、難しいんだがそれが出来るのであれば、充実した人生となるだろう。と個人的には受け取った。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.0

トファー・グレイスが出演している作品を久々に見た、この人はなんか雰囲気あってよい。作品自体は平凡。

ラヴレース(2013年製作の映画)

3.0

よく出来た映画。
表面に見えることが全て真実だとは限らないという、作品から人生を学ぶ系のものとしては善い。
また、事実を作品として残すという意味でも善い。

ただ女優さんの演技も素晴らしいんだけど、所
>>続きを読む

>|