さむらーるさんの映画レビュー・感想・評価

さむらーる

さむらーる

映画観るには金がいる
ベストムービーにMARVEI作品は入れません(ほとんど上位のため)
フィルマークスまじで最高スギィ!!

映画(384)
ドラマ(0)

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.9

"それでも愛してる"なんていうキャッチコピーがあるもんだからラブ増しコメディかと思ってたら、ちゃんと後半から怒涛のゾンビ映画じゃん。これはいい意味でポスターに裏切られた

コメディとしても個人的には好
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

4.4

待ってました、これぞトランスフォーマー!!

突然変わった彼女、ペットにしてたのにいつの間にかいなくなるディセプティコン、敵に助けてもらいながらそいつを一瞬で殺っちゃうおいしいとこどりのリーダー………
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

っしゃあ!待ちに待ったMCU作品、なんとか公開日に観ることができた、っしやあ!(2回目)
でも実は前日が大学の成績発表で、案の定単位を落とし萎えていたので、メンタル全回復させるためにもってこいだと思っ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「ファーストマン」を先月鑑賞したのでチャゼル監督作品をと思い、やっとこさの鑑賞

予告や評判通り、今まで虐げられてきた者が反抗するラストシーンには悶絶した。今まで努力してきた成果としての反抗、そしてそ
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.3

ふぁっ!?何やこれ!一回観たことあると思ってたけど初見でしたわ、というかこれ完全に脳死映画やんけ!!

クライマックスとなる舞台を砂漠に移した為か"トランスフォーマー"であることを忘れ完全にWarムー
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

オーケーもう一度説明するね!

スパイダーマンという何度も映像化されてきた作品をアニメとして、しかも何体も登場させることに正直「大丈夫か?」とも思ったりしていたが、大丈夫に決まってる!だってスパイダー
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.6

約1年ぶりのBD購入してから初めての鑑賞

いやぁ、やっぱりおもしろい。最後のクライマックスシーン、なんか心にグッとくるものがやはりある。身分が下の者が上の者に反抗する瞬間は見ていて心地いい、「カメ止
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.3

「バンブルビー」公開ということで関係ないとは言え一応鑑賞

車×マイケルベイ×美女!!最高の組み合わせでしょ!何回観たかわからんけど何回観てもおもしろい!最後の方は正直ちょーっと何言ってるかわからない
>>続きを読む

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-(2019年製作の映画)

4.0

前々から気になっていた作品、そもそも上映館が少なく映画館で観れただけありがたい

3月3日現在、上映館1館、レビュー数が未だ200わずかというあの面白さにしては信じがたい数字。いやもっと上映館増やせぇ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

2月の映画会は今作
まずは謝罪からしないといけない、「すみません、途中ウトウトしてしまいました。映画会にも関わらず大変申し訳ないです」と。

この手の映画、つまり批評家たちが好みそうな映画。苦手なんで
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.6

王道中の王道ヒーローオリジン映画爆誕!!
これは楽しめるでしょ!…………
DCのマイティ・ソーという認識は間違ってはいなかったが、インディ・ジョーンズやSTAR WARSのような王道冒険譚でもあった。
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.9

1月の映画鑑賞会は今作。
原作読んでおりミステリー映画で犯人わかっていては致命的かと思われたが、犯人を勘違いしていて余計に犯人が誰かわからなくなりマシマシで面白かった気がする

「ガリレオ」の福山雅治
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.6

中島哲也監督特集ラスト作品。
観た後最初に何が思い浮かんだかというと、とにかく胸糞悪いということ、BEST of 胸糞悪い…

登場人物全員が胸糞悪いんですよね、救いようのない奴らが多く登場する…参っ
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.5

中島監督特集を終わらせにかかる。5作品目は家にあったDVDより

話の展開が大きく変わらない日常系コメディ、思ってたよりもコメディでビックリした。所謂"くだらない"系コメディですね(何度も言うが褒め言
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.4

なんの事前知識もなく鑑賞
「バードマン」じゃなくて、「〜あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」ということを知っていなくては…これはヒーロー映画じゃないんだな

内容にも驚いたが、まず何より驚いたのは
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.9

童貞に釣られ鑑賞
素晴らしくくだらない…いいでしょう!

高校を卒業間近の童貞共がなんとか"卒業"しようと四苦八苦する青春ロードコメディ。くだらなさ一級品(毎回やけどこれは褒め言葉最上級)なので、言い
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.1

ミスターガラス公開という事で鑑賞

自分の特異体質を受け入れず普通の生活をする主人公デヴィッド、普通の生活もままならなず特異体質を受け入れるしかないイライジャ。この二人の相反する性格や生活などの対照的
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

たまげたなぁ、してやられた
あんなラストは想像できねぇわ、言われてみれば確かにちょくちょくおかしいなと思う箇所はあったけどなぁ…うーん参った参った
当時この映画が、人を"殴る"暴力映画として批判された
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

〜2回目〜
かぁ!楽しい!
やっぱ楽しいぜこの映画!最初の試練、まるで自分がプレイしてるようでほんとゲームみたい。そこら辺のクソゲーより断然面白い
でもこれ主人公最後リア充なってんだよなぁ、羨山

B
>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

〜4回目の鑑賞〜
だいぶ遅めのあけましておめでとうございます、初映画はやはり去年ベスト1のこれでブチギメなければ……
やっぱり最高、鳥肌モノ。ヒーローってカッコいいってはっきりわかんだね

今年はアベ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

「警察じゃけぇ、何してもええんじゃ」

今年見納めの映画はベスト10に入る最高の映画でした、ありがとうございます

最初の豚のフンで"この映画違う!"とテンションブチ上げられ、役所広司と松坂桃李の名コ
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

4.2

海外トレーラーでずっと観たい観たい思ってたのに、公開されず泣いていたところTSUTAYAに救われた先行レンタル作品

"老いて遊びをやめるに非ず、やめるから老いる"、はい名言いただきました
鬼ごっこを
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

年末に大作を観ていくスタイル。アカデミー賞作品って当たり前やけどおもしろいんやなぁ(謎の上から)。

3つの看板をきっかけに物語が展開していくのかと思っていた確かにそうではあるけれど、実際は署長の手紙
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

2.9

裏社会で手に入れた金の浄化をマネーロンダリングと言うように、事故物件を事故でないことにする、"浄化する"ことをルームロンダリングという……

エライザを映画館の大画面でと思っていたが、DVDで正解。劇
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

絶賛されていたこの映画、今年中に観なければと思いTSUTAYAでレンタル

ネイティブアメリカンの保留地、ウィンドリバーで見つかった死体がきっかけで明らかになるアメリカの闇
こんなシビアな内容を観客が
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.4

鑑賞前ワイ「来る怖い怖い怖い怖い、絶対1人で観れない!友達誘うcar(真顔

劇場入りワイ「は?カップルばっかやんけ、これだからホラー嫌いやねん(責任転嫁

前半ワイ(ファッ怖すぎやろ、これだからホラ
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.5

中島監督3作品目

こんなにも鬱な映画をなぜあんなにコミカルにポップにそしてミュージカルに描けるのか?さすが中島監督。「パコ〜」よりかはだいぶダークに「告白」よりかはだいぶ明るいといったところかな
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.3

中島監督特集2作目。

娘を殺された先生の復讐劇
「桐島〜」と同じように数人の登場人物の視点を通して、ある出来事の前後がいい人,わるい人なんていう人間性のイメージをコロコロ変えながら残酷なまでに描写さ
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

2.6

宙を舞う少年とか…
見たらわかるワイの好きなやつやん!と思ったらわかってなかった模様…………

社会問題を大きく取り上げており、プラスそこに宗教がらみの話が大分メインのテーマとして描かれていた
Syo
>>続きを読む

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

3.7

話題の「来る」鑑賞前に中島監督作品を一応観ておこうと思いTSUTAYAよりレンタル。

舞台作品原作とあってか時より映画というより演劇をみている気になるが、別にそれが悪いわけではなくむしろ良かった(実
>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

2.2

この特集名、個人的にすごい気に入ってるわぁ…というのは置いといてなんやこの話?スカヨハ嬢がエチエチというのは知ってたが、これはそれを再確認させるための映画かな?

セリフがほとんどないのに、演出と音楽
>>続きを読む

スプライス(2008年製作の映画)

2.9

気づいてましてよ、最初の幼虫みたいな気持ち悪い生き物を「可愛い」と言ったそばからこいつらやべぇ!!ってね

"気持ち悪い"というレビューが多く見られた、確かに気持ち悪い。何がって全て…
エルサはエルサ
>>続きを読む

スピーシーズ/種の起源(1995年製作の映画)

3.0

いやぁ恐ろしい、美を売りに近づいてくるエチエチモンスターですかぁ…
新手の方法にハンターの私も狼狽えております……恋が芽生えるのかと思ってたら容赦なく殺してて草も生えないですね、まったく……いやぁ怖い
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

4.5

大しゅき!

ハングオーバーシリーズの完結作、前2作とは異なる新たなストーリー展開に加えて、過去作の伏線を回収するフィナーレを迎えるにふさわしい作品。
彼らの成長(いやアランだけか)をシリーズ通して見
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.6

名作中の名作、恥ずかしながら初鑑賞

頭が何個もあったり空を飛んだり訳のわからないサメがバンバン映画化される昨今、今年も「MEG」とかいう馬鹿でかいサメの映画がやってたんでインパクトに欠けるかと思って
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前作と全く同じ流れやんけwなのにおもろいやんけww
"同じ"なのにおもしろい。これすごいことですよねぇ

でも前作より好きなんすよね、恐らくエンドロールが原因
流れてたFlo Ridaの曲と彼らの破茶
>>続きを読む

>|