masaさんの映画レビュー・感想・評価

masa

masa

感動作からサスペンス、ホラーまでオールジャンル何でも観ます。音楽映画好きです🎵映画観てる時が一番幸せ(^^)
映画ってほんとに いいものですね。

映画(820)
ドラマ(0)

マッドマックス2(1981年製作の映画)

4.0

有名なのに1しか観ていなかったシリーズ。やはり、2は名作だった。

世界大戦による文明崩壊後の世界を描き、映画に限らず後続の作品に多大な影響を与えている作品。

前作よりさらに数年後、石油危機を迎え荒
>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.5

ワイン飲みて~
当然のようにワインが飲みたくてしかたなくなる作品。

父親の危篤を機に故郷に戻った男が、ワインの製造を手伝いながら自身や家族との関係を見つめ直す。

ストーリーを観るというより、ワイン
>>続きを読む

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.8

奇跡の実話。
アンデス山脈に墜落した旅客機事故から72日間生存を果たして生還した人々の話。
極限状態に置かれた人間の心理はどうなってしまうのか。

ウルグアイの学園のラグビーチームを乗せた乗員乗客45
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.2

彼は飛べたのか。
これは、自分的に、はまりました。
アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。

かつてはヒーロー映画で主演をつとめた落ち目の俳優が、現実と幻想のはざまで、苦悩しつつも、ブロードウェイの舞台
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

頑固じじぃのラストが、かっこよすぎる。

まさに生ける伝説。
晩年のイーストウッド作品は観ていなかった。
確かこれが最後の出演作だったはずだったと思うけど…笑 「運び屋」はまだ観ていないが、もうこうな
>>続きを読む

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

3.8

バディムービー西部劇の傑作。
最後の最後まで窮地に陥ってまで、ジョーク溢れる二人の会話はほんとかっこいい。

ジャケの二人で飛び出してるシーン、もろクライマックスのシーンやんけ。いいのか……このシーン
>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.6

他の奥さんが作るお弁当、他の家のお弁当を食べたいと思ったことはありますか。
あります。

インドの弁当配達システムを題材に、間違えて届けられた弁当が取り持つ孤独な男女の出会いと心に染みる交流を描く。
>>続きを読む

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

3.7

人生のほろ苦い感じがなんとも心に残る。

不良将校二人が、8年もの刑を受けてしまった気弱な若い水平を遠い刑務所まで護送する話。

護送する水兵に途中酒の味を教えたり、女性と経験させたり、シャバの世界を
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.8

主役の高校生ナポレオンダイナマイトが、だらしない、イケテない、やる気ない、全くダサダサなんだけど、妙に好感が持ててしまう。逆にかっこいいんじゃないかと錯覚してしまうほどの強烈なキャラ。
これを観たらな
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.9

ほとんどカフェの中で繰り広げられるワンシチュエーションドラマ。

ザ・プレイスというカフェの奥のテーブルに座っている、願いをかなえる力を持っているという男に次々と人が訪ねてくる。
言ってしまえばただそ
>>続きを読む

ワイルドバンチ/オリジナル・ディレクターズ・カット(1969年製作の映画)

4.0

サム・ペキンパー監督の不朽の名作。約2時間半。1969年製作。
20世紀初頭のメキシコを舞台に滅びゆくアウトローたちの姿を描いた傑作西部劇。
時代の波に取り残された無法者たちの滅びの美学。
西部劇に引
>>続きを読む

蠱毒 ミートボールマシン(2017年製作の映画)

3.7

すげえなこれ…
なかなかこんな作品はないだろう。
田中要次さんよく出たな。
ものすごい血の量のホラーアクションだが、全体的に陽性な作品なのでつい笑ってしまう。
さえない中年男の活躍が心にしみる。

>>続きを読む

バイロケーション(2013年製作の映画)

2.9

自分の近くに出没するもう一人の自分“バイロケーション”に命を狙われるという話。ヒロインを、水川あさみが一人二役で演じている。監督安里麻里。

結婚後も画家を夢見て、キャンバスに向かう日々を送る高村忍(
>>続きを読む

クロユリ団地(2013年製作の映画)

2.9

ホラーなのに全く怖くない。
そこが一番怖い。

中田秀夫監督。
とある団地へと引っ越してきた女性が、そこで続いている変死事件の真相を追ううちに想像を絶する恐怖を体験していく話。

老朽化したクロユリ団
>>続きを読む

予言(2004年製作の映画)

2.5

『リング』や『呪怨』といったジャパニーズホラーの火付け役・一瀬隆重プロデューサーと6人の俊英監督が手掛ける“Jホラーシアター第1弾の1つ。2004年公開。鶴田法男監督。
原作はつのだじろうの「恐怖新聞
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.0

中田秀夫監督の劇場デビュー作。
1996年公開。 2010年にはアメリカでリメイク版『THE JOYUREI 女優霊』が制作された。

新人監督の村井俊男(柳憂怜)は、カメラテストの映像にまったく別な
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

3.4

黒沢清オールナイトにて。
3年間行方をくらましていた夫がふいに帰宅し、離れ離れだった夫婦が空白の時間を取り戻す旅に出るさまを描く。

3年間行方不明となっていた夫の優介(浅野忠信)がある日ふいに帰って
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

3.4

黒沢清オールナイトにて。
インターネットの世界を舞台に巻き起こる恐怖を描いている。

キャッチコピーは『幽霊に会いたいですか?』
会えるものなら会いたいと思っていたが、これ観たら絶対に会いたくないと思
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

3.2

黒沢清オールナイトにて。
黒沢清監督が2014年にオールロシアロケで撮った前田敦子の4枚目ソロシングルのミュージックビデオ。

単なるMVと甘く観ていたら、黒沢清風味が存分に出ていたサスペンスドラマ仕
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.6

こっちの方が、本編『散歩する侵略者』よりリアリティがあった。自分はこっちの雰囲気の方が好き。
不穏なストーリーの展開、黒沢清感もいい感じだ。

『散歩する侵略者』のスピンオフ。
人間の概念を奪いながら
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.9

黒沢清監督作は好きだが、自分はこれはそこまでのれなかった。松田龍平はまだいいが、その他の宇宙人のキャラがチャラくて、弱くしっくりこなかった。

黒沢清監督が、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキ
>>続きを読む

贖罪(2012年製作の映画)

3.8

田舎町に越してきた裕福な家庭の転校生エミリに憧れ、4人の小学生はエミリと仲良くなる。
夏休みのある日彼女達はエミリの死体を発見する。
彼女達は犯人を見ていたが、その顔を思い出すことが出来なかった。
1
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

いわゆる潜入捜査ものだが、一風変わった潜入もの。

刑務所で出会い固い絆で結ばれたはずの2人の男の関係が崩壊していく。

犯罪組織のトップを目指す服役囚ジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所に入ってきた野
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

突然行方をくらました恋人を忘れられずにいる女性が、彼とうり二つの男性と出会って心揺れ動くさまを追う。

監督濱口竜介。ヒロイン(唐田えりか)が惹かれる二人の男性を東出昌大が一人二役を見事に演じている。
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.7

瀬々敬久監督。
第1次世界大戦終結後の大正時代を舞台に、女性力士たちと、実在した大正アナキストたちの青春群像劇。

当時、女性力士興行が盛んだったのはあまり知らなかった。社会に虐げられてきた女性たちの
>>続きを読む

マッドボンバー(1972年製作の映画)

3.5

この長い顔に、丸ふちメガネ、性格は超悪く単なるクレーマーじゃないか…笑。しかし妙にこの爆破魔が印象に残る。
この強烈なキャラはなんなんだ…
何故か妙にひかれる。

妻と別れ、一人娘を麻薬中毒で失った男
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.0

邦画スプラッターで久々にドキドキさせてもらった。

パッケージとタイトルから想像してこんなにグロいとは思わなかった。原作漫画も未読。
イジメものはほんとに胸くそ悪い。
序盤最高に胸くそ悪くて悪くて悪く
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

メリル・ストリープ、トム・ハンクス共演、スピルバーグ監督。

ベトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を暴露したワシントン・ポストの2人のジャーナリ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.9

韓国の約30年前の民主化闘争を描く社会派ドラマ。
熱すぎる。

警察で取り調べを受けた1人の大学生の死をきっかけに、国民が立ち上がった韓国の激動をダイナミックに描いている。

オールキャスト的な実力派
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.1

ハラハラドキドキの高校生たちによるカンニング映画。
面白い!
カンニングそのものの手法は最初は古典的でそれほど斬新的ではないけれど、スタイリッシュな映像と、登場人物たちの魅力にやられてしまいました。
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.6

明るく楽しい、青春ゾンビ映画。

高校生でボーイスカウトのベン、カーター、オギーはクラブで女の子と遊びたくて仕方がない。
ある日、キャンプを抜け出してパーティー会場へ行く途中、ゾンビ化した住人たちに襲
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.7

アメリカとメキシコの国境で巻き起こる麻薬戦争の闇を描いた骨太のアクションドラマ。

優秀なFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官(ジ
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.9

ダコタちゃん演技派になっちゃったな~。
そして、またトニ・コレット出てる(笑)。最近ほんとよく見かける。今回は良心的なソーシャルワーカー役でいい人です。

施設で暮らしている自閉症の少女が、脚本コンテ
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.6

青春の甘酸っぱい感じ。

小説「ライ麦畑でつかまえて」に魅了された少年が、作者のJ・D・サリンジャーを捜す旅に出る青春ドラマ。

学校生活になじめない主人公が旅を通じて成長するさまを描く。
主人公を演
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.2

たまに観たくなるんですよね。
サメ映画が。
しかも、ジェイソン・ステイサムだし。
中国出資でスケールがでかい。
サメも絶滅したはずのメガロドンということで、でかすぎる。

人類未踏の深海に挑む海洋探査
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

光州事件を題材にした、愛すべきタクシー野郎たちとドイツ人記者のドラマ。

ジャケから想像して、明るい感じの人情ドラマかと思いきやかなり重厚な作品で、見応えたっぷりでした。

1980年に韓国で起きた光
>>続きを読む

>|