masaさんの映画レビュー・感想・評価

masa

masa

感動作からサスペンス、ホラーまで何でも観ます。音楽映画好きです🎵映画観てる時が一番幸せです(^.^) 男。
映画ってほんとに いいものですね。

プレデター(1987年製作の映画)

3.8

今更ですが未見でした……
面白い。
すげぇー。
この頃のシュワちゃんの体すげぇな。上腕なんてあり得ない太さ。こりゃ~地球外生物と勝負できるわ。

このジャンル、ストーリーはシンプルが一番。シャングルの
>>続きを読む

シュリ(1999年製作の映画)

3.7

やっぱ韓国映画といったらこれでしょう。韓流映画興隆の先駆者的作品。今観ても面白い!ワクワクドキドキする。

韓国に潜入した北朝鮮工作員と、韓国諜報部員との悲恋を哀しくも美しく描く。また北朝鮮工作員と韓
>>続きを読む

悪魔の植物人間(1973年製作の映画)

3.1

いろんな意味で凄い作品です。
監督は大御所撮影監督ジャック・カーディフ。
ジャケのインパクトも凄い。
TV版の吹き替えがあることにまず、びっくり。これTVで放送できたのか…

学生を実験台に、植物と人
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.7

さすが『チェイサー』のナ・ホンジン監督。戦慄した。

借金返済のため、危険を顧みず韓国に密入国した韓国系中国人が、ある殺人事件に関与したことで味わう奈落の底の人生をダイナミックに描く。

グナム(ハ・
>>続きを読む

甘い人生(2005年製作の映画)

3.7

イ・ビョンホンの重厚なハードボイルドアクション。甘い男だと思っていたがストイックな演技になかなか痺れました。
監督キム・ジウン。

ホテルの総マネージャーを務めるソヌ(イ・ビョンホン)は、裏の世界の住
>>続きを読む

コブラ(1986年製作の映画)

3.2

スタローンといったら、『ロッキー』や『ランボー』を思い出しますが、この『コブラ』も忘れてはなりません!
…いや、昔観たはずなんですが、すっかり忘れてました(笑)。
やはりちょっと弱い。今みるとキャラも
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

これは面白かった。
声をあげて笑ってしまった。そしてほっこりさせる。感動的なロードムービーコメディ。

最初最低な家族だなと思っていたら、見終わったあとには最高な家族やんに変わっていた。こんな家族も素
>>続きを読む

私の少女(2014年製作の映画)

3.6

ペ・ドゥナが出ているので軽い気持ちで観賞したら…。

元エリートの女性警察官と一人の少女との交流を、家庭内暴力や性的マイノリティー、外国人の不法就労といった社会問題を織り交ぜて描くなど意外と深い作品で
>>続きを読む

夜の訪問者(1970年製作の映画)

3.5

今日は何観ようかな~とちょっと思い悩んだ時、そんな時は…
男は黙ってチャールズ・ブロンソン。

1970年イタリア・フランス合作。007のテレンス・ヤング監督。
妻子と共に平和な暮らしを営んでいたジョ
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.5

最近シリアス系観るの多かったんで、何も考えずこの作品でリラックス…
と思ったけどピラニア怖い…
監督アレクサンドル・アジャ。

飢えたモンスターピラニア軍団の猛威を、過激かつパワフルに描くパニック・ホ
>>続きを読む

裁かれるは善人のみ(2014年製作の映画)

3.7

世の中の不条理を思いっきり見せつける作品。地味にこつこつと生きている人間に光は当たらないのか。

権力を振りかざして横暴な土地買収を進める市長に立ち向かう、ある自動車修理工場経営者の男の姿を見つめる。
>>続きを読む

悲しみのミルク(2008年製作の映画)

3.6

ジャケとタイトルに魅力を感じ即借り。
ペルー映画。

母親の苦悩が母乳を通して子どもに伝染する「恐乳病」という南米ペルーの言い伝えを基に、残酷ながらも感動的な話。

母親を失った若い娘ファウスタ(マガ
>>続きを読む

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

3.5

キャッチコピーは「私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。」
対照的な二人の姉妹。

カーティス・ハンソン監督。女性の自分探しを描いた感動作。
内面にコンプレックスを持っている妹と外見に
>>続きを読む

レインボウ(2017年製作の映画)

3.5

原作はベッペ・フェノリオの20世紀イタリア文学の最高傑作。監督は巨匠タヴィアーニ兄弟。

観賞していて少し眠くなりあやうく自分の中での『難解でよく分からなかったけどとてもよかった』シリーズに入りそうだ
>>続きを読む

リーナ・ラブ(2017年製作の映画)

3.4

「いじめ」がテーマのサスペンスなんだけどだんだんホラーなグラフィック美の映像になっていって斬新だった。

高校生のリーナは、隣に住む親友も別の子と仲良くなり、今ではチャットの知り合いにだけ心を許してい
>>続きを読む

シリアにて(2017年製作の映画)

4.0

凄い作品だった。
シリアの内戦を一般市民の目から見た緊迫のドラマ。
3児の母であるオームは、自らのマンションをシェルターとして家族と隣人を市街戦の脅威から守っていた…果たしていつまで持ちこたえられるだ
>>続きを読む

スパーリング・パートナー(2017年製作の映画)

4.5

ボクシング映画は反則だよ……
絶対感動するから。
案の定、熱いものが込み上げてきてしまった。

しかもチャンプではなく、家族を大切に想っている日陰で地道な側のボクサーを描いた感動作。そこがまたみそ。
>>続きを読む

グッドランド(2017年製作の映画)

3.7

ルクセンブルク映画。
なかなか面白いミステリースリラーだった。
監督/脚本は新鋭ゴビンダ・バン・メーレ。主演は「ヴィクトリア」のドイツの若手俳優フレデリック・ラウ。

秋の収穫期を迎えた農村に、流れ者
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.8

かなり重厚な作品だった。
監督は『64(ロクヨン)』の瀬々敬久。
妙に納得した。
原作はセクシー女優の紗倉まな。

新しい世界の扉を開く平凡な主婦、美穂。家族に内緒で、AV女優として多忙な生活を送る専
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

5.0

今更ですが……蒼井優のファンなのにこの初期名作を観ていなかった。しかも今気付いたが岩井俊二監督の作品を観るのはこれが初めてだった…

なんというか、昔自分が初めて告白した時の頃のようなあのなんともいえ
>>続きを読む

アケラット-ロヒンギャの祈り(2017年製作の映画)

4.2

この作品は自分的にはとても痺れた。
監督エドモンド・ヨウ。マレーシア映画。

ロヒンギャの移民問題、ニュースでなんとなく知っていたが、こういう悲惨な現実だとはあまり知らなかった。
ヨウ監督の作品は初め
>>続きを読む

グレイン(2017年製作の映画)

3.5

今のところ自分の観た映画の中で、『難解でよく分からなかったけどとてもよかったランキング』1位です。
全編シャーブなモノクロ映像で近未来の映像が美しいアート系SF作品。

監督は「ユスフ3部作」のトルコ
>>続きを読む

シップ・イン・ア・ルーム(2017年製作の映画)

3.3

東京国際映画祭にて観賞。
初めて東京国際映画祭に行った。
深い。映画祭とはこういうものなのだろうか。特に賞がかかるコンペティション作品。エンターテイメントに徹するとかは全くなく、芸術的な視点で作品をつ
>>続きを読む

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

4.0

子供の頃身体はやせてるのにプロレスが好きでした。日テレの全日、テレ朝の新日、テレ東の世界のプロレスを毎週楽しみにしていたプロレス少年でもありました。なのでプロレス映画はワクワクします。
しかし、プロレ
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.8

キャッチコピーは「甘くみてるとダマされちゃいますよ」。
やられた………
これはまんまと騙されました。非常にやられた~という気分。
自分はダマされやすい性質なのかな…
一本取られました(笑)という感じ。
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.7

いやもう、後半の姉妹が両親の結婚記念日に踊るダンス…恐ろしいダンス…5分くらいのシーンだけど……もうあのダンスだけで観たかいがあった(驚)。衝撃的なダンス。思わず吹き出したかったが、作品の雰囲気もあっ>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

4.0

昔何回か観てるけどもう内容おぼろげだったので観賞。

なんといっても時計台落下(喜劇王ハロルド・ロイドの『要心無用』の時計台のシーンからヒントを得ている)のシーンが有名だが、他にも身体を張ったアクショ
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.5

そういえばパク・チャヌク監督の復讐三部作の三作目観てなかったなと思い観賞。
パク・チャヌク監督の『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』の復讐三部作の完結作。ストーリーは繋がりな
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

4.0

いっぱい笑った。
そして泣いたわ。
サイモン・ペグとニック・フロストのコンビやっぱ最高!
面白かった。
タイトルからしてB級宇宙人ものかなとそんなに期待しないで観ましたが、笑いあり、涙あり、ストーリー
>>続きを読む

アギーレ/神の怒り(1972年製作の映画)

3.9

監督ヴェルナー・ヘルツォーク。1972年西独作品。
ニュージャーマンシネマの旗手として注目され始めていたヘルツォークの出世作。
好きな監督です。

1560年、伝説の黄金郷目指してスペインからアマゾン
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.2

電車の窓からある光景を見てしまった……
興味をそそられるあらすじだったので観賞。
監督テイト・テイラー、原作はポーラ・ホーキンズの同名ミステリー小説。

通勤電車の窓からある光景を目撃したのを機に、殺
>>続きを読む

白い家の少女(1976年製作の映画)

3.6

ジョディ・フォスターがめちゃくちゃ幼い。「タクシードライバー」の時よりもっと幼い。なんか貴重な作品を観た思いになります(笑)

1976年のカナダ、フランス、アメリカ合作のサイコスリラー。原作はレアー
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.8

縁切寺とは実際にどういうものだったんだろう。そんなに遠くない江戸時代後期にあったなんて非常に興味深い。
縁切寺に駆け込む女性はまさに一大決心。その時代ではとんでもない決断だったのだろう。駆け込むシーン
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.3

前作が面白かったので観賞。前作のそのまま続きという感じ。
前作ほどのインパクトはなかったが、時代ものあまり観ない人でも楽しめるようなエンターテインメント時代劇。

幕府の陰謀で5日以内の「参勤」という
>>続きを読む

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

4.0

やっぱこれでしょ!ジャッキーの作品でなんだかんだこれが一番好きかもしれない。
ジャッキー作品は子供の頃憧れてよく観てました。すっかり内容忘れてますが……(;-;)今観るとこんな凄いことやってたんだと気
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.9

このころの映画とても好きです。
ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによるアメリカンニューシネマの代表作。ロードムービー。ジャック・ニコルソンも出てます。

コカインの密輸で大金を得たワイアット(ピー
>>続きを読む

>|