まささんの映画レビュー・感想・評価

まさ

まさ

21歳 学生 レビューは映画初心者の僕がアウトプット兼記録用として書いてる拙い物なので悪しからず。

映画(114)
ドラマ(13)
  • List view
  • Grid view

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語(2017年製作の映画)

3.6

時間は短かったけど少し退屈だった。モリッシーやsmithsを知らない人はもっとそう感じたのでは。しかしsmiths結成前の話と謳われてるのにジョニーマーが早く出てこいと期待してしまったのはあるかもしれ>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.5

友達に誘われて見た。ドラゴンボールはZの前の初期しか見てないから最初内容結構分からないところあって不安だったけど、とにかく戦闘シーンが激しくて映像が綺麗で面白かった。盛り上がった時のBGMが違和感強め>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

聴いたことある曲がめちゃくちゃ出てきてかなり楽しかった。不倫とかなんとかが悪い際なか、これくらいの結婚観が自分的には良いなと思った。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.1

いい映画だった。本当に"良い映画"という表現がどんぴしゃな映画だと思う。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.9

最後まで物悲しかったが、ライアン・ゴズリングがクールでかっこよく面白かった。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

一気に見れなかったのと、かなり集中して見たわけではないからかもしれないが、なんか最後に"繋がった!"感はあんまなかった。だけどもテンポ良く見てて全く飽きないし最高にクールだった。もう1回観たい。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.7

特にドラマチックではなかったが、常時美しく感動的だった。この時代に見る白黒の映像を見るのは確かに良かった。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.1

序盤でなんだスーパーパワー使える系のめちゃくちゃな話かと思ったが、そんなことはなく違和感もほとんどなくとても内容に入り込め素晴らしいストーリーだった。家族愛がもうほんとうに良かった。特に親子愛の描写が>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

普通に面白かったしいろいろ考えさせられた。小さな頃に世界は自分のためにあるゲームみたいなもので他が全部作りもんなじゃないかと考えてたのを思い出した。本当に面白いのは作り物じゃない個人の一生っていうのは>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.8

完全に全体に渡ってミュージカル調の映画を観るのは初めてで少しのめり込めない部分があったが壮大さがあり良かった。てっきり革命の話が主体かと思っていたがドラマ性もあってそこで楽しめた所もあった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

とても良かった。内容、音楽、爽快感、sky ferreiraの曲全てにおいて良かった。自分の好きな要素で満たされてる良い映画だった。

8 Mile(2002年製作の映画)

3.8

やっぱり最後のバトルのシーンはめちゃくちゃにカッコよかった。黒人ばかりの中に白人が一人という世界観が新鮮だった。二グロという単語を黒人がラップしてるのも印象に残った。会話の単語がファキンばっかだったの>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

不思議な魅力のある映画だった。終始温かく、微笑ましく素敵な気持ちになれた。エンディングも良かった。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

大学の技術論の講義にて鑑賞。映画の元になった話題はじニュースでチラッと知ってた程度だったけど、映画を見てスノーデンのしたことのスケールの大きさがかなり感じられた。それとこれを映画にして作品として出せた>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.8

映像がめちゃくちゃカッコイイ。確かにこれは外国に自慢できる日本のマンガ、アニメーションの金字塔といって過言じゃないと思う。しかしストーリーには理解がしきれない所があったのでマンガを読みたいと思った。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

思ったより笑える要素あって面白かった。でもそれ以上ではない感じ。感動とかはあんましなかった。卓球のシーンはめちゃくちゃお気に入り。ただトム・ハンクスが凄かった。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

前作もめちゃくちゃに良かったがそれよりも良かった。スケールが圧倒的で、画面から出てくるエナジーが凄かった。でもなんでもスケールが大きければ良いって言う問題ではなくて、笑える要素もあり感動できる所もあり>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.9

ずっと途中で止まっていたがやっと見終えた。話に大きな起伏がある訳ではないがマフィア社会の中でのゴッドファーザーの哀愁を初め名作感が押し寄せるように感じられた。登場人物は正直誰が誰だか一致してないところ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

試写会109シネマズ川崎
主人公のオギーにフォーカスした映画だと思っていたが、オギーの友達や姉、姉の友達の視点からも描かれていたのは良かった。特に姉の心情が描かれていたのが良かった。なんかめちゃくち
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

アルピーdcgで取り上げられて予告も見てなんだこの映画は!となって観たけどまぁ全体の内容としては少し物足りなかったと感じた。確かに設定の意味わからんさは面白くて好きやったけど、死体になった経緯とかも分>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

かなり良かった。前半正直ちょい微妙だったが途中からどんどん良い!と思うのが積み重なっていき、終了後は本当に良かったと感じた。ララランドとの比較にはなってしまうが、ストーリーは向こうの方が好みなもののや>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

ラストとかとくにえぐくて少し胸くそ悪くはあったけど、かなり面白かった。とにかく完成度が高いなと感じた。

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

3.8

良かった。旅とはこうありたいと思った。行く先々との人との出会いで自分に様々な影響があるなと。描写もドラマチック過ぎず絶妙だったと思う。題に反して半分ぐらいでバイク登場しなくなったのは驚いた。笑 チェ・>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.7

初アル・パチーノ。めちゃ面白いとはならんかったけど、長くても最後まで飽きることなく見れた。ギャングはやはり諸行無常なものだなと思った。とにかくアル・パチーノが凄まじかった。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.1

最初の始まり方から良かったし、最後も良い終わりかただった。想像と違ったけど終始コミカルで結構笑いながなら見れた。まさか人物達があのようにに結びつくとは思わなかったし面白かった。夫婦以外にもジェイコブの>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

良い!とはならなかった。確かに薄っぺらいサクセスストーリーなんかには無い良さがあるけど、ラストのいわゆるセッション?であんま感動できなかった。邦題のせいもあるかも笑 ただ狂気さは尋常ではないほど伝わっ>>続きを読む

TAKING CHANCE/戦場のおくりびと(2009年製作の映画)

3.7

Amazonで短い作品を探して見つけたので鑑賞。 戦争で亡くなった兵士を家族に送り届ける護衛という任務があるなんて考えたことはなかった。戦争が題材でもこの観点から捉えたものは珍しくて良かった。日本とは>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

なんかイマイチピントこないまま終わってしまった。バックグラウンドが自分とはかけ離れすぎてて、理解が難しかった。特に黒人でゲイというマイノリティ感は当人じゃないと相当共感するのは難しいだろう。自分が理解>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

かなり良かった。終わり方もバランス取れてて最後に涙腺もいい感じにきたしよかった。やっぱりオープニングのシーンは最高だったけど、その後のシーンも劣ることなく終始良かった。あまり2回目見たくなることは無い>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

前作より良かった。綺麗に繋がっていい終わり方だったように思う。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

面白かった。メチャクチャ飲み込まれた。ちょっと現実味無いなと思う所もあったけど、それも面白くなってきてどんどん引き込まれた。映像描写もとても綺麗だった。あとは次が気になりすぎる終わりかただった。

落下の王国(2006年製作の映画)

3.7

思ったより微妙だった。イマイチ入り込めなかったように思う。映像は綺麗ではあったけど、、って感じ。映画館で見れば違ったかもしれない。女の子の演技は自然で良かった。

ルーム(2015年製作の映画)

3.9

考えさせられた。子役の子の演技が凄い。ただ部屋を出れればいいってわけではないということ。家族側の描写も良かった。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

良かった。 鑑賞後の気分が心地よい。働く女性は葛藤があり内面的にとても美しいと感じた。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.2

見事にやられた。序盤はいちゃいちゃしてるだけでなんやねんと思ったら、後半流れはだいたいわかったけど驚きが何回もあって結構泣けた。終わりが現実味は全くなかったけど、それは別に問題ではないかな。まぁ全体的>>続きを読む

>|