Masayanさんの映画レビュー・感想・評価

Masayan

Masayan

映画(1021)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.7

【最終章に向かうワンピースが加速していく物語。この勢いが漫画に続くだろう】

早速、ドルビーアトモスで見てきました📽

最近、ワンピースが急展開で注目してまして、昔から好きではあったのだが、途中お休み
>>続きを読む

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

3.5

【日本版ロマンサーガ。予算と体力あるなら毎年の風物詩くらいにまで昇華しないと逆に不安】

キングダム二作目、たまたま有給で見てきました。前作がよくできてて、日本版スターウォーズまで昇華できる可能性ht
>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

3.0

【ミニオンズの始まりの物語。鶴瓶師匠が子供でも違和感なし】

娘と一緒に。

ミニオンズってみんな一緒に見えるし、喋っている言葉が通じないので😅、烏合に見えるんだけど、きちんと個性やキャラクターがあっ
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.5

【日本円、約267億を突っ込んだフルアクション映画。何があっても普通の木曜日】

元、囚人をCIAの特殊工作員として集めたクレイマン、しかしCIAには裏の顔がありそれに気づいたシエラ・シックス(ライア
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.5

【こちらも地上波にて再見。娘と一緒に。】

元々、単作だったBTTFを三部作に作りかけた最後の作品。今作はご存じ、西部の街を舞台に未来へ帰ります。

マーティー、ドク、ビフといった名優そのままに、きち
>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

4.0

【最近のジャパニーズホラーに満足できないあなたへ。まずは予告編から見てみよう】

その予告編がこちら。
なかなか引き込まれるよね。
https://youtu.be/FUnXRdkLwXg

そしてこ
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

【全ての映画人が共感するエンターテイメントの元祖王道】

2022.7.9再見

ご存じ、地上波でBTTFがやってまして、いよいよ小4になる娘に見せる日が来ました!

序盤の伏線には??でしたが、デロ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.5

【行きつけの定食屋でオススメの日替わりを食す気分】

コンフィデンスマンもついに三作目。
変わらずダー子にリチャードに僕ちゃん、五十嵐。

今作も長澤まさみの七変化やハイテンション、マルタ島の美しい景
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

【控えめに言って最高でした、前作を上回る完成度はトムクルーズの拘りだろう。】

38年の時間軸を経て蘇った、トップガン。
鑑賞前のハードル低かったですが、これは名作ですね🛫

80年代を彷彿させるオー
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

【アクションではなくドラマです。日本でリメイクしたら当時の木村拓哉が熱演します】

マーベリックの予習としてひさしぶりに鑑賞。というか、音楽以外ほとんど覚えてませんでした😅

トップガンが公開された1
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.5

【水曜日のダウンタウンばりの大作ドッキリ映画】

ネフリに配信されてて久しぶりに見てしまった。

弟から誕生日プレゼントをもらう一流金融マンのニコラス。それは、実際に体験するゲームへの招待状だった。
>>続きを読む

シェラ・デ・コブレの幽霊(1964年製作の映画)

3.5

【この映画がアマプラで見れる日が来るとは。1964年に尖った問題作】

ある裕福な夫婦にかかってくる死んだ母親からの
メッセージ。亡くなったはずの墓地から直通で用意した電話に泣き声がかかってくる。。
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

【どんな時代にも刺さることはあらためて】

金ローで久しぶりに見ました。

ストーリーはほぼ覚えてましたが、主人公アンディのの淡々として諦めない感じや、友人のレッドとの関係はやっぱ良かったなあ。

>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.5

【庵野さんではなくゆるゆるした樋口監督の演出。でたー!ウルトラマン!と思えるファン以外には普通の映画です】

シンゴジラに続く期待を寄せられた本作。昭和の、ノスタルジーが蘇ると広告されていたかと思いま
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.5

【アカデミー賞らしい、アカデミー賞。名優エミリアジョーンズの今後には期待】

噂のコーダ見てきました。父、母、兄が話せない、聞こえないという中で唯一、健常な長女。
家族の絆と自分の将来と恋愛を描く。
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.0

【ガイリッチーらしくはないクライムアクション、これも新しい試みなのか】

旅行中のお供にダウンロードして鑑賞、ガイリッチーが「ジェントルメン」に続き出した作品として。

「コードネームアンクル」から大
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.5

【変態ジェームズワンの二歩先を行くホラーサスペンス】

こちらも、上映当時見ようか迷ってたやつ、アマプラで鑑賞。

結果、「SAW」や「死霊館」といった独自のシチュエーションホラーやサイエンスオカルト
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.0

【日本にもある大量虐殺。沈黙を守る神に仕える意義とは】

こちらも「マーティンスコセッシ」ファンとしてようやく観ました。原作、遠藤周作、日本の切支丹(キリシタン)弾圧を描く社会派ドラマ。

特に弾圧が
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

【松本壮史。これまた天才が現れた。この作品のコンセプト通り、初めての作品として注目されるだろう】

邦画はやはり邦画だと気付かされる一作。
松本監督のデビュー作は映画愛に溢れている。

主人公の「はだ
>>続きを読む

ドラえもん のび太と夢幻三剣士(1994年製作の映画)

3.5

【ドラえもん映画15週年作品、夢の中のアドベンチャー】

夢いる国の中で繰り広げ破られる、三銃士をオマージュしたロールプレイングアニメ。

冒頭の夢の中の戦いからこの映画への期待感に引き込まれる演出、
>>続きを読む

SING/シング:ネクストステージ(2021年製作の映画)

3.5

【これは吹き替えで見よう。紅白並みの豪華さは味わえる】

前作singからだいぶ時間が空きましたが、こちら続編。前作の仲間たちは新しいムーンシアターで連日満員のミュージカルを。
しかし、ムーンの夢は聖
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.0

【往年のハルキムラカミ、文学の映像は成功したのだろうか】

まさかのアカデミー賞ということで、早速アマプラで見ました。村上春樹は好きなのだが、映像化むずいよのーと思っており、過去のノルウェイの森がギリ
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.5

【旧来の名作を踏襲したマスターピース。過去作品の完全にうけついでます】

ゆびぱっちん不可避は健在👍

ご存じウエストサイドストーリー、もともとは1961年のロバートワイズを彷彿とさせる出来ばえ。今作
>>続きを読む

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(1990年製作の映画)

4.0

ルパンといったらやっぱ、ヘミングウェイペーパーの謎を一押ししたい。

戦争する島に一人暮らすマリアがいいのよね。

次元と五右衛門がエースカードとして決闘させられたり、斬鉄剣で切れないパンドラの箱が出
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

4.0

【お前がどう感じるかで人生は変わる。その完成度は高く2回目に気づく伏線もたくさんあります】

こちらも友人のおすすめで鑑賞。

台湾で育ちアメリカでビジネスをやっているチーが祖母の葬式のために地元へ帰
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

4.5

【filmarks1,000本目は幼少期に影響を受けたスーパーSFホラー、ディレクターズカット!】

filmarksレビューも1,000本になりました👏
世の中には本当に面白い映画が溢れているなーと
>>続きを読む

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.5

【ゴーストバスターズアフラーライフの前段として】

ご存じゴーストバスターズが金曜日ロードショーでやってまして、娘がめちゃくちゃ好きなのでついつい鑑賞。

そういえば、続編ってあったよなと探したら5年
>>続きを読む

クローズ・アップ(1990年製作の映画)

3.5

【わざわざDVDを買ってまで見たイラン作品】

filmarksでとても評価が高かったので購入。
イランの人気監督、マルマルバフになりすます話。

決して悪気はなかった青年が監督になりすまし、家族に接
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.0

【ウェスアンダーソンのやりたいやつ。グランドブタペストホテルの続編】

最近のウェスアンダーソンといえば、ファンタスティックミスターフォックスだったり、犬が島だったりアニメーションに走ってた感覚。
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

2.5

【あの有名な音楽は分かるが果たして。。】

松竹が社運をかけたと聞いて、まだ見てなかったこの超有名な作品を観賞

ご存じ蒲田行進曲にのせて、イケイケ俳優の銀ちゃんとその弟子ヤスと恋人の小夏のお話。
>>続きを読む

疑惑(1982年製作の映画)

4.5

【桃井かおりと岩下志麻、この名演技に松本清張の原作なのだ。もはや、今の時代には作れないだろう。】

恥ずかしながら、桃井かおりはSK-IIのCMや椿鬼奴のモノマネしかみたことないし、岩下志麻の極道シリ
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

4.0

【日本が誇る名作サスペンスに認定、設定も展開も素晴らしい】

なんとなく、ジャケが重そうで敬遠してましたが蓋を開けてみたらテンポの良い名作サスペンスでした❗️
松本清張原作、山田洋次脚本という力強さ💪
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

【ポップコーンとコーラとサウンドバー。そして恐竜】

今日ヨドバシカメラに家電を買いに行ったのですが、テレビのコーナーって臨場感ある映画やってるじゃないですか。

あそこでこのジュラシックワールドがや
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.0

【浅草キッドを見ていたら大泉洋を見たくなり鑑賞。】

旧時代的な小説雑誌を販売する薫風社の覇権争いにやってくる転職者、速水。
廃刊寸前のトリニティを立て直しながらも社内政治に立ち向かう。

題材が雑誌
>>続きを読む

>|