メーテルさんの映画レビュー・感想・評価

メーテル

メーテル

アーカイヴ(2020年製作の映画)

3.1

記録用

エクス・マキナの方が面白いが、何故か山梨に施設があるという設定で日本語が所々に散りばめられている所は嬉しい。

小さなバイキング ビッケ(2019年製作の映画)

3.0

記録用

昔のアニメで見てたから、日本のキャラクターかと思っていた。子供と一緒に見たら楽しい映画かな。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.1

色々考えさせられた。
自分の事を好きな人を好きになるって、実は良くある事なんだろう。無意識に。

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.0

ドクターデスを愉快犯にした設定で、安楽死を犯罪と決めつけて物語が進んで行く。娯楽性もメッセージ性も感じませんでした。

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.1

ドラマは見た事無いが、評価が高めだったので鑑賞。最初は独特のキャラ設定に、馴染めなかったけど、テンポも良く退屈する事なく見れました。

純平、考え直せ(2018年製作の映画)

3.2

記録用

あまり期待せずに鑑賞。しかし最後まで目が離せなかった。ストーリーにリアルさは無いし、暗さもなく、サラッと仕上げた感じがするが、単純なに楽しめた。何故だろう…。きっと人にも勧めると思う。

ダーケスト・マインド(2018年製作の映画)

3.6

記録用

色々な要素が入った映画だった。ストーリー展開も小気味よくちょっと切ない結末。
この映画っめ日本の企業がスポンサーなのだろうか。車は日産、台詞のない女の子の名前はスズメ、子供達が集まる場所がE
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.5

記録用

きっと近未来の科学なら、現実に起こるのかも知れない。

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

4.0

記録用

実話を元に作られたとの事。中国にこんな人が本当に実在したのかとも思ったが、最後には涙しました。

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

4.0

記録用

主人公ルースの完璧を求められる事の葛藤と息苦しさ。本当の両親ではないからこそ少し歪んでしまう愛情。ルースの闇を見つけてしまった教師もまた自身の中に闇を抱えている。
結論のない映画なのに心に刺
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.2

記録用
原作が少女漫画らしく、4人の同級生が見事に4角関係の片想っぽい所から始まり、気持ちが近づいたり離れたり…まさに青春。
4人の気持ちの変化を短い時間で表現するのは厳しいのかな。原作を読んだ人には
>>続きを読む

MORTAL モータル(2020年製作の映画)

2.0

記録用
全体的に暗いまま終わってしまう。結局主人公は雷神トールの生まれ変わりだったのか…。
最後にだから何?と聞きたくなる映画だった。

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

3.1

記録用
メルギブソンの主演ならと思い鑑賞
ストーリーに新鮮味はありませんでしたが、最後はハラハラして、それなりに楽しめる映画だと思った。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.2

ドキドキしながら見るような盛り上がりはないけど、まぁまぁ楽しめる映画でした。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.0

この映画の良さを理解する事が出来ませんでした。(T ^ T)

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.3

長年住み慣れたアパートメントを売りに出す事にした老夫婦が、色々な出会いやエピソードを経て行くストーリー。ほのぼのした雰囲気の中で物語が進行していきます。その辺りで好き嫌いが分かれそうな映画

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.3

記録用

朝倉あきさんの自然な演技に好感が持てた。
ストーリー自体には新鮮味は感じなかったりけど…。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.2

記録用
賛否の分かれる映画かも知れない。バブルを知る人にとっては懐かしいし、当時の自分と今の自分を対比させて、素直に感情移入が出来るだろうが、若い世代の人が見てもこの辺りが微妙だから厳しいかも。

映画「立候補」(2013年製作の映画)

3.0

記録用
面白かったというより、日本の選挙って、やっぱりガラパゴスなのかな。海外の人の目から見たら、滑稽に映るのだろう。レベルの低い選挙活動を恥ずかしいと思った。

>|