のーさんさんの映画レビュー・感想・評価

のーさん

のーさん

映画(27)
ドラマ(0)

NO SMOKING(2019年製作の映画)

3.5

はっぴいえんど、ホソノハウス、YMO…
細野晴臣のルーツが深掘りされてて興味深かった。
海外のライブ映像が混じってて、世界的に注目されてるんやと実感。

語りは星野源。この2人仲良しなんやな。
げんさ
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

4.0

ミステリーかと思えば、ファンタジー。
周りと違うことなんて気にせず、自分らしく生きろて言ってくれるような感じ。
北欧の自然の風景と野性的な演出が、どこか美しさを感じさせた。
観終わるとどこかもどかしさ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

長い時間、結構どうでもいいエピソードをたらたらと流してるから終着点が全く見えなかった。
2人の余裕の演技はとても愛着がわくけども。
最後にタランティーノ感が出て、一気に評価が上がった笑笑


実はこの
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.8

まやかしとかのない現代的な設定で納得。

善悪の区別がつかないAIがアンディーに認めてもらいたいがために奔走するけど、やり方がむちゃくちゃなので嫌われちゃう的な。

主人公が理解してもらえないってのは
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.8

ふつうにおもろいし、アニマトロニクス技術が素晴らしい。
ガキンチョとか女性、弱い立場にある者が頭を使って逆転する話は大好き。

ブードゥー教を学んでたてのはおもろかったが。雷呼ぶならもう世界侵略してま
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

SFドラマなのか、アクションなのか、どっちつかずでスッキリしない。
CGがショボい。冒頭1カット目のヘリコプターが画面外から出てくるCGが不細工すぎて「ん?? 大丈夫かなこの映画」て心配なったが、アン
>>続きを読む

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘(2019年製作の映画)

4.0

謎めいた女、不二子の様々な面を見ることができた。
情ってのはあるんだけど、やはりいつもの彼女に戻る。やっぱこうでないと。
沢城ふじこちゃん大好き。

そろそろ物語も繋がりが見え始めてきて、次回作に期待
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.4

怪獣が暴れるところが見たいだけなので、大満足です。
人間ドラマとか、もういいです。
マニアのツボ押さえてて、素晴らしいです。大画面大音量で観たい映画です。

トップガン(1986年製作の映画)

4.1

主人公に起こる出来事に感情移入してしまって、喜んだり悲しんだりしてしまった。

トムクルーズ若い。

臨場感たっぷりの空中線、戦闘機が発進する迫力。5.1chの大画面で観たい映画ですね。

外国人を見
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

2.7

じわじわ気持ち悪い感じが込み上げて良かった。
ドキュメンタリータッチな演出がかっこいい。

レザーフェイスの唐突さとか奥の赤い壁の配色とか、気味が悪くてカッコ良い。

後半のだらけ具合と主人公がうるさ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もふもふピカチュウかわいい。
おっさんピカチュウと共に謎を追うバディもの、ミステリーものとして楽しめた。

街や自然の中に馴染んだポケモンたちが面白いしうらやましい。

勘のいい人なら映画のクライマッ
>>続きを読む

IT/イット(1990年製作の映画)

3.3

めっちゃ青春映画。
ほとんど青春映画。

子供時代と大人時代がコロコロと入れ替わるけど普通に理解できる。
子供時代の友情物語にすごく共感が持てて微笑ましい。
もともとテレビスペシャル的な映画だったらし
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

多様性多様性って言われる現代にピッタリのテーマだと思う。
どんな生き方でも間違ってないんだって言ってくれてるような。
例えば、黒人の主人公とか。女性が比較的強く描かれてるとか。お父さんと叔父さんの境遇
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.4

緊張で身が詰まりそうな72分間。
ワンカットであるが故に、いつなにが起こるかわからない不安感がずっとまとわりつく。音楽とか映画的な演出は一切排除する。登場人物の息遣いと周りの音が際立って聞こえる。そし
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.6

シャマランがゆっくり着実に準備をして、やっと実った作品。
彼のヒーローに対する愛が垣間見える。
所々にヒントが隠されているのも面白い。

人間を超越した三役が一度に揃った時の興奮と言ったら...!
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

2.8

極彩色が映画の全編を覆う。まるで夢の中にいるかのような、幻覚を観ているような、不安な気持ちにさせられる。カラーリングがデジタルの現在と違って困難であったろう当時の、色に対するこだわりが見える。
プログ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.3

丁寧な描写で物語に入り込みやすい。
まるでイーストウッド自身が鑑賞者に語りかけるように、メッセージが伝わる。
若い僕が今後生きていく過程で見返して、主人公と自分を振り返ってみたい、指標にしたいような映
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.5

たった数ヶ月間の物語だけど、彼らにとってはかけがえないものかと。
純粋な子供ゆえに犯した罪で周囲の人間が引き裂かれる。最後になって、そういえばこれは戦争映画だった、出会いも別れも全部戦争のせいなのかと
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

5.0

トラックで荷物を運ぶ、ただそれだけの映画にこれほどまでの緊張感とリアルさを出せるだろうか。
現実を切り取ったかのようなドキュメンタリータッチな描き方は「フレンチ・コネクション」でもみられるようにフリー
>>続きを読む