masakosamaさんの映画レビュー・感想・評価

masakosama

masakosama

映画(349)
ドラマ(7)

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.7

息子は心配。普通の子でもなんか心配。ましてやこんなoverdoseな息子がいたら、どんなに心配かと、胸が痛かった。彼は親に恵まれて良かった。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

思わず吹き出したり、しんみりしたり、それぞれのエピソードを堪能した。ローマのベリーニのこってりした演技と、神父の表情最高

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.4

クドカンが三回観たって言ってたし、よくできた映画ということは分かるんだけど、救いがない映画は個人的にちょっと苦手。

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

アダムドライバーを知る前に一回観て、そんなに良いとは思わなかったのに、アダムを知って再度観たら良過ぎた。
乗客の話を小耳に挟んで、思わず微笑む笑顔が最高😆

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.8

美しい。渇望が彼の原動力であり、魅力なのかも知れないけど、幸せになってほしいな。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.5

ベンアフレックのダメダメな感じがすごくリアル。マーゴがいてくれたのが救い。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

好きなタイプの映画。白黒映画って何となく敬遠してたけど、白黒ならではの美しさや、効果に初めて気づいた。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.9

アダムはこういう役が、本当に似合うな。愛情深くて不器用で、おっきいのに「よしよし」してあげたくなる感じ。

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

3.7

アメリカは色々問題のある国だけど、これが実話であるということに、懐の深さを感じる。エンドロール素敵😊

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(2009年製作の映画)

3.8

切なくて、秋に観るのにふさわしい映画だった。音楽もインテリアも良い。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.6

小林聡美の透明感。膝行真似してみたら、膝が壊れそうになった。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.8

良かった。神木くんは零にしか見えない。上手いだろーって圧はないのに、上手いなーと舌を巻く。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.4

悪くないんだけど、皆が芸達者過ぎて、「お見事!」と言いたくなる感じで、あまり感情移入は出来なかったかな。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

トーニャハーディングのスキャンダルは、当時日本でも話題になったので、よく覚えている。こんなbehind-the-scenesがあったとは、知らなんだ。味方が一人も居ない孤独に、胸が痛んだ。逞しい生き方>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

クリスチャンではないけれど、人はみな使命を持ってこの世に生を受けていると思える自分でいたい。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.9

良い人しか出てこないファンタジー。特にお兄さん夫婦が優しくて泣ける。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

ケンタッキーのケンタッキーフライドチキンは新鮮で美味しい。
全力で笑って、全力で食べる。
初めは粗野なだけかに見えたトニーは、まっすぐで素直な心の持ち主だった。だから、あんなに素敵な奥さんともドクとも
>>続きを読む

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

3.5

キアヌが初々しくて萌える。ジャックニコルソン、恋愛小説家の時と同じような感じで、だんだん可愛く見えてくる。ダイアンキートン、ニューヨーカーが似合うー。かっこいい。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.6

家を買いたい人が、その思いをお手紙にしたためるという文化がアメリカにあることを始めて知った。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.9

カシミールってスイスみたいなところでびっくりとか、印パ問題って聞いたことあるけど、あんな緊張感なのねーとか、初めて知ったことたくさん。笑いあり、涙あり、アクションあり、歌って踊ってのてんこ盛りでお腹い>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.1

アル中親爺にしか見えなかったチャーチルがどんどん格好良くなってくる。クライマックス最高!イギリス国民愛おしい。

>|