ぽちさんの映画レビュー・感想・評価

ぽち

ぽち

映画(650)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

メル・ギブソン/特別奇襲戦隊・Z(1981年製作の映画)

3.0

「遂行された作戦の忠実な報告である」ってとんでもないテロップで始まる作品だが、勿論フィクション。

チーム名がZとか超B級ぽいのだが、これはホントにZ Special Unitと言うチームがあったそう
>>続きを読む

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

3.3

気楽に楽しめるコメディで、そこはかとなく漂うインド匂も良い脱力感を出している。

わざと盛り上がりをハズしているとこなどは多分原作のカラーなのだろう。
このシニカルさが魅力だが、惜しいのが一番こだわっ
>>続きを読む

アラン・デュカス 宮廷のレストラン(2017年製作の映画)

2.5

デュカスの輝かしい功績を見れば常人には無い特殊な才能を持っている事が理解できる。
きっと味覚が優れているだけではなく、それを記憶し分析し再現する能力が神がかっているのだろう。

ただ今作ではそこに焦点
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

4.4

前作からの雰囲気をそのままにクオリティーも高く満足いく作品。

「こんなルパンが観たかった」という想いをそのまま形にしてくれている今作。このシリーズがずっと続いてくれることを祈る。

今作では酔っ払っ
>>続きを読む

俺たちホームズ&ワトソン(2018年製作の映画)

3.0

笑えるギャグもあるのだが大爆笑とまではいっていないのが残念だ。下ネタもあるのだがこれもハジケかたが足りない。往年のパワーは感じられず軽いコメディと言う程度になってしまった。

しかし個人的にはこのグダ
>>続きを読む

イナゴの日(1975年製作の映画)

2.2

イナゴは何かの隠語か深い意味があるのだろうと思ったのだが、そのまんまかい!!とツッコミたくなるオチ。

群像劇だと思えばだらっと流して観られるが、どうも締りが無い。
「衝撃のラスト」とか言われているの
>>続きを読む

パウロ 愛と赦しの物語(2018年製作の映画)

2.5

新約聖書を元にしたフィクションとしてサラッと流して観れば楽しめる作品。

今作を観ていてふと思ったが、キリスト教って2千年かけた壮大な伝言ゲームだと思う。
2000以上の宗派があることを見ても分かると
>>続きを読む

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

3.3

よくある年寄りの「あの時代はよかったなぁ~」ってだけの内容ではあるのだが、実にまとめ方が上手くマイケルの魅力的なナビゲーターも目が離せず楽しめる作品。

マイケルの昔の出演作の映像を上手く使い、当時の
>>続きを読む

フロントランナー(2018年製作の映画)

2.7

ラストでのハート議員の演説が今作のテーマを全て表している。

加熱するマスコミやそれを野次馬根性で喜ぶ大衆、大統領選挙選のあり方や矛盾。言いたいことは良く分かる。

でも映画としてはそのラストまでが実
>>続きを読む

リグレッション(2015年製作の映画)

3.6

悪魔が出てくるホラーかと思わせ実は真面目なサスペンスと言うオチのギャップが爽快で、世間の評価は高くないようだが個人的にはツボにはまった作品。

記憶の曖昧さや思い込みの恐ろしさをホラーと言う形を借り実
>>続きを読む

木曜日に抱かれる人妻(2019年製作の映画)

2.6

まず制作国がドミニカ共和国と言うところがレア。おまけにかなりハードなサービスシーンがある。

登場人物二人だけで全てはある一室の中で進むのでまるで舞台劇のような演出。ただ、かなりエロ寄りの内容。

2
>>続きを読む

ミネソタ無頼(1964年製作の映画)

3.0

制作年代を考えるともしかしたら座頭市の影響があるのかもしれない。暗闇を利用しての決闘がクライマックスだが、アイディアはいいのだが画面が暗くてよく分からないのが残念。

男を手玉に取るほとんど不二子ちゃ
>>続きを読む

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

2.4

周防監督の一般映画デビュー作と言うことで、この後撮られる作品に比べ冴えはない。

原作では山を降りた後の主人公の価値観が変わり・・・と言うところからが盛り上がりなのだろうが、今作は原作途中で映画化のた
>>続きを読む

アルファ 帰還(かえ)りし者たち(2018年製作の映画)

3.4

人と犬はこうして共存するようになったのではと想像させてくれる良質のファンタジー。

偶然と強運のストーリーはドラマ作りの上でしょうがないが、それ以外の映像やオリジナルの言語などリアリティにこだわってい
>>続きを読む

潮風のいたずら(1987年製作の映画)

3.3

ゴールディが記憶喪失になるオープニングでオチまで全て読める定番のストーリーなのだが、ゴールディの可愛さとカートの精神年齢低そうな男キャラでぐいぐい引張って最後まで飽きさせないロマコメ。

執事役で制作
>>続きを読む

クイール(2003年製作の映画)

2.5

盲導犬がどのような一生を送るのかを丁寧に紹介していて好感は持てる作品。
出てくるお犬様も可愛い。

ただもっと掘り下げて欲しかった。
訓練のシーンが出るがサラッとしすぎている。繰り返し繰り返し教え込む
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

よく練られた脚本、冴えた演出、迫真の演技でスマッシュヒットを記録したのも納得できる良作。

先の読めない展開と一見ご都合主義にも見えるストーリーだが、ラストできちんと決着を付け、その上バットエンドのく
>>続きを読む

チャタレイ夫人の娘(1994年製作の映画)

1.4

B級感をごまかすため?それとも著作権料を払いたくなかった?
とにかく使っている曲がクラシックの名曲。なのだが、これがもうセンスが無いというレベルではなく、ギャグとしか思えない使い方。特に「白鳥の湖」は
>>続きを読む

ひまわりと子犬の7日間(2013年製作の映画)

3.4

身勝手な人間により殺処分される犬、猫たちと言う重い題材をファミリー向けにハッピーエンドのオブラートに包み問題提起した作品。
これを良しとするかにより評価は分かれそうだ。

個人的にはファミリー向けとし
>>続きを読む

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

3.1

全力で泣かせに来るだろうなとは思っていたが、その強引な手口にまんまとはまってしまった。

ノルウェーのブリーダーが元といわれている「犬の十戒」を聞いただけでもウルウルしてしまうのに、そこに可愛いお犬様
>>続きを読む

チャタレイ夫人の恋人(1990年製作の映画)

1.2

先日観た「レディ・チャタレイ」と同じ女優、たぶん制作会社も同じだろう。

どうも調べて見るとこのランバ・マルと言うポルノ女優が1990年頃からヨーロッパあたりで人気が出て、彼女を使った低予算ポルノが十
>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.2

一番驚いたのは48分に一回銀行強盗が発生するってこと。
いくらなんでも盛った話だろと思い調べたら本当だった。
一日に24件以上の銀行強盗って凄い。っていうかロサンゼルスに何件の銀行があるんだ?
年に何
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.4

冷たくのしかかってくるような作品。

最初に暴行を働いた人間が全ての根源で罪があるのは当たり前だが、今作での焦点はそこではなく、それにより変化して行く人間関係なので、余計に冷たさや憤りを強く感じてしま
>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

3.3

シリーズは何作か観た記憶があるが、どれもグダグダのB級だった。

しかし今作はさすがにブームを作り出した一作目。ストーリー、キャラクターともに筋が通っていて魅力を感じる内容。
この後続々と亜流作が出て
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.3

たぶん10代後半に観たのだろうが、怖さと生理的な嫌悪感でトラウマになっていた作品。

勿論その後再見したことは無かったが、今回勇気を振り絞って観てみた。

え?こんな作品だったっけ?と唖然。
気持ち悪
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

3.8

特に盛り上がるストーリーではないのだが実に味わい深い良作で、愛すべきキャラクターにまた会いたくなってしまう作品。

主人公のイングマルはもちろん、彼を取り巻く人々の一癖あるキャラが実に魅力的で、日常を
>>続きを読む

トリコ・トリ: ハッピー・ハロウィン(2018年製作の映画)

3.4

超低予算、ハロウィン限定の作品だが思わぬ拾い物。

設定やキャラが良くてかなり楽しめる良作。低予算のため幽霊らしいCG処理などほとんど無いのだが、これが逆にギャグとして成り立っているのは幸運。

また
>>続きを読む

スキャンダル・愛の罠(1985年製作の映画)

3.1

基本エロが目的の作品ではあるのだが、精神が病んでいる女性の理不尽な振る舞いや、監禁物としてはユルイ設定ではあるが、一歩外に出られれば助かるのにそこに手が届かないもどかしさが上手く表現できていて、サスペ>>続きを読む

シェア 私に何が起こったか(2019年製作の映画)

2.1

なぜサンダンス映画祭で高い評価をされたのか理解できない。
平坦なストーリーに冗長な演出。ラストのメール削除で何が言いたいのか分からない。

流行のSNSと女性監督が女性の性的暴行事件を扱ったというだけ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

ライヴ・エイドのシーンが素晴らしく、この20分を観るだけでも価値がある作品。

実際の史実と違ったり、脚色されたエピソードも多いのだろうが、ラストのライヴに向けた盛り上げ方が上手く、ラミの渾身の熱演に
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.9

あの独特な姿のキャラたちが、味のあるぎこちない動きで暴れまわるだけでも嬉しくなってしまう作品。

ニック・パーク監督でしか表現できない世界があり、ファンとしては新作が観られただけでも感謝だ。

ただ名
>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.6

脚本家として実力のあるドリュー監督だけあり、今作の一瞬たりとも目が離せないスピード感に満ちたストーリーはさすがだ。
全てのキャラが立っているのも魅力。

そして本業が歌手のヒロイン、シンシアの歌が素晴
>>続きを読む

牯嶺街少年殺人事件(1991年製作の映画)

2.1

長い。もうこの一言に尽きる作品。
ショートバージョンが3時間。今回は4時間のバージョンを観た。

ラスト30分ぐらいの少年が殺人を犯すまでの描写は冴えていて、とても14歳の不良が口にするとは思えないリ
>>続きを読む

スナイパー(2002年製作の映画)

1.2

脚本、演出ともにグダグダで社会派サスペンスを装ってはいるが、内容はチープなワンシチュエーション物。

脚本も書いているカリ監督の力不足がストレートに出ている。
映画監督はこれ一本だけで後はTVと言うの
>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.5

ドイツ製作のコメディはほとんど観た事が無かったが、今作はさすがにヴェネチア映画祭で受賞しただけのことはありレベルの高い作品。

笑いのセンスも良いが、それを題名どおりソウルフルに纏めているのがまた上手
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.6

ティーンの少女を主人公とすることで、重いテーマを上手く観やすい様に料理しているところが監督の手腕だろう。

原作は未読だが、一方的な意見ではなく警官の立場もきちんと説明しているところは好感が持てる。た
>>続きを読む

>|