映画太郎さんの映画レビュー・感想・評価

映画太郎

映画太郎

昔は理屈抜きのアクション物が好きでした。今は観た後、しみじみ余韻を味わえるようなそんなのがいいです。でも結局はなんでも観ます。雑食です。

映画(45)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

近未来版 ジュマンジ?
映画のいろんなキャラクターが出てきて、お得感倍増!

ただ、僕のようなおじさんには、内容についていくのがいっぱいいっぱいでした。

オアシス創始者【現実は、いいことばかりじゃな
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

【僕にも出来る!彼が人を殺すに使う力で、僕は人を救う】

機械だからこそ、人を救い、自分の中に人の心があるのを確かめたい犬屋敷壱郎。
他方、殺人罪は人が作ったルール、機械には関係ないとうそぶく獅子神皓
>>続きを読む

サリュート7(2017年製作の映画)

3.8

制御不能となったソ連の宇宙ステーション。その修理に挑む二人の宇宙飛行士。

奇跡といっていいような、マンパワーでミッションを進めていく二人に、絶望的な問題が!

上層部と喧嘩しながらも、二人を生還させ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ナニ? ナニ? どうなるの?
小さな胸騒ぎと、いっぱいのハテナで
画面に釘付け。
週末、恋人のローズと、ローズの実家へ訪れたクリスにMAXで迫る恐怖!
どうなるオロゴン! いやクリス!

盲目の画廊ハ
>>続きを読む

ロキシー(2016年製作の映画)

2.5

ゾンビ映画かと思った(焦)
前半と後半のギャップが大きすぎて気持ちが追いつかない。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ゲーム脱出のカギは、5人の苦手を克服する勇気。
ジャングルブックとインディジョーンズを加えて割ったような作品だけど、要所要所に笑いのパンチが効いてて面白かったです。
フリツジ【人生は一度限り、どういき
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.9

あの頭は、ズバリ【♪ 船を作るぜ、かっこいいぜ】の造船所のコマーシャルを思い出す。

個人的には、出世も捨てて、ひたすら街を守るために、オフでも身体を鍛えているおじいちゃんが好きです。

亜人(2017年製作の映画)

3.5

亜人の漢字に心が付くと悪人になるのか。
佐藤は二十年間、実験で殺され続け、復習の心をたぎらせた。亜人に心が付いて悪人になったのだ。でも、佐藤の【政府は息をするように嘘をつく】の言葉になんか共感。
手か
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

【今 撮るべき作品】スピルバーグの言葉にそそられて鑑賞しました。

【レッツゴー、パブリッシュ!】ケイの決断シーンに感動!
巨大な輪転機が動き始めるシーン大感動!

まさに【今 観るべき作品】で
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.2

【リアルおそ松さん】を観るようなのりで借りたら、近未来版アンネフランクとでもいうような衝撃作だった。

ケイマン【胸に手を当てて問うてみては?生存のための選択を誰に托するのかを】
重いテーマを投げかけ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

寒々とした作品に思えるのはなぜか?
観ながらずっと考えていた。
パーシヴァル【最後にひとつだけ聞きたい 誰が勝った?何のゲームだった?】
これだ、結局よくわからん作品だったから盛り上がれなかったのだ、
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

アニメとはいえ、描かれている風景は一幅の名画です。時々ため息が出ました。

容姿にコンプレックスを抱くメアリと、環境を変えたいと思っているピーター。でも魔法によって変わることは何か違うということを、作
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

死者の国が、あんなにカラフルだと安らかになんてしてられませんね笑。
【本当の死とは、人の記憶から消える時に訪れる】とは【永六輔】さんの言葉でしたか、だからリメンバーミーなのですね。お国柄かなあ、日本だ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【民のいる所がアスガルド】
アスガルド星人は大量の難民になったわけですな。そして彼らは一路地球へ向かう。
えっ地球! 今世界は孤立主義に走っているから受け入れてくれるかなぁ。

最近の超人物は単独で
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

鳴海の、真治に捧げた【愛の概念】が、侵略をやめさせたと信じたい。そう思うと町の教会で流れた賛美歌が無性に聴きたくなり、巻き戻してみた。おや、神父?役の東出君は【予兆】では宇宙人として出てましたよね。侵>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

目の見えない人たちが象に触る話。鼻に触ったやつと耳に触ったやつが、自分の方が正しいと言い争う。
裁いたのか、救ったのか、
仕切り越しの重盛と三隅。
何気ないセリフにも重い意味がありそうで、もう一度じっ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

声の出ないイライザが多弁に語る【彼を助けないなら、私も人間じゃない!】この言葉、心に響きました。同じ劇場に住む画家は監督の投影でしょうか?弱者に対する監督の優しい眼差しを感じた作品でした。ちょっとエッ>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.5

染谷君が【空海】役なので、可愛らしいリアル一休さんにならないか心配しましたが、立派な空海さんでしたよ。作品は映像が綺麗です。原作は読んでないのですが、このシリーズに同じ遣唐使の船で長安に渡った【最澄】>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

【黒には黒の良さがあり、金には金の良さがある】みんな違ってみんないい。【金子みすゞ】的なテーマの作品ですね。良いです。日本の古典的な文化、茶と生け花の巨匠が織りなすドラマを、古典芸能の担い手、狂言師や>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

新ためて映像と音楽で映画なのだということを思い知らせました。押し寄せる【喜怒愛楽】で涙腺は堰を切り、レビューで初めて満点をつけました。まだ観てない方は.めくるめくエンターティメント【人類の祝祭】を是非>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

殺し屋が、大勢の殺し屋に狙われるという設定が面白かったです。マツコデラックス風の殺し屋にはワロタ。美術館の鏡の間のシーンは【燃えよドラゴン】を思い出しました。キアヌさんは、痛々しさやズブ濡れ感が、いい>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

2.9

クスッと笑えるシーンがあって救われた。それがなかったら、しんどかったかな。戦闘スーツ姿で、顔が出てたらガッチャマンに見える。元祖ゴレンジャーを観てた世代から一言、黄レンジャーは、太っちょのカレー好きで>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.5

【戦になれば誰が銭払ってくれるのかな】飄々としていて、戦となれば【デコピン、膝カックン】などジャッキーチェンばりのアクションを披露してれる無門。黒装束の忍者の大群は、コミカルな動きの蟻の大軍。しかし終>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最後のどんでん返しに鳥肌!
アンドロイドの創造主(神)は人間。アンドロイドはエイリアンの創造主(神)待てよ、人間の生態系を変えるエイリアンを創り出したアンドロイドは、ある意味、人間の神(破壊神)なのか
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

【のろろ】は海から来た邪悪なもの。やがて村人の守り神となる。やってきた6人の元殺人犯を【のろろ】とダブらせているのかな。正直、もっとサスペンスな映画だと思っていました。が、松田君の演技が俊逸なので、こ>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.5

面白かったです。ただ究極の二者択一は、もう少しハラハラ感が欲しかったなぁ。
松坂君の黒、沢尻さんの黒と白、間宮君の白。三人三様の服装の色が、それぞれの関係性を表しているのかなと、漠然と思いながら観てま
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.0

死と愛と時間が人の姿をして、ハワードの手紙に返事をするクリスマス寓話
感動しました。何を書いてもネタバレになりそうなので一つだけ【見逃さないで、悲しみの後には必ず幸せのおまけがやってくるから】観終わっ
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

やってくれたな(笑)いろんな映画が顔を出しよった。強すぎる女SPはターミネーター3の女ターミネーターに見えるし、もちろんアルマゲドンもデイアフタートモローも、仲良く顔を出しよった。宇宙ステーションで拳>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.9

285枚のカードのうち、18枚は誰かに届いたのですね。オットー【機械と同じだな。砂が一つ挟まっても止まりはしない。だが、さらに砂をギヤの中に投げ込んでいくと、モーターはきしみラインは止まる。大勢の人が>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

冒頭のカーアクションでつかみはオッケー!キングスマンのタクシーはボンドカーも顔負けなのだ。全体にコミカルだから人間ミンチもギリギリ観ていられるのか⁉︎
麻薬王アダムスも悪党だが、大統領もなかなかの悪よ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

お化け屋敷に入った時のような怖さ。ステーヴンキング原作の作品は何本か観ましたが、少年期の思い出にホラーが絡むという定番のストーリー。最新の映像技術で怖さ倍増。ただよく見るとどこかで見たようなシーンがち>>続きを読む

たたら侍(2017年製作の映画)

2.0

白黒の黒澤明監督作品をカラーにしたら、こんな風になるのではと、感じさせられた色彩と描写。内容は黒澤作品と似て非なるもの

無限の住人(2017年製作の映画)

2.9

木村君の風貌は、僕らの世代では【丹下左膳】を彷彿とさせた、悪くはないけどもちょっと立ち回りが長いすぎ。最後のシーン、万次【そこは兄様だろ】には救われました。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

【それでも私は行く!】砲弾飛び交う無人地帯を一人行くダイアナ。かっこいいぞ!男前!【僕は今を救う。君は未来を救え!】かっこよすぎるぞスティーブ!
ダイアナの凛々しい顔と癒し系の笑顔、そのギャップにやら
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.5

イタリア版リアル鋼鉄リーグ!
観終わった時、僕も叫んだ【彼こそ鋼鉄ジーグ】と!
主人公の表情がとてもいいです。いっぺんにファンになりました。赤い風船が空に上がるシーンが印象的。なぜかジャンレノの【レオ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.0

久しぶりに夫婦で観に行きました。
時間のゆっとり流れる鎌倉の風情。
民家すれすれに走る江ノ電は、魔界と隣接する鎌倉の象徴であり魅力。
黄泉の国へ行くことを決心した亜希子が、夫と別れるシーンは目頭が熱く
>>続きを読む

>|