映画太郎さんの映画レビュー・感想・評価

映画太郎

映画太郎

昔は理屈抜きのアクション物が好きでした。今は観た後、しみじみ余韻を味わえるようなそんなのがいいです。でも結局はなんでも観ます。雑食です。

映画(97)
ドラマ(0)

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.6

爺爺【 もう怖くないだろ 下を見ない 何があっても遠くだけを見る 】

爺爺がメチャクチャカッコいい!
戦争で足が不自由になる でも かけっこで、彼女に勝ったら 付き合ってもらう
ハンデありす
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【 いつか貴女は あの男を愛さなくなるだろう と、ベルナールは静かに言った。そして いつか僕もまた 貴女を愛さなくなるだろう サガン 一年ののち 】

雀荘の都市伝説的な 噂話から始
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.0

いろんな目線で観れる トレビアンな作品です 感動と名言が 後から後から追いかけてくる

【 愛は目に表れる。目は愛の第1章 】
名言なのに 【 マリー 】にとってはとても裏腹な言葉。
プロの
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.5

ちょい悪オヤジの【 終活 】と 、メッシー( 飯 )君との友情物語

末期の病を患って、延命のための治療も断った。愛犬の里親も探しながら、棺も見て回った。
かっては 舞台の主役を張った モテモテのち
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

月夜の大都会、咆哮する恐竜のシルエット 狼の遠吠えに似て、
身を硬ばらせる赤いカーディガンの少女。
ちょっと 童話 赤ずきんを思わせる。

この少女、 ロックウッド社の孫娘
少女と、共感す
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

【 食べてクソして 踊って恋をする 】
48時間の異文化交流
何万光年も飛び越えて、旅の終わりに食べられる?
彼ら( 異星人 )は 蝉よりかわいそうやん
世間( コロニー )の秩序に縛られ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

何十年に一度という、天災を経験すると
人を助けることを生業にしている人たちの、熱い思いに、改めて感謝と感動を覚えます。
この作品は実話ベース
消火の話なのに、僕の心に、なにかしかの火を灯していきました
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

鎖国の国【 ワカンダ 】
超絶のテクノロジーとスーパー金属の鉱脈を持つ だから、悪い奴らからはエルドラード(黄金郷)と呼ばれ、垂涎の的なのだ。
ちょっと日本に似ている。
かっての鎖国の国 日本もジパ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

【 実に謙虚だよ 自然はなんて気長な彫刻家だ 少しづつ削り 毎日ゆっくりと 数千年をかけて 美しい至高のものを創り上げる 】
自然の営みに反し、人類は神の領域に手を出した。身長180センチの
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.4

【 人生には、どう生きて行くのか決定する瞬間がある 】

オーヴェは【 過去に生きる 】
先立った最愛の妻 ソーニャ
彼女の元へと 今日もせっせと自殺する。

今日も
死ねない
そりゃあん
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.5

父【 お前には特別な力がある。魔法使いみたいに。パパたち普通人 ( マグル )には、理解できないよ 】

ネイサン エリス
ハリポタのハリーにそっくり!
だからか、数学という魔法が使えるのは。

>>続きを読む

くも漫。(2017年製作の映画)

2.9

くも膜下出血
死亡40% 後遺症30% 社会復帰30%

くも慢 ( ゆるキャラ?)は、突然襲ってくる。場所など選んではくれない。

【雨上がり宮迫】似の【 中川 学】 自分への
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.0

昭和45年、日本の高度成長期を象徴するかのような
大型の航空機が、その焼肉店の上空を往き交い、騒音と影を落とす。
小さな焼肉’店【焼肉ドラゴン】
三人の看板娘と一人息子
バンチの効いたバンチパーマのオ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

アメリカの開拓時代を思わせる、列車強盗や大脱走の展開。

それは、まだ法のない時代

画面が暗いのは、それを象徴してのことなのか?
それとも外宇宙に深海をイメージしてのことなのか。

【名前はなんだ?
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.2

英国版【 アニー 】

ロンドンに住む女の子 【 グロリア 】
ママを知らずに育った。
でも、
彼女にはナイスな二人のパパがいる。
英国系 髭の太っちょパパ (ママ的 オネエ風)【ベルニー】
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.5

【 二人で何かを創るの。それが結婚生活の秘訣よ。家なんてただの背景 】

違うぞ!
ただの背景じゃない。
家大事だぞ!
家に属して 家族と書く。

この家は、
彼女の心なのか、

この家は、
子供を守
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

4.3

この作品を観るのは二度目です。
TSUTAYAで 目にとまり、もう一度 みっちゃんとタケさんの会話に会いたくて借りました、

馬締 【僕は、相手に気持ちを伝えるのか苦手です。僕の気持ちは伝わりませ
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.0

ボロいダットサンでやって来た、
びじよかなオナゴ先生。
合唱部顧問の代役、【 適当〜によろしく】
最悪のファーストコンタクトだった!

ピアノが弾けないブロ ピア二スト 柏木ユリ
ハルコ【 ユリのピア
>>続きを読む

ゆずりは(2017年製作の映画)

3.8

【 人間として涙は必要だ。しかし、葬儀に私情をはさむことは許さん!】

葬儀社 部長 水島正二
葬儀中の仕事ぶりは、要人警護のSPを思わせる。渋い
あれだけ表情豊かなコロッケさんが、よく我慢できたなぁ
>>続きを読む

いつか読書する日(2004年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと考えた。【 いつか読書をする日 】
なぜ、このタイトルなのか。
(美奈子)の閉じた心の表紙。
(傀多)への想いのページがめくられる日をいうのか。

ずっとすれ違ってきた二人。いや、すれ違おうとし
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.3

ゴールデンリトリバーのベイリー。
生死の境を イーサンに救われた。

【 イーサンには僕が、僕にはイーサンが必要 】
その日から、イーサンとベイリーは強いきずなで結ばれる。

それは、今(現世)を超え
>>続きを読む

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

【 何にも買わない。何にも売らない。
ただ、生きていく 】

限界集落ギリギリの、過疎の村 【 かむろば村 】
東京からやってきた訳ありの青年 高見武晴 この男、お金アレルギー。お金に触
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

【 心は人の未来を示す地図。顔は人の過去を示す地図 】

オギー君、
そうか、君は宇宙飛行士になりたいのか。
生まれてから27回も手術。よく頑張ったね。

【僕は普通じゃない】
よく見てみなよ。普通の
>>続きを読む

娚の一生(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

男の母性をくすぐられる作品

下屋敷家の敷地内で、シェア生活を始めた下屋敷つぐみ(榮倉奈々)と 海江田 醇(豊川悦二)
豊川さん、朝ドラの漫画家先生のキャラまんま

男の字に女偏がついて【娚】
だから
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.7

この手の作品には【お約束】がある。

一人の仲間を救うために、大勢の仲間を危険に晒してしまう。
そういった【お約束】の展開が待っている。

しかし、

誰も見捨てないのが、リーダー(トーマス)の生き方
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

しかめっ面の広告女。皆を非難してばかりで、夜には警察署に火をつける。

南部の田舎町。迷った奴か、ボンクラしか通らん田舎道に、目をひく三つの広告看板

【レイブされて死亡】
【なぜ?ウイロビー署長)
>>続きを読む

悼む人(2015年製作の映画)

3.5

【あなたが出会った静人だけが、あなたの知りうる静人なのではないでしょうか。
静人は、あなたにどう映りましたか?
静人が、あなたに何を残しましたか?】


海を前にして、寄り添う静人の父と母。

静人の
>>続きを読む

グーグーだって猫である(2008年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

猫好きには、たまらん作品でしょう。

サバ フランス語で【元気?】
人気漫画家、小島麻子の家族。 猫である。
物語は、サバが死んだ朝から始まる。
サバが死んだ時、先生は最後まで泣かな
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.6

【余命を知った彼女(オーレリー)は、決意した。何も変えず今までどおり生きることを】

余命宣告の一斉メール

そもそもは、

この世の不幸を楽しむ 父神に、復讐を決意した 娘【エア】の 神対応だ

>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

2.9

久里【今やめたら、やってきた10年が、無駄になる】

壮介【10年で済む。諦めないと一生が無駄になる。やめさせるのも愛情だよ】

この言葉、卒婚を決意した【壮介】と【千草】にかぶって聞こえる。
【千草
>>続きを読む

うなぎ(1997年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

観察人【なんでまた、うなぎなんか?】
山下 【話を聞いてくれるんです。それに、余計なことをしゃべりませんから】

妻の浮気現場に踏み込んだ。

男(山下)は、ためらわず、浮気相手ではなく妻を刺した。
>>続きを読む

幕末高校生(2014年製作の映画)

3.0

川辺【少なくとも私は、未来で一人も会ったことがありません。誰に何を言われようとも、理解されなくても、自分が正しいと信じたことをやり抜こうとしている人には】

歴史の先生と三人の高校生が、ひょんなことか
>>続きを読む

運命じゃない人(2004年製作の映画)

4.2

【電話番号なめんなよ 11桁の数字を知っているかいないかで、赤の他人か、そうでないかを分けているんだからな】

名言! 運命は11桁の数字なのかぁ!

人の良すぎる【宮田】は、半
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

【ワルキューレの騎行】が流れ、南極の白い大地がパーンする。斜め45度。下から男たちが映し出される。 このシーン好きです。
1997年、南極ドームふじ基地。
ここで働く8人の男たち。閉塞し、殺伐とした
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

【小さな魚が、大きな魚をやっつけるには、小さな魚が集まって、大きな魚のように泳げるようになって、大きな魚を追い払う】

社会をほぼドロップアウトした赤の他人が、なかばゴミ屋敷のような一軒家で、年金と足
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

【テッドプールはファミリー映画!
いいファミリー映画は殺しのシーンから始まる】

掴みはオッケー的な、冒頭のフリだと思っていたが、意外なことに、ファミリー(家族)が本作の主軸。

未来の鍵を握るミュー
>>続きを読む

>|