masashiaterさんの映画レビュー・感想・評価

masashiater

masashiater

映画(374)
ドラマ(0)

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.4

とにかく胸糞シーンの連続にドップリ。最後はもう少し救いのある要素を入れてほしかったけど、過去の現実を伝えるにはこれが最適なのかも。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.4

内容はともかくストップモーションであのボリュームを撮ったのがすごい。声優も無駄に豪華。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

んーSFにしても何か色々雑。バトルシーンもちと地味な気が。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.1

神話のメタファーなんだろーけど映画作品としてどーなんだ。雰囲気はいいけど感情移入もしにくいし、オチの衝撃もない微妙な空気感。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9

いやー笑った。めちゃ王道だけど大人が見ても笑えるシーン多数。ゲーム内キスシーンが1番吹いたw

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

2.3

え? ってシーン多すぎ。いくらでも逃れる機会あるのにしないし、タイトル的な方向に行くのかと思いきや逃げたがるし意味不明。最後もスッキリしない。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

キッズ向けの内容だけど最後のバトルが楽しい。金田のバイクやゴジラ対ガンダムとかテンション上がる。

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.3

延々と胸糞シーンを見せられる割りに最後のカタルシスちょと弱め。しかしガイピアースはメメントといい、逆行劇俳優みたいになっとるな。

10x10 テン・バイ・テン(2018年製作の映画)

2.9

焦らす感じで展開するけど普通に読める。あと伏線ぽいシーンも特に何もなく、何より男弱すぎてイラついてくる。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

この背景があった事を考えると当人達をキャスティングってのも納得。結果は分かってるからドキハラは無いけど、腐らない精神と勇気ある行動に只々感心。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

カタルシスも無く、とにかく最後まで胸糞が止まらない。ただあのアホの仲間達がオモチャの事を言わなかったのにもイラつくけど、言ってたら言ってたで誰かしら殺されてたかもと思うと結局胸糞。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

ストーリー的には「いや最初から間とってそれでええんちゃうんかい感」があるけど主役の子の演技とネコにほっこり。この子は今後ブレイクしそうだな。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

2.9

いや、地味やん! 最初以外ほぼドンパチ無いしミッションも必然性が無いから緊迫感なく終始コメディタッチ。敵ボスの呆気なさに1番ワロタ。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.4

実話ベースなので地味だけど、真実の解明ではなくあくまで訴訟論点でのロジカルな戦術が効いていく部分が絶妙なカタルシス。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.5

どーやって撮ってるん??なシーン多数。最後はやり過ぎ感もあったけど内容も含めて普通に楽しめる。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

なんじゃこりゃ笑 ニコールよく出たな。 パンクネタのファンタジーって斬新だけど変な方向にぶっ飛んでてついていけんかた

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.3

ソウ1に通じるとこもあって良かったけど割と読めちゃうし展開がご都合良すぎてちと微妙。次回作に期待。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

グロマンチックムービー。雰囲気とか色使いがギレルモぽい。配役と演技が素晴らしくてファンタジーなのにリアリティ感。

ジオストーム(2017年製作の映画)

2.9

王道ディザスターでポップコーン進む系だけど内容スカスカ感。てかジオストームどれやねん。ブラジルの女子の描写が謎すぎる。

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.5

2時間ダイジェストだけど良くまとまってた。てか2pacもだけど、ビギーもスヌープも声のトーンまで似ててモノマネ見てるみたいでニヤけてまう。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

サスペンスってかヒューマン。どこか雰囲気が西川作品っぽい。暗さの中に光が見える不思議な映画。最後の会話が人間らしくてすごく良い。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.4

最後の心理描写が難解だった。当てつけとは言え小説の中のジェイクの役がヘタレ過ぎてイラつく。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

ベタベタだけどテンポいいからまあ普通に楽しめる。ヒゲの黒人の子が渡辺直美に見えてくる

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.5

これすごい。ここ最近のサスペンスではベスト。構成と言い脚本と言い伏線も演出も素晴らしい。こんなカタルシスの得方をさせるとは。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

脚本が秀逸。前半早すぎる会話について行けないけど、転結に向けての展開に魅入るのと、切り札に鳥肌。

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

2.8

ちと幼稚すぎる。医者感全くないし、んな訳あるかだらけで脅かし要素だけの映画。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

ゆれるとかにも近い鑑賞者に投げかけ系だが難易度高め。真相は多分想定通りでメッセージ性もわかるけど感情が追いつかない感じ。

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.7

自業自得だから同情感は無いけどこいつの生命力に感服。並の人間ならとっくに発狂して死んでる。そしてラストの事実にビックリ。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.4

ギャグ要素強くてテンポいい。バナーの犬んとこの件わろた。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

なんか評判は悪かったけどまあそこまで思い入れが無いからか普通に楽しめた。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

昔のは観てないけど古風な王道感で見応えはある。ちなみに他に誰も乗ってないのこの電車?

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

正直キャストの老化と病み上がり感がすごくて迫力に欠けた。あとさすがにあんだけ殺したら警察動くでしょ、、!

ザ・サークル(2017年製作の映画)

1.8

トムハンクスとベックの無駄遣い。このご時世でこんな非道徳的な展開ありえなさ過ぎて全く感情移入できないし全てが安っぽい。普通事故の時点で会社辞めるし会社自体終わるやろ。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ストーリー構成はベタベタだけどこの王道の演出と相方黒人のウィット感がめちゃいい。伏線も良くできてるし良作。

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

3.3

正直PR映画感は否めないしアルゴア操られ説もあるけどいい事してる事には変わらないんじゃないかね。まあ勉強にはなった。

>|