MasayaJoeさんの映画レビュー・感想・評価

MasayaJoe

MasayaJoe

23.

映画(1230)
ドラマ(0)

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

久しぶりに映画見たから新鮮だった。
人が出会って、徐々に仲良くなっていく映像を見せられたら、そりゃ誰でもいい気分になるわ。
夜遅くのオフィスで、アンハサウェイがデニーロのFacebook登録を手伝って
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

今まで見てきた中でもここまで動的な画面のアニメははじめてかも。指板の上を動く指の質感が生っぽい。で、最後は涙腺が壊れた。一番上手に歌えなかったリメンバーミーが一番グッとくる。しかしデラクルスが可哀想過>>続きを読む

太陽(2005年製作の映画)

3.7

これは悪夢をみているのか。何かがおかしい。いや、全部がおかしい。イッセー尾形の口の動きがおかしい。くにょくにょずっと動いている。色が、音が、カメラが、編集がおかしい。wikipediaに書いてあったが>>続きを読む

2/デュオ(1997年製作の映画)

4.2

これはフィクションか。記録か。ドキュメンタリーか。夢か。我々は一体なにを見ているのだとわからなくなる

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

クマが主人公なんてただの悪夢だろと思ってみたがかなり面白かった。既視感のある展開ばかりだが、オマージュというものか。みなキャラが立っていて見ていて楽しい。会話のテンポ、カットのテンポも小気味よい。見て>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃ高尚なものを見せられているのか、めちゃくちゃ俗なくだらない話をされているのか、ワカンなくなるが、とにかく濡れた ホットドッグを永遠に注文し続けた青春

競泳選手ジャン・タリス(1931年製作の映画)

4.3

あらすじ読んで、面白いわけがないと腹をくくって見たけど、非常に面白かった

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

2.5

妻が死んだが感情が死んでるので悲しくともなんともない夫の再生の物語なんだが、心の修理も車の修理と同じで一度全て解体しろと言われてから、バカ正直に身の回りの家具やパソコンや何もかもを全てを分解して解体す>>続きを読む

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.1

嵐の中、病院で行われるクライマックスの結婚式のシーンはすごい。人って泣きながら爆笑できるんだ!と自分にびっくりした。
吹奏楽のメンバーが、普通の中学生の顔をしてて、これぞ沖田修一!と思った。

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

4.0

「一日が永遠にループする」
取るに足らない平凡な日常を人はどう生きるか。映画は生き方の指南のようであり、問いであり、誰もが悩む日々の生き方について考えさせられる。それをポジティブにとらえるかネガティヴ
>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

4.0

2017年、初映画。(つけ忘れ)エリックロメールが1995年に撮った三本の短編からなるオムニバス映画。パリの街角で男が女に言い寄り続け、二人は移動しながら会話しカフェで待ち合わせする。カメラはそれを手>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.8

ウディアレンは技術力の高い俳優を集めまくって、リハなしほとんどテイクワンで撮影するんだと

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.0

スケールがでか過ぎて、ただことではない世界。物語に無駄がないんだか、無駄だらけなんだか、よくわからない。けど演出の端々で凄いことが凄い密度で起こっている。追いつけないほどの濃度だった。

ムーンライト下落合(2017年製作の映画)

4.6

大学生がとりがちな、アパートの中で男ふたりグタグタ話す系映画。しかしめっぽう面白い!

机の上のビール缶に手をかけ持ち上げて、中味が空であることに気づいて、少しだけ落胆して、また机の上に戻して置き、ち
>>続きを読む

ビルマの竪琴(1985年製作の映画)

3.8

音楽と戦争。なんだか妙な映画だった。というか妙な物語だった。前半と後半で違う映画を見ているかってくらい展開する。サスペンス活劇の前半はとてもワクワク。思えば久しぶりに市川崑の映画を見た。カット割りがキ>>続きを読む

劇場版 其ノ灯、暮ラシ(2017年製作の映画)

3.6

自分はこんないい人になれない。監督の人間性がまぶしくて羨ましいかった。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

なぜ、広瀬すずの足は悪いのか。

上半身の映画、というものがあるとしたらこの映画は間違いなく上半身の映画である。主な舞台の接見室では、俳優の下半身は全くもって画面に映らない。この映画の主役は顔と手だ。
>>続きを読む

陸軍中野学校(1966年製作の映画)

4.4

スパイ養成学校のお話。増村は肌に合う。加東大介だーいすき。

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

4.1

こちらも死体を捨てる場面がある。死体の重さが伝わってくる。段取りの面倒さがきちんと描いている。それ重要。
ミニマル。反復。繰り返し。変奏。

レイクサイド マーダーケース(2004年製作の映画)

3.8

フジテレビ製作ということで、どこまでやりたいことをやっているのかわからないが、死体を捨てるくだりの面倒さを丹念に撮っている点が良い。

>|