きよみずさんの映画レビュー・感想・評価

きよみず

きよみず

24歳。最近何を見ても何か物足りない。ベストムービー→2017ベスト。#死ぬまでに観たい映画1001本(改訂新版)

5オールタイムベスト
4.5大好き
4.0良かった
3.5まあそこそこ
3普通。記憶に残らない
2つまらない
1時間の無駄

映画(1073)
ドラマ(68)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.3

#2018-73
見ているこちらまでもがカンニングの共犯のような感覚に陥り、その緊張感で一緒に吐きそうになった。何度この緊張感からから早く解放してくれと思ったことか。

クラシックに精通し、片親の貧し
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

#2018-72 吹替
ショッキングな幕開けから全ての感情が細胞レベルで掌握された。
吹替で見るべきだったと前作では感じたが、ここまで良いとは…

俺ちゃんはファミリームービーなんて言ってるけど、絶対
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.7

#2018-71
一本の映画であんなにワーナーのロゴを見たのは人生初。
もう次から次へと出てくるパロディには若干辟易してしまったが、後半の激アツな展開は予想を遥かに超えた。

佐藤二朗のあのシーンはア
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.4

#2018-70
襲いかかる異常気象の豊富さには全く飽きることがなかったし、良くも悪くも王道なストーリー、さすが我らのジェラルドバトラー。時間つぶしには最高。

ただあれほどの異常気象時に、リソースを
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.0

#2018-69
原作が純文学だろうとそうでなかろうとどちらでもよくて、ただただ映像としてつまらない。

見た時間が惜しい。

忍びの国(2017年製作の映画)

2.0

#2018-68
あの最後の最後の演出は現代社会への問題提起を毎回取り込む中村義洋らしいシーンではあるけど、あまりにも唐突無稽、無茶苦茶すぎて言葉が出ない。

この常に平坦なアクションコメディのテイス
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.4

#2018-67
乃木坂46のMVの延長線上だろうとハードルを下げていたこともあり、予定より楽しめた。可愛い is 正義を体現したような映画。
もとより美少女だらけで目の保養になる点でそれだけで十分す
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

#2018-66
いやーひどい。途中までグイグイ引き込まれてたのに、福山雅治に言わせたセリフ「真実ゥ?」。
彼にそのセリフを言わせたら、Tu Tu Tu負けるもんかってお尻のお面つけさせてpeach歌
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

#2018-65 IMAX3D
インフィニティウォーが異常すぎたのもあり、同じベクトルで語られるのがなんとも可哀想に思えて来る。
しかしそれはそれで娘や妻、義母にヴィランと美女ばかりでマーベル屈指の目
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

#2018-64
からくり自体は予想していた通りなんだけど、あれよあれよと言う間に違和感が回収されていく爽快感たるや。
低予算、B級ないしC級ゾンビ映画という先入観で、ここまで物語と想像が広がるとは。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

#2018-63 IMAX
レベッカファーガソンを拝めると楽しみにしていたが、冒頭の長すぎる背景説明に出だしゲンナリ。
アクションも相変わらずやってることが異次元すぎるが、個人的には前作ほどキレという
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.1

#2018-62
終了10分前まで本当に終わるのかハラハラしていたが、あれだけエンドクレジットが短いと納得。
とにかくバーフバリがかっこよすぎて、道を絶たれたマヒシュマティへの侵入方法が物理法則を無視
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

#2018-6
前評判通りの面白さだった。
ラブストーリーメインな前半とは打って変わり、激アツな後半。まるでジャンプ漫画を読んでいるかのよう。

バラーラデーヴァ、マヒシュマティ王国、カッタッパ、とに
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.1

#2018-61
SFな展開にはそう来るかと思ったし、岩井俊二原作のドラマの先を進めたような感じも好印象だった。

市場の反応が悪かったのは、何かと君の名は。を彷彿させた宣伝を貫いた東宝に起因している
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

2.9

#2018-60
手の繋がらない家族を描き続けてきた集大成とも言える、安定の是枝作品だった。
松岡茉優の男が、勝手にふるえてろに続き、番号だったのが一番ツボだった。3番どこ行った。
突如として出てくる
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.9

#2018-59
うだつの上がらない中学の理科教師が、原発からプルトリウムを盗み原爆を作り政府を脅すという、最高にクレイジーな映画。

テーマが扱いにくいにも関わらず、時代が時代なこともあるのかサスペ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.4

#2018-58
ちょうどこれをきっかけに浜辺美波、北村匠海はブレイクしていったような印象。

全編通して浜辺美波が眩しくて眩しくて。
ラスト(拍子抜けしたけど)も、予想を裏切られたようで悪く思わない
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.3

#2018-57
縁あって話したことある2人のW主演作。
王道ど真ん中の生徒と先生の禁断ラブストーリー。

男性目線から見る広瀬すず、
女性目線から見る生田斗真。
2人の魅力を最大限に爆発させつつ、三
>>続きを読む

恐怖の報酬(1953年製作の映画)

3.3

#2018-56
少しの衝撃で大爆発するニトログリセリンを運ぶおっさん4人の物語。

いやまあ長い。
前半はおっさんの人間模様、後半はひたすらに死と隣り合わせのサスペンス。
前半部分がいつまで続くのか
>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

3.0

#2018-55
前作で感じた印象は大きく変わらなかったが、岡本玲の出番が多くて嬉しかった。
公開時二ヶ月も空いていたら前作の内容が飛んでいそうで、連続で見たから良かった。

若干規模は大きくなったも
>>続きを読む

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

3.0

#2018-54
旬な若手俳優と特殊能力。ストレイヤーズクロニクルを思い出した。

時間を行ったり来たりしたりする分、半端にながら見するとわけわからなくなるし、全体的に絵面が地味で辛い。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

2.9

#2018-53
イタリア発ヒーロー映画。
怪力をもつ主人公に超頭がいかれたヒロイン。生々しい関係で地味ながらハリウッド感がなく新鮮だった。

しかし橋やスタジアムでのアクション、しまいにはキングスマ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.0

#2018-52
会話劇しかり風の演出しかり音楽の挿入の仕方しかりやはりドランだった。

あの喚くような会話はどうしても苦手だが、夕日が射し始めてからのラスト5分くらい(鳩のメタとか)と、恋のマイアヒ
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

2.8

#2018-51
超豪華なメインキャストから、1シーンしか出て来ないところまで豪華なキャストたち。この人も出てるのかっていう点ではなかなか良かった。

ただ、降旗康夫と木村大作の印ががっつり入ったこの
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.6

#2018-50
たまーに、アニメや漫画を読むのでどんなテンションの物語なのかは知っていたが、福田監督だからこそ実写版を成功に導けたのだと思う。
主題歌がDOESだったら完璧だったけど、よくぞここまで
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

#2018-49
親の心子知らず、子の心親知らず。
この一言に尽きる映画。

自分で自分のことをレディバードと呼んでしまうくらいイタくて、住んでいるど田舎サクラメントから東海岸の大学に行きたい17歳の
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.3

#2018-48
どうもるろうに剣心の二番煎じ臭が拭えなかったが、キャラクタービジュアルの高さや武器の豊富さ、スケール感と見ていて飽きることはなかった。特に福士蒼汰の敵役なんかはかなり良かった。

>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.6

#2018-46
人間とアザラシのハーフ妖精が主人公の可愛らしいアイルランドアニメーション。
可愛いビジュアルとは裏腹に、愛するものの喪失、悲しみとの向き合いをテーマにした深く暖かい映画だった。

>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

3.2

#2018-45
ノリは前作と同じ、前作のように失速しなかったし、本田翼、菜々緒、鈴木砂羽と美女揃いで最高すぎるし、本田翼が上に乗るだけでお釣りがくると思う(男性のみ)

ただ男たちのボソボソが全然聞
>>続きを読む

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

3.3

#2018-44
とことんバカに振り切ったおバカ映画。監督と脚本を見ると、出来るべくしてできた映画だと思う。
そのおふざけは、もはやノリだけで突っ走った印象。そのため後半の真面目な展開は尻すぼみしてし
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.9

#2018-43
リメンバーミーと併映のディズニー短編。
今更ではあるけどアナってソバカスあったんだと、気がとられた。

前座にしては20分超えると流石に長い。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

#2018-42 字幕
メキシコと死者の世界を舞台にしたピクサー最新作。設定だけでもなかなか攻めたピクサーだったけど、音楽と家族愛を上手く収束させるその腕は流石。

生者の世界での死、生者に忘れ去られ
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

2.8

#2018-41
冒頭の音楽がスターウォーズぽいなと思ったら、テロップ流れて完全スターウォーズでめざましテレビで、やりたい放題な冒頭だった。

大きい嘘小さい嘘、笑えない嘘可愛い嘘、いろんな嘘が繰り広
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

#2018-40
銃規制法案を巡る凄腕ロビイストの物語。
終わった後すぐ見直したくなる一本だった。

怒涛の情報量に、頭が追いつかない。
捲し立てられるように繰り広げられるセリフ、圧倒的な量の字幕にス
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.0

#2018-39
面食らうマジカルなラスト以前に、DQN親子がただただ不快で生理的に受け付けなかった。

階段の垂直方向と廊下や平原の水平方向を軸に展開されるところも、鮮やかな色調も、全て子役のムーニ
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.4

#2018-38
富士樹海にアメリカから遥々自殺しに来たらケンワタナベに遭遇するスピリチュアルな映画。
カンヌでは、なぜわざわざ日本に行くのかっていうところで賛否両論だったらしいけど、アメリカ映画なが
>>続きを読む

>|