伊藤俊輔さんの映画レビュー・感想・評価

伊藤俊輔

伊藤俊輔

映画(198)
ドラマ(0)

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.1

カルチャーショック!!

混じりっけなしのインド版大河ドラマ。

圧倒的なスケール!!
圧倒的なアップの多さ!!
圧倒的な文化の違い笑!!!

違う星の映画観てるみたいな感覚。
前作観とけばよかっ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

IMAXで見なかったことを後悔、、、

ゲーム好き、映画好き、漫画好き、アメリカンポップカルチャー好き、色んな人の心躍らせる要素が盛りだくさん。

ちょっと「ハンターハンター」のグリードアイランド
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

これをリアルと感じるのかどうかは、観る人によって違うのかな、と思います。
たとえ本人達だとしても。

「行動する」ということへの強いメッセージは感じるけども、映画としては、うーん、、、

クリント
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.7

いくつもの孤独な魂のお話。
そのどれもが哀しくて痛い。

おとぎ話のようで生々しくもあり。

美しくて抱きしめたくなるような作品。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.2

難民など重いテーマを扱っているけど、独特のユーモアで魅せてくれる。

あるシーンが映画館、爆笑の渦に。

主人公の男の人が山田孝之さんにしか見えなくなってくる、、、

ピンカートンに会いに行く(2017年製作の映画)

-

出てる俳優陣がみんな個性的で魅力的。
田村健太郎さん素敵。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

面白いんだけど、イタい、、

もうちょい笑えたらよかったなぁ、、

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

「プロメテウス」よりかは爽快感もあって伏線の回収もあるし面白かった。

でもなんだろう、、
この、どうやっても「エイリアン1」「エイリアン2」を超えられない感じは、、

シガニー・ウィーバーみたいな存
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

やっぱり人間が観たい。
その先が、その先にあるものが観たい、という気持ちになる。
問題提起が観たいわけじゃない。
「人間の本質」を観たかった。

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

-

キャストがみんないい。

捉え方によるけど、どう生きても結局人や社会と関わることから逃れられない。
逃げたっていいし、逃げなくったっていい。

でも100万円てそんな簡単に貯まるっけ?

パターソン(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

かけがえのない日常こそ、スリリングで発見に満ち溢れた豊かな時間なのだということを気づかせてくれる作品。

バスのシーンがいい。
危うい彼女も。

「詩」の力はコトバの力。
生きる力。かけがえのなさを掴
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.8

ファンタジーエンターテイメントの作品の中でベスト3に入る程好きな作品。
ニコラス・ケイジがとにかく素敵。
奥さん役の方が超かわいい。
子役の女の子超面白い。

吹き替えも最高なので是非。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.7

好き!!
人間の描き方がいちいちグッとくる。
哀しさと希望とを同時に感じられる映画。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

なにかずっと違和感を感じながら観ました。
グッと来ない。
なにか変。

蠱毒 ミートボールマシン(2017年製作の映画)

-

ずっと面白くて、笑っちゃう。
アクションや疾走感が素晴らしくて鉄男を彷彿とさせるシーンも。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビの皆さんの身体や動きがとにかく素晴らしい。
ダンサーさん?普通じゃない。
俳優達へのリスペクトを込めて。

子役の女の子がとにかく上手い。
そして妙に憎たらしい顔をしている笑
でも最後は、、、
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が皆シリアスでカッコいいジョジョ、という印象。


この展開だと小林玉美や音石明は出ないってことなのかな、、
エコーズact1の活躍、けっこう楽しみにしてるんだけど。

とはいえ次回、山岸由花
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.8

幾度も予想覆えされる。
「謎」の散りばめ方が絶妙。

主人公のジャック・リーチャーの流れ者的な人物像も素敵。

風呂場の乱闘シーン、独特なカーチェイス、ただのアクション映画にはない独創性が面白い。
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.3

序盤の馬車での会話が退屈に思えてしまったけど、後半の怒涛の展開に目が離せなくなる。
誰が嘘をついていて、誰が本当のことを言っているのか、わかった上でもう一度観るとまた面白いかも。

色々思うけど、サ
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.5

イップマンシリーズ、最高傑作。

ユエン・ウーピンのアクションセンスが冴えまくってる。どのアクションも見応えがすごい。
勝った負けたという闘いではなく、武術が「対話」のための手段として描かれているの
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

-

ポツドールの舞台も観てた上で、素敵!!

池松壮亮くんの童貞感が素晴らしかった。
門脇麦さんの生々しさ。
窪塚洋介さんの危うさと軽さ。

大好き。

同い年の家庭教師(2002年製作の映画)

2.8

ずいぶん昔に観た記憶。

こういう韓国映画もあるのね、って思った。ドラマみたいな感じがした。

女優さんは好感。
演出はちょっと、、

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

2.8

友人の強い薦めで鑑賞。

なんでだろ、、全然ハマらない、、
心揺さぶられない。

嘘っぽいと思って信じられない。
俺、心が腐ってんのかな、、、

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

俳優陣が子役も含めとにかく素晴らしくて終始惹きつけられる。

國村隼さんの捉えられなさがすごい。
どんな人間なのか全然分からない。
悪人に見えたり善人に見えたり。

個人的に韓国映画の髪の毛がいい感
>>続きを読む

クロニクル(2012年製作の映画)

4.5

好き!!
「AKIRA」に相当影響受けてるだろうな、、

リアリティの作り方が絶妙!!
1人称のドキュメンタリーっぽいカメラワークがスクリーンと心の距離をぐっと近付けている。

シーン全部センスがいい
>>続きを読む

火山高(2001年製作の映画)

2.7

昔観てほぼ覚えてない、、

途中で退屈になっちゃった記憶。

イルマーレ(2001年製作の映画)

2.9

チョンジヒョン目当てで観たけど、、
なんだろ、、

ピンと来なかった、、
リアリティを感じなかった。

海にかかる霧(2014年製作の映画)

4.1

友人に勧められて。

この切実さ、緊迫感に夢中になる。
「どうしようもなさ」が残酷に描かれているところがいい。こういうことができるのはやはり韓国映画の強みと感じる。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.0

色々つっこみたくなるとこもありつつ、それも含めて面白く観られる。
もっと「おじさん」だったらなぁ、、という根本的な違和感はあるけど。

ナイフアクションがツボだった。
人を殺すためにはあんなにサクサ
>>続きを読む

殺し屋1(2001年製作の映画)

-

原作の魅力がイチの制御効かなさ、だったり、性癖と暴力の暴走だったり、そういう生々しさというか、人間の本質みたいなとこに手を伸ばして欲しかった気も。

チェイサー(2008年製作の映画)

4.2

これが実際の事件を元に作られていると考えるとホント胸糞悪くなる。
警察何やってんのよ、、
とはいえ目が離せない。
リアリティの構築がすごいと感じる。

韓国の闇。

>|