ましゅまろさんの映画レビュー・感想・評価

ましゅまろ

ましゅまろ

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

5.0

チャドウィック・ポーズマンに捧げる。
これに尽きる作品だったと思う。

冒頭の葬儀、王国のだれもが抱える大きな喪失は嘘偽りのないもので、そこにいる全員が早すぎる別れを惜しみ、心に影を落としながらの参列
>>続きを読む

スクール・フォー・グッド・アンド・イービル(2022年製作の映画)

-

シスターフッド映画大好物なので最高だったし、世界観がとにかくかわいくってタイプだった!
ダブルヒロインのダブルソフィアちゃん、ふたりとも美しかった...
最初のソフィーのプリンセス感がとても好きだった
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

5.0

いや180分間ずっっっっと面白かった😭
インド映画なんて『きっとうまくいく』くらいしか観たことがなくて、そんなわたしがド派手ボリウッド映画を観に行ってへいきなのかと思ったけどそんな心配一切いらなかった
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿2(2022年製作の映画)

5.0

2年前一作目を観てミリーちゃんのエノーラが大好きになりました。今回も最高だった...!
前作に引き続き、時代に逆行したエノーラの自立した女性像は憧れるし、更にアップデートされたストーリーになっていて泣
>>続きを読む

ゲーム・オブ・スローンズ:ラスト・ウォッチ(2019年製作の映画)

5.0

なんで見てなかったんだろう〜〜😭号泣でした
製作陣側から見たゲームオブスローンズ。
ファイナルシーズン読み合わせのシーンでキットハリントンが涙するところで胸が苦しくなった
数十週間にもわたる夜間撮影を
>>続きを読む

あの頃輝いていたけれど(2022年製作の映画)

-

かつて有名グループのメンバーだったヴィンスと、彼が街で会った自閉症の少年スティーヴィー
音楽で心が通っていくって本当にすてき
あったかい映画だった。
ありがちな展開だけどまんまと泣いた。たぶん一生こう
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

-

ポップなポスターに惹かれてずっと観たかったアニエス・ヴァルダ様の作品がU-NEXTに来てた。
作中に登場するアンナカリーナ様とゴダールの短編が素晴らしすぎて。

さらば青春の光(1979年製作の映画)

-

若者文化が中心になり出した1960年代のロンドン
青春の衝動に身を任せた生き方で
盗んだバイクで走り出すようなあんな青春はなかったはずなのにノスタルジーに駆られてせつなくなる
はみだしものたちの物語は
>>続きを読む

恋に焦がれて(1992年製作の映画)

-

これ本当に可愛かった
90sアメリカのファッションがかわいくて大好きだった
お隣に住むおしゃれなお姉さんに憧れる女の子
お洋服とか持ち物とかまねっこしちゃう気持ちがすごくわかる...
追いつきたくて背
>>続きを読む

フォーリング 少女たちのめざめ(2014年製作の映画)

-

舞うように意識を失うメイジーちゃんを観て美しさすら覚えた
少女たちの集団ヒステリーを取り扱ったオカルト的ムービーだけど、閉鎖的な女学園、秋の景色や、イギリスの曇り空、ダークアカデミアな雰囲気が不思議と
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

-

ガイリッチー作品はどれもテンポも音楽も最高でクセになる
のめり込んでたら100分間一瞬で終わってた
ステイサムに似てるブリティッシュアクセントの坊主がいると思ったら本人だった
個人的に開催したガイリッ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

-

ラストが好きでニヤニヤ。
RDJの女装ホームズが絶妙でした。
謎解きのなかにしっかりスローモーションになるアクションとかあるとガイリッチー作品を見ているんだなあという気持ちになる!
3の情報まだですか
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

-

ほんとに2人の関係がかわいい〜〜!
RJDのホームズもジュードさんのワトソンも最高、マークストロングのヴィランも似合いすぎる

さかなのこ(2022年製作の映画)

5.0

やさしい映画だなあ
メインの登場人物全員が根はいいひとで、憎めなくて、やさしいハートを持った人たちだった。
たくさんのあたたかさに溢れていて、ラストは思わずうるっときた
好き!っていう前向きな気持ちは
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

-

ちっちゃいジェイデンかわいすぎて癒された
ひと癖もふた癖もあるひねくれおじいちゃんと、隣に越してきたいじめられっ子の少年
ベタだけど、こういうストーリーがわたしはだいすきだなあ
まったくタイプの違うふ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

-

問題だらけの家族のどたばたロードムービー
観終わったあとにみんな走ってるポスターに納得!
明るいオリーブが可愛くって応援したくなる
あんなにめちゃくちゃな家族だけど愛おしい、とっても元気をもらえる映画
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険(2003年製作の映画)

-

眠れないときに流し見のつもりで再生したはずなのになつかしすぎて涙出た。
双翼の「1分でケリつけてやる」愛した

リベンジ・スワップ(2022年製作の映画)

-

リバーデイルのカミラとストレンジャーシングスのマヤちゃん......!
めちゃくちゃ楽しみにしてました!😭カミラのちょっとツンとした女の子役最高だし、マヤちゃんのハスキーボイスたまらない
オリヴィアち
>>続きを読む

ピノキオ(2022年製作の映画)

-

フィガロ、もふもふで可愛かったなあ
ルークエヴァンスのヴィラン役いい味出し過ぎていました
実写版のプレジャーアイランドは絶対悪いことが起きる感増し増しでゾワゾワした
オリジナルキャラクターの義足の少女
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

本当にこの作品が大好きです 公開してくれてありがとうございます。
「アンドリュー、僕たちからきみに言いたいことがあるんだ!」から始まって、「知らない人だよ!」(※弟です)、「ハッピー、汗を止めろ」、「
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

5.0

とにかくやさしい映画だったなあ
人との出会いのあたたかさに触れられる作品
ザック、タイラー、エレノア、まったくタイプが違うでこぼこの3人の絆が素敵だった
心が疲れた時にまた見返したくなるロードムービー
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

5.0

1956年冷戦下の東ドイツ、国家への反逆行為とみなされた高校生たちのたった2分間の黙祷

自分たちにはあまりにも大きすぎる脅威や圧力に負けそうになったときの、高校生の彼らの勇気にただ涙がとまらなかった
>>続きを読む

おもちゃの王国(1961年製作の映画)

-

かわいい〜...!
D+でこんなにかわいい古き良きディズニーミュージカルが観れるの知りませんでした
女の子たちのカラフルなエプロンドレスが可愛かったな
チキチキバンバンとかオズの魔法使いとか思い出す世
>>続きを読む

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

-

ロンドン公演の映像化は観たことがあるけれど映画は観てなかった
とにかく最高に美しくてカッコいいローラの姿にパワーをもらえる!ミュージカルもとっても好きな作品でしたが映画版も大好きになりました
実話をベ
>>続きを読む

アウトサイダー(1983年製作の映画)

-

“ダラスはきっと夕陽を見たことがないから、
一緒に見てやってほしい
世界は美しいんだってことを
教えてやってくれ”

80sアメリカを舞台に、夏の夜のドライブインシアター、不良少年たちの絆
すごく好き
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライブ 2022 「ヘンリー五世」(2022年製作の映画)

-

シェイクスピア史劇をキットハリントンが...🙏NTLで鑑賞させていただきました
ヘンリー5世の詳しい史実はティミーのハル王子でしか触れてきたことがなかったですが見やすかったです
舞台を現代に書き換えた
>>続きを読む

ミックステープ 伝えられずにいたこと(2021年製作の映画)

-

Netflixのティーンムービーで
”ドブネズミみたいに 美しくなりたい___”って流れ出すなんてことある?
まさかのリンダリンダにびっくりした
ロックに言葉の壁なんてないんだね
いまはスマホさえあれ
>>続きを読む

キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム(2010年製作の映画)

-

2も楽しかった!!
一作目に劣らずアガる曲ばかりで最高だった
夏の終わりに見れてよかった
デミちゃん大人っぽくなってた
暑いのは嫌いだけど、夏休みが終わるとひとつ大きなイベントが終わった気がして寂しく
>>続きを読む

キャンプ・ロック(2008年製作の映画)

-

大好きなHSMTMで幾つかカバーされていたので履修
ディズニーのティーンムービー絶対に好きなのに観れてなかった!
ミッチーのThis is me 良い曲だな〜
耳に残る音楽ばかりで楽しかった、サントラ
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

-

面白かった😭何回も声出して笑いそうになった
痛快なアクションで日々の嫌なことがすべて吹っ飛びました
そしてカーバーちょっと待て!!!!!!!!!!!?!!
タンジェリンことアーロンテイラージョンソンの
>>続きを読む

ティモシーの小さな奇跡(2012年製作の映画)

-

あったかくてちょっぴり切なくて、秋にぴったりの映画だった🍂
子どもに恵まれない夫婦の前に突然現れた少年ティモシーがかわいくて癒される
そしておいしいところすべてを持っていくリンマニュエルミランダ大先生
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

眠れない夜にキメたい。麻薬のような中毒性。
絶対に絶対に大好きだと分かっていて、逆に観るタイミングを失っていた作品
鋭い人にはオチがわかってしまうらしいけれどまんまと騙されてました
フィンチャー作品の
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

-

ONE PIECE 丸3年くらい追っていなかったけれど楽しめました(この後必死で単行本追いついた!)
ウタのステージとかパフォーマンスとか、いままでONE PIECEの世界観で見たことがない感じだった
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

-

ビリーがかわいくて、たまらなく愛おしかった
ラストがすごく好き
フレンチトーストが食べたくなる映画
あんなにフレンチトースト作るだけでキレていたのにラスト阿吽の呼吸で調理する親子の姿をみてすごくじーん
>>続きを読む

パリのアメリカ人(2018年製作の映画)

-

生の舞台の迫力に圧倒された
ダンスシーンの美しさに目が離せなくなりました
ただ映画版でジーンケリーが、キッズたちとI got rhythmを歌い合うという、わたしの大好きなシーンがなくなっていて寂しか
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

ウェス・アンダーソンの描く日本がへんてこで奇天烈かわいい作品でした
これでもかというくらい日本らしさを詰め込んだなかにもスピード感といい独特のユーモアといいひしひしとウェス節を感じた
アタリ君の喋り方
>>続きを読む

>|