ずしさんの映画レビュー・感想・評価

ずし

ずし

映画(65)
ドラマ(0)
  • 65Marks
  • 0Clips
  • 1Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

裁判官の日程や 検事側 弁護側の 都合で 容疑は作られる。裁判の現実 殺したか 殺していないかを 焦点に当てた作品では無いと思いますが 三度目の殺人 の意味を 作品を見終わってから >>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

沖縄という環境でかなりアメリカ人が多かった。なんかアメリカ人はうけてる場面がよくわからなかった。町んの話を事前に聞いていたから、字幕後のピストルで撃つシーンの意味がわかった。
ほんとに ぶっ飛んだ作品
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.9

ボーイズ ラブ描写のあと ストーリーが入ってこないほど斬新でした。もう少しソフト描写にして欲しかった。
ラストのお父さんの話しに感銘した。👨‍❤️‍💋‍👨🍀

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

懐かしい日本のヒーローやキャラクターが満載で、日本のゲームファンにはたまらない作品になってますね。 様々な人種が手を取り合って活躍する様が最高でした❗️

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

後半はボロ泣きでした。
作品のポスターの3にん(?)が橋を渡ろうとしているのが また泣けて来ました。
ストーリーもGOOD!

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

上の句 下の句を前日に鑑賞し
ようようと鑑賞
ずれてないですねー
無音 伏線回収も見事でした

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

松岡茉優がほぼ一人芝居で物語は進んで行く。
松岡さんじゃないとこの作品は成り立たないと思えるほどはまってました。
ほんとに凄いですね。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

人種間の問題に ライオンキングのような、ブラックパンサーが物申した。国連での決めつけ老人の小さな農業国からなにを?の発言が滑稽。 エンドロール後の彼は何か次に繋がるのだろう。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

赤ちゃんの朽ち果てた看板からの始まりで、ミルドレッドの犯人探しかと思ったら、話が進むに連れ
予想しなかった方向へ進んで行く。ミルドレッドの淡々とした表情の中に、不安 怒り イライラ 悲しみなどが隠さ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

警察官が怖くなる映画ですね。
なんか市警とか州警とか州兵とかややこしいですね。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

動物達が銃で次々に撃たれて殺されるシーンが見てられなかった。
ラストは少し救われた気がしました。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

スターウォーズはあまり詳しくないので エピソード7を見てから鑑賞。 不死身のレイア姫 分身の術を遠くから使えるんですルークスカイウォーカー 正に伝説ですね。
カイロ.レンが完全に悪に目覚めたら、
>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

4.5

メッセージ制の強い 反戦娯楽映画。
最後の コバーンの 高らかな笑いに
鳥肌が立ちました。
観て良かった。

アフターマス(2016年製作の映画)

3.7

沖縄でこの作品が観れるとは思わなかった。
クリント イースト ウット が演じたら、ハマりそうな シュワルツェネッガーの役柄。
誰も 救われない話。
重いですよ。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

実話に基づく重めの作品。連合国から見捨てられたチェコの悲惨な運命。拷問シーンは見てられなかった。
なんか 邦題がしっくりこないです。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

浄瑠璃人形みたいな母親と闇の姉妹、お爺さん。かぐや姫を始め、ジブリ作品に影響をうけていると思える カメオ(お婆さん)
監督は日本好きなんですね。
すごい映像を体験できました。
公開規模が少なく
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才子役とキャプテンアメリカ
ドリームに出てた人
みんな良かったです。
出産で喜んでる人達を病院に見せに行く場面で涙腺崩壊しました。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

35年振りの続編 前作は10回以上見てしまうほどのスルメ映画。
決して万人ウケしないカルト的なハードボイルド 適度に難解で何回も見てしまいそうな要素は健在で、世界観にはまってしまいます。
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

これが実話なんて凄すぎ
ケビン コスナーがいい仕事してました。
偏見とか概念にとらわれないように柔軟に生きていきたいと思います。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

腕利きのパイロット
なぜか 自分の意思とは関係無く
断れない依頼により、振り回されてばかりの人生
なんか 哀愁を感じました。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8

風が吹けば、何か不穏な事態が起こりそうになるのは、クリーピーもそうでしたね。
今の時代、概念を取り払ってリセットする事が必要なのかも知れませんね。
愛は何者より強し!!

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

この作品には、ドイツ兵は出てこないですね。
どこから砲弾が飛んでくるかわからない恐怖。 いろんな民族が入り混じって状況は混乱していた。
なんか取り残されたような見終わった後の虚無感がノーラン作品らしさ
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.2

逃げても 逃げても 追い詰められていく。
お父さん助けて‼︎

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

途中で どのシーンにも ベィビーが居る事に気付き、ベィビーの視覚 聴覚で 観客はスクリーンを見ていた。
耳鳴りを消し去る音楽と、ベィビーが求めた世界に成りつつあると思っていたら、音楽が予定より外れ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

何もせず 何も起こさない青春
しかし 確実に二人の仲は変わって来てましたね。
エピローグでうまくまとめていました。
こんな、シュールな作品好きですよ。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

青春物語とアベンジャーズのスピンオフみたいな構成が面白かった。ヒーローになる為に、精神的成長と、行き当たりバッタリにならない経験を積んだ スパイダーマンを ジョン ワッツ の作品で観たいです。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.3

映画館に見に行けなかったので、DVDで鑑賞。
曲がった事が嫌いで、一途な主人公。
後半の展開に、涙腺が緩みっぱなしでした。
私は、ボルボがいいなー!

葛城事件(2016年製作の映画)

4.3

少しずつのボタンのかけ違いが、取り返しの付かない事件を引き起こしてしまう。
葛城清のウザさを120点で演じた。三浦友和 凄すぎます。
他の役もベスト級の演技だと思った良作。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

画像が綺麗で、風景などはリアル。
映画館で観るべき映画だと思った。
別次元の世界ってあるんでしょうね。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

途中中だるみしてあまり内容が頭に入ってこなかった。
皆んなで地球を守れて良かった。
レクター博士が凄く良かったです。

>|