ほげほげさんの映画レビュー・感想・評価

ほげほげ

ほげほげ

映画(371)
ドラマ(3)
アニメ(0)

MOTHERS(2020年製作の映画)

4.5

素晴らしいドキュメンタリーでした。
こういう映画をみると、フィクションはぶっ飛んでしまうね。モノが違うから比べらるものではないけども。
ホームページに監督のコメントがありました。それを見てまた泣けてき
>>続きを読む

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)

3.6

強引に元気にさせられるね。
あの不思議なセリフ回しは満島ひかりが話すから面白いし、ハマるんだな、と思います。
かなり笑って少し泣いた。

水曜日のエミリア(2009年製作の映画)

3.5

まったりとした、ありがちな再婚、継子、継母のお話かなぁ、と思って観たのだが、そうではあるものの、まるまるハッピーでもなく、うまくいかなかったり、でもしっかりと前向きにもなったり、と少し違ったエッセンス>>続きを読む

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.8

ミリ秒というのが中々理解しにくいが、複雑ではないお話で、目的達成するかしないかではなく(主人公の相棒も言ってましたが)、極限の目的であるが故にその過程での様々な対比や思考を浮かび上がらせて、それをうま>>続きを読む

The Innocents(原題)(2021年製作の映画)

4.0

怖くて面白くて目が離せない。
今までありそうでなかったのか。
他のレビューでもあった通り、童夢みたい。童夢を更にピュアにしたらこうなるって感じ。
しかし、ノルウェーでこれ作るのかぁ。
早速別の国でリメ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

とてもいい。

サリーホーキンスとイーサンホークの演技が素晴らしい。
イーサンホークは沢山映画には出てるけど、こんな役もいいね。見直しました。

最後に本物のモードが映されるが、とても綺麗な顔をしてい
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.5

設定はとても面白いし、謎解きにも惹き込まれる。
映像もよい。
なので、最後のまとめ方を頑張ってひねったり、発想を飛ばしたりすればもっと良くなったのになあ、と思う。

オーディション(2000年製作の映画)

3.5

淡々とした妙な怖さではなく、直球で怖い。終盤の積み重なる様々なシーンはちょっと時代というか、それ系の雰囲気だそうとしている感があって食傷気味になるも、それも吹き飛ぶような触覚的な恐怖の演出はなかなかで>>続きを読む

アンディ・ガルシア 沈黙の行方(2001年製作の映画)

3.5

アンディ・ガルシアというとアンタッチャブル。古いです。
なかなかチャレンジングなテーマを扱った映画でした。
一歩間違えると、サイコキラー的な方へ行ってしまいガチなところ、そちらに行かずに踏みとどまって
>>続きを読む

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014年製作の映画)

3.0

初めてのハーゲンを置き去りにするあたりには説得力がないし、話が唐突だったり、突っ込み所が沢山だが、最後まで観てしまった。
ジュピターズムーンの監督であったということ、あとはワンちゃんたちの演技?のため
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.2

エミリオエステベス、やっぱり、一風変わった映画を作る人だな。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.8

エールをみて、やっとこちらをみました。
よかったです。

私は総合的にはオリジナルのエールの方がよかったな。
ラストに向けた盛り上がり、とくに試験を受けに行くところの盛り上がりはエールの方が切羽詰まっ
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.0

主人公は何かに苦しんでいるのか、ただのジャンキーなのか。
子供たちだけが俺をまともにいさせてくれる、と何度が言っていたけど。
これから更に落ちるか、それとも持ち直すのか、女の子との最後の会話だけでは図
>>続きを読む

ザ・トライブ(2014年製作の映画)

4.0

凄いものを観たな。。。
セリフや字幕がなくともここまでみせるとは。
途中までは危うい疾走感、渇きのようなものを感じながら観ていて、これで突き進むのかな、と思っていたら、終盤はそれでは済まなくなってしま
>>続きを読む

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

3.2

畳み掛けるような話の展開は飽きずに観れました。
とはいえ、そんなに目新しくもない。。。リバイバルのようだが、もっと大胆に変えてもよかったのでは(昔のは知らないのですが。。。)。

ラブレス(2017年製作の映画)

3.5

引き込まれた。
ボランティアの捜索隊の人達が凄い。
ほんとにあるみたいです。
テーマは暗く、やるせないが、張り詰めた映像で、たったこれだけ、というと元も子もないが、のことについて、じっとりと観る者を惹
>>続きを読む

ある過去の行方(2013年製作の映画)

3.5

DVとかの話しになると嫌だと思ってたけど、そうではなかったのでよかった。
とはいえ、重いお話ではある。
小さい子供を含めて、若い家族の色々な想いやすれ違いを丁寧に描いている。
人間ドラマでした。

活きる(1994年製作の映画)

3.8

この監督さんもこの女優さんも知ってたけど、初めて観ました。
じんわりと良かった。
歴史にまさに翻弄される家族のお話です。
でも、そんなに暗くなく、ひたむきに活きる姿が、ときにはユーモアや優しさもあって
>>続きを読む

アカシアの通る道(2011年製作の映画)

4.0

沁みる。心にじーんと沁みる映画です。
サントラ音楽が(おさらく)全くありません。最後のエンドロールには流れるかな、と思ったらそれもなく、風景の音がずっと聴こえてくるだけ。
会話もそんなにありません。
>>続きを読む

君と歩く世界(2012年製作の映画)

3.7

普通ではない状況がいくつも出てくるので、それを繋ぎ合わせるのが大変そうだが、一つの映画として、なんとか、まとめましたね。

主演の二人もよい。
それぞれがそれぞれの出来事を通して変わる、その二人が出会
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

ありがちなお話なのか、と思いつつ観てしまった。
オダギリージョーがなかなかの役回り。存在感大きい。
ローリングでとんでもない人(先生)が出てきてたけど、その役回りかな。
ローリングほどぶっ飛んではない
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.5

公開当時から観なければと思い続け、でも観なかったのだが、やっと観た。

暗い話だ、酷い話だ、素晴らしい映画だ、色々と声は聞いてきた。

この映画がビョークだったからこそ成り立った映画なんだなぁ、と思っ
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

3.5

気合いが入っていてパワフル、キラキラ万華鏡のような感じでした。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.2

アイルランドの歴史が背景にあるのだろう。
それにしても50年は長い。

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)

3.5

戦後のナチスの話は沢山あるけど、これははなかなか重いお話でした。
遠藤周作 原作の映画 沈黙 にも似た突きつけられるものがある。
簡単には理解できないお話です。
それにしても、凄い量の煙草を吸いますな
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

再鑑賞。
以前鑑賞後、この映画の原作とは知らずに原作を読んで、あれ、このお話しってあの映画と同じだなぁ、と思って調べたら原作だと知った次第。
原作は短編で他の物語も含めてとても面白かった。
この映画は
>>続きを読む

野性の証明(1978年製作の映画)

3.2

子供の頃観てつまんなかったなぁ、という記憶しかなかったが、今観てみたらまあまあやるじゃないの、と。
ツッコミどころは多々あるものの、なかなか頑張ってるんじゃないかなと思いながら観てたんだけど、最後の最
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.2

ドンキホーテ自体をよく知らないのでそこがどうなのか、はあるが、テリー・ギリアムはどうしてもこれを撮りたかったんだろうな。
エンターテイメントと人生と老いと男女と全てが滑稽であり愛すべきものであること、
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

4.0

お父さんとお母さんが最高!
そこで育った主人公と弟もだからこそいいんだろうな。
先生もいい。
いやぁ、泣けました。
日本では作れないんだろうな、このパッションあふれるようなお話って。
フランスならでは
>>続きを読む

ウォーキング・ウィズ・エネミー / ナチスになりすました男(2013年製作の映画)

3.5

重いお話の割にわりあいカラッとしているが、実在の人の実際のお話ということでの代え難い重みがある。
主人公はシックスセンスのハーレイ君なんじゃないか?と思ったら違う人でした。

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

3.2

ギリギリ限界まで頑張るぞ、というお話。少しとっちらかった感があるがアクションでそこをカバー。

暗いところで待ち合わせ(2006年製作の映画)

3.5

こんなお話だったのね。
そんなに深いお話ではないけど、なんかずっと惹きつけられて、最後まで飽きず観れました。
当初の映画紹介から受けた印象とは違って、とてもホッコリしていい気分になりました。
田中麗奈
>>続きを読む

>|