mmmさんの映画レビュー・感想・評価

mmm

mmm

  • List view
  • Grid view

海猫(2004年製作の映画)

3.5

伊藤美咲が綺麗。
結末は、例え違う終わり方をしてもどの道バッドエンドだったと思う。

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.3

自分の人生を思い返させる映画だった。
良い意味で、言葉にできない気持ちになった。

次は何に生まれましょうか(2019年製作の映画)

4.0

親子共にADHDの雰囲気あるけど、それをセリフに出すのではなくて、各シーンで示唆する演出が凄かった。

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.0

自分の意思じゃどうにも叶えられなくて、そんな事も知らずに周りの人が叶えていく様を見る辛さがよく伝わり、見ていて辛かった。
喜びを共感することよりも、悲しみを共感できる方が、夫婦になるには必要なのかもし
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.5

逃げ恥の平匡さんをダークない感じにしたみたいで面白かった。笑

朝が来る(2020年製作の映画)

5.0

なるほど。エンドロールの最後で鳥肌でした。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.5

脳死の本人自体は意識が無いから、生きたいという気持ちがないのに、死を受け入れられない家族の生への執着が少し怖く描かれていた。
でももしも自分がその家族だったら、少しでも生きているように思えるんだったら
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

4.5

「夜は短し歩けよ乙女」を観た後、Netflixの関連作品として出てきた。湯浅監督参加作品とのことで。
子供の頃に観た時、クレヨンしんちゃんの映画の中で一番大人っぽくて、少女漫画では得られないような、大
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

お酒飲みたくなった。ところどころに四畳半神話大系が散りばめられていて嬉しい。

道草(2018年製作の映画)

4.0

自閉症と重度の知的障害があって、自傷・他害をしてしまう方々の生活を追ったドキュメンタリー。
意味のない言葉を発してたり、自分や誰かをつい傷つけてしまったり、
治まらなくて入院したり。
気持ちを伝えたい
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.5

相手の都合がいい時にだけ呼ばれて、会う。
相手にとっては本質的には誰でもいいけど、その誰でもいい人リストの中に私が居れたら、嬉しい。
そう、誰でもいい。
僕や、私じゃなくても。
その関係がおかしいだな
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

4.0

海外だから何となく違う世界の事だろうと感じるけど、実際日本でも起こっているし、12歳という年齢や性別に限らず、嫌悪感を与える様な事はしちゃいけないものだの改めて思った。映画に出てくる男性達は変態で気持>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.0

教室や部活、様々なシーンでいつかの自分の記憶が蘇ってきて鳥肌が立った。

オキナワへいこう(2018年製作の映画)

4.0

「精神科の長期入院」という部分の諸事情ついては分からなかったけれど、人間の生き方についてよく考えられる作品だった。
病院のルールで外に出れない人、出れるけど病院の中は安全だからなかなか出る選択ができな
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.9

愛と狂気、真実と嘘、が物凄く怖く表現するされていた。
それぞれが自分の一番愛している人を守りたかった。ただそれだけだったんだと思う。

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

5.0

10年以上ぶりに観た。観た時も嫌な気分になったけど、今回もやっぱり、変だよ!おかいしいよ!、、、という気分になった。ただ、話の展開に飽きさせるシーンがなくて、集中して観れる。加瀬さんがカッコいいのも救>>続きを読む

海を感じる時(2014年製作の映画)

3.3

好きな気持ちが先なのか、性欲が先なのか、
「好き」とは言いつつも、実は心が入ってなくて付き合っている様な人って、いるんじゃ無いかとか諸々考えていると、人が愛し合う焦点が合う瞬間って、奇跡的で一瞬なもの
>>続きを読む

禁忌(2014年製作の映画)

3.5

自分にはない無垢なものを支配していたくて、言葉にならない暴力に似た衝動を起こした。そしてその無垢さを奪ってしまった。最後に残ったのは歪みはあるものの、愛だった。その様な理解。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.5

疲れるくらいの感情を沢山ぶつけてるのに、相手が同じくらいの感情でぶつかってきてくれてないって、気づいた時の事を思い出した映画だった。
一瞬でも分かりかえたら、それだけで生きていける。

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

2.5

最近の高校生ってどんな感じなのかが分かったのと、大人から見るとよく分からない感じもあった。でも中盤から、人を好きになる感覚は人それぞれ違うものだという意味は伝わってきた。なでしこちゃんという子の話し方>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.7

普通の恋愛なんて無い。恋愛の仕方を押し付けることなんてこともできない。好きだから頑張って相手に合わせることも、頑張らなくてもともと同じような感覚を持って付き合えることも、全部恋愛。簡単に付き合うのも、>>続きを読む

>|