まっとさんの映画レビュー・感想・評価

まっと

まっと

映画(75)
ドラマ(0)

サーホー(2019年製作の映画)

2.5

プラバースを観るための映画です。
登場人物が多くて見分けがつかなくてなんだかさっぱり解らない…。中盤からストーリー追うのは諦めたら楽しめました。

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.5

犬好きにはたまらん。
賢く強く美しい犬が人間に飼われてくれるのは奇跡なのかも。人間は弱く傲慢で愚かである。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.5

前作のガッカリ感からの大復活。つか、最初からこれやってよ…。チューイの悲嘆の叫びは胸に刺さる。

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

4.0

ロック様のややボケ爺さん、良し!ゲラゲラ笑ってしまいました!ギャルのジャック・ブラック、もっと観たかった〜。前作もそうだけど、とんでも展開な割にストーリーに破綻が無くて、違和感なく観れます。

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.0

くっだらない笑いがいっぱいでゾンビもザクザク殺してスッキリ爽快!

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.0

さすがにジェラルド・バトラーが年とってきたな。前作までの綿毛のような軽い命感が減っております。

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

4.5

ハエが主役のインド映画がこんなに面白いなんて…。スディープさんの顔芸すごいし、カッコいい!ひたすら笑えるコメディ映画です。

ロボット2.0(2018年製作の映画)

1.0

ノリが合わず、笑えなかったよ…。くっだらね〜とは思ったけど。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

アクション最高だった!ストーリー捨ててアクションに全振。冒頭のナイフぶん投げと馬蹴りで大爆笑した。動きが速すぎてついて行けなかったシーンも多いので、もう一回観たい。

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.0

潜水艦ものは動きが少なくて暗くなりがちですが、こいつは陸上の別働隊と上手く連携してて、見せ場が多く、飽きません。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.0

実話のテロ事件を元にしてるので、ヒーローはこないし、救いもない。虫けらのようにガンガン死んでいく。最初から最後まで気を抜けず緊張感で疲弊しました。自分だったら…一歩も動けないだろうな…。

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.0

器具を用いず、己の手足だけのクライミングのドキュメンタリー。観てるだけでクライミングした気になって達成感いっぱい。ワイヤーアクションのようにひょいひょい登ります。重力どこいったの?

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

2.1

色彩を押えたモノクロライクな映像で、すべてのシーンが美しい。が、素晴らしい映像をぶっ壊すトンデモストーリーで、期待の戦闘シーンは傘くるくる…。アクション映画じゃなくて芸術作品的な方向性でした。

KESARI ケサリ 21人の勇者たち(2019年製作の映画)

4.0

号泣…。『300』を彷彿とさせるストーリーに、よい軽さ(踊る)と切なさがミックスされています。嫁登場の演出も秀逸。ああ、いい映画を観たな、と、しみじみ思える良作。

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

2.5

最後にふさわしい、ミュータント全員攻撃でスッキリ爽快。ファスベンダーの存在感が全体を底上げ。ずば抜けてカッコイイ。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.0

乾いた笑いが止まらん…。真面目で上品なブラックコメディでした。

パドマーワト 女神の誕生(2018年製作の映画)

3.0

美しい…衣装、風景、王宮、全てが絢爛豪華でため息がでます。美男美女を観てるだけで幸せ。ランヴィール・シンのダンスシーンが秀逸でyoutubeで毎日観てしまいます。ストーリーは(歴史的背景や宗教観に不勉>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

2.0

面白く出来そうな変わった設定なのに要所要所の展開に説得力がなく、ご都合主で適当に進んで行くので残念…。説教臭いのも興醒め。
マント翻しての二刀流の戦闘は見栄えがしました。

運び屋(2018年製作の映画)

3.0

予告がシリアスだったけど、軽口叩きまくりの面白爺ちゃんでサラッとした映画でした。

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.0

詠唱拳って小柄なほうが映える気がする。と言う訳で、マックス・チャン、最高です。歴代カンフースター史上最高に美しい。

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

2.0

猫はカワイイ。本当に可愛い。比べて、人間のわざとらしい所作が恥ずかしい。岩合さん、本当にこの映画撮りたかったのかな…。猫、かわいいけどさ…。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.0

女優三人の演技がすごい〜。
退廃極まる上流階級。ちょい役でさえドクズ。正義もモラルも全く無し。

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

2.5

マカボイの多重人格演技の見応えは想定内ですが、ブルース・ウィリスの重厚さが意外でした。存在感がすごい。ザ・ハリウッドスターの凄みを観た。
興行収入全米トップを独走していた様ですが、こんな暗い映画が…な
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.0

相変わらずのスピード感。見逃すと話が分からなくなるシーンがいっぱいで気が抜けません。
前作から役者、原作全部が替わってしまって、ハリウッドっぽい映画になってしまいました。前作のアダルト仕様は封印。北欧
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

ずっとクライマックス!緊張感、侠気、愛国心、全て押し付けがましくないのがとても良い。こっちが焦るくらいのんびりしてかわいかったり、漫画っぽい展開だけど、戦車アクションはリアリティがあります。

マニカルニカ ジャーンシーの女王(2019年製作の映画)

3.0

最初からインド独立に強い共感を持って観ないと、戦い方が策の無い狂信性を感じてひきます。wikiで弾圧の歴史を知って納得。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.0

重厚と見せかけて随所に軽妙。トリックよし。人物よし。アガサ・クリスティやつてみました感が素敵。ドン・ジョンソン、やっぱりカッコイイね。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.0

題名だけでどんな映画かちゃんとわかる、マッチョがワチャワチャしてる映画です。みんなイイやつ、敵は悪い奴、愛と勇気と友情。冒頭のパン一ホールドアップシーンよい。

>|