カンパニーまつもとさんの映画レビュー・感想・評価

カンパニーまつもと

カンパニーまつもと

映像制作会社CROCO代表。WEBメディア『クロフネ』編集長。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

3.5

猫好きにはたまらない癒し映像の数々。コトラの出産後シーンと、冬に子供達が屋根の上で温まるシーンとか、もう最高でした。

ただ、映画としては構成にもう一捻り欲しいとこ。「世界ネコ歩き」が人気出たから、追
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

音楽の使い方が、凄く上手くて、オシャレな映画。しかし、最後の結末がなぁ…

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

『ローマの休日』を書いた天才脚本家と、彼を支えた家族のストーリー。ハリウッドの尊敬する大先輩の話に、俳優陣も皆、気持ちが入って演技をしている気がした。最後に報われて良かった。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

一番はじめのシーンと一番最後のシーンが笑えます。印象的なカットは多かったが、こういうシーンを撮りたい、映画っぽく撮りたい、から始まってる気がしてイマイチ乗れなかった。ストーリーに深い意味があるのかもし>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

5.0

全体的なストーリーは西川美和監督『永い言い訳』の洋画版。しかし、終盤からのストーリー展開が本当に素晴らしかった。絶望から希望へ。乗り越えられない挫折はない。修復出来ない人間関係はない。どんな事があった>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

4DXで観たが、危うく寝そうになってしまった。騒がれてるほど迫力も無いし、ノーランだとか実写だとかそんなことを抜きにすれば普通の戦争映画だと思う。撮影の苦労を想像すると、凄まじいけど。

最後の1カッ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.3

この4姉妹の空気感が心地よい。役者のキラキラ感と撮影が良すぎて終始作品に浸れる。設定として猫がいれば、完ペキでした笑。

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.0

クリント・イーストウッドは、人間にとって生きる上で、最も重要なものは『希望』だという事をこの映画で、伝えたかったんじゃないだろうか。最後のヒロインの言葉で納得。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

公開初日に鑑賞。音楽とアクションが完全に融合した爽快過ぎる娯楽映画。ストーリー展開も完ペキ。あともう少しショーンオブザデッドのようなお笑い要素や、音楽が耳に残るものであれば満点でした。

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.5

1シーンが短く、凄まじい勢いでストーリー展開が進む。警察組織の内部ゴタゴタを描きすぎてか、イマイチ感情移入出来なかった。現実はこんな感じだったのだろうか。しかし、音楽が残念過ぎる…

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

「人生は他者」深い…
16mmフィルム、いいなぁ。夜のシーン等の青がめちゃめちゃ綺麗だった。

28週後...(2007年製作の映画)

3.5

なぜ母と子は症状が出なかったのか、その辺りハッキリして欲しかった。牧場シーン等は迫力あった。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.2

完成披露試写会で、ひと足先に鑑賞。テーマは「夫婦間の愛情」かなと思う。

黒沢監督は舞台挨拶で、この映画、最後には迷いのない答えが見つかると言っていた。

自分の解釈では、それは、夫か妻どちらかにさえ
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

4.5

ストーリーが面白い、役者の演技も素晴らしい、ただやっぱり何と言っても映像が美しいのが、この作品の好きな所。スローモーションを所々効果的に使い、クライマックスの宮沢りえの逃走シーンは、印象的過ぎて頭から>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃ怖い映画かも?と覚悟して観たが、クスッと笑える要素もあり、最後まで楽しんで観られた。香川照之の演技、最高だった〜 いや〜、コワオモロイ。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.2

とにかく編集が上手すぎる。一瞬にして、どっちが殺されるの?って観客に思わせてしまう圧倒的な編集テクニック。ハラハラしながら、観れた。おじいちゃん、気持ち悪かった〜
女性は鑑賞注意

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.8

今観ると要らないシーン多いし、編集ダルいな〜って思うけど、なぜか最後まで集中切らさず観れてしまう。タランティーノが出てくるシーンは、なぜか直前で絶対来ると予想できてしまった。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.7

ザ・王道。恥ずかしなるくらいベタなストーリーだったが、最後まで楽しんで観れた。けど、多分1週間後には映画の内容忘れるだろう。続編ありそう。

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.0

オバはんの尻が見えた瞬間に吹きました。クスッと笑えるホラー映画。

スプリット(2017年製作の映画)

4.7

役者の演技が素晴らし過ぎる。マカヴォイは勿論、全員にアカデミー賞あげるべき。フレッチャー先生の助手?管理人?的なチョイ役で出てたのが、どうやら監督のようです笑。映画はやっぱ面白いと思わせてくれたシャマ>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.0

最も苦手とするタイプの映画。根が楽観的な自分は、絶望の果てにも最後は希望を観たいと思ってしまう…
しかし、なぜこれがアカデミー脚本賞なんだ?なぞ。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.8

サイコ・サスペンス。特に激しいシーンやグロいシーンは無いが、最後まで緊張感を持って観れる。撮影もオーソドックスやったけど、上手かったなあ。
最後のオチは確かに胸糞悪し。結局どっちなんや!

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

ダニーボイル、やっぱかっこいい。かっこいい映像やけど、イマイチ乗り切れなかった。歳を取ったのだろうか。20代に観てたら絶対影響を受けてただろう。若者、観るべし。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

ニコール・キッドマンの演技が神がかっている。演技のレベルを超えて、完全に母になりきっていて圧巻!
実話を基にしたシンプルだけど感動的なストーリー。Googleにとってはこれ以上ないコマーシャルや!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

いろんな要素を詰め込み過ぎて、わけのわからん感じになっていたり…ストーリーも裏を書き過ぎで辻褄が合わなくなっていたり…ともかくツッコミ所満載だが、最後まで緊張感を持って観れる。

因みに主演は、ホンジ
>>続きを読む

なみのこえ 気仙沼(2013年製作の映画)

3.8

みちのくがたり映画祭で拝見。被災者の方々の対話を中心に、震災を振り返る。
上映後の「映像とは、未来に向けたもの」という監督の言葉が印象的だった。

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.7

切ない結末。恋愛において、女性の方が未練がましいという事なのだろうか。
カラフルかつ全編に渡って歌、歌、歌で、しかも全部同じ歌に聞こえたぞw

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

初っ端からもの凄いワンカットのミュージカルシーン!ヤバイぞこの映画は!と思って鑑賞していたけど、正直前半に全て出し切ってしまった感じかなぁ。後半も変にストーリー作らずに、もっと歌や踊りを入れてミュージ>>続きを読む

>|