カンパニーまつもとさんの映画レビュー・感想・評価

カンパニーまつもと

カンパニーまつもと

映像制作会社CROCO代表。WEBメディア『クロフネ』編集長。

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.9

テレビでやっていたから、全く期待せずに観たが、意外と面白かった。幼少からのファンとして、信長へのリスペクトを感じられたのは嬉しい。設定だけでなく、テーマもしっかりしていて良い作品です。

マンハント(2018年製作の映画)

3.8

本作は中国でかつて大ヒットしたという高倉健主演『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイク版。

冒頭のあべのハルカスでのパーティーから始まり、地下鉄上本町駅でのアクション、堂島川での水上バイクシーン等、このスケ
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.5

設定は面白いと思ったが、脚本シナリオが浅はか過ぎる。撮影や照明もあざとく、自主映画やお昼のサスペンスドラマを見ているような感覚だった。

吉田大八監督作品という事で、期待していたのに残念…

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.8

脚本が緻密に練られていて、非常に内容が深い。人を憎むことや愛する事に対して深く考えさせられる。

ラストの終わり方が釈然としないと一瞬思ったが、最後の2人を視聴者自身に置き換えると、監督の言いたいこと
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

ゾンビ映画の真骨頂。駅とか電車の中とかこれまで見たことのない規模感・シチュエーションを楽しむ事が出来た。韓国映画、本気度が違うな〜 邦画でこれは無理でしょ。ストーリーも深みがあって感動出来ます。

>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

どっちが、どっちか、わからない?と思ってたけど、やっぱしオチがそう来て、納得。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ザ・アメリカン・ドリームの超王道派ミュージカル。しかし、嫌いではない。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

相変わらずゲスいシーンはあったが、アクションシーンを中心に、純粋にエンタメとして楽しめる。ジュリアンムーアの悪役もハマってた。次はスピンオフの『ステイツマン』が来るのではなかろうか…

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

ザ・アメリカ万歳映画だが、実話という事もあり心揺さぶられる。主演のマークかっこいいなぁ

キック・アス(2010年製作の映画)

3.7

ヒロインの女の子が、芦田愛菜ちゃんに見えて仕方がなかった…

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.7

2018年1本目。音楽無くして映画無し。素晴らしき名作の陰にこれだけ命をかけて映画音楽を作っている人がいるという事を知れて本当に良かった。
エンドロール後の最後のジェームズ・キャメロンのコメントに全て
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

「クレイマー・クレイマー」を超える感動作。シンプルなストーリーだけど、脚本が良く練られていて何と言っても役者の演技が良い。映画館で観たが、後半すすり泣く声も多く聞こえました。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

徹底的な社会批判映画。観ていて悲しくなるが、最後までその姿勢は貫かれていた。これが、今のイギリスの社会の現実なのか。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

わかりやすい王道ラブストーリー。ほっこりしました。

愛と誠(2012年製作の映画)

3.5

ミュージカルは好きだが、昭和歌謡にイマイチ乗り切れない。ラストの母との線路シーンは良かった。

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

4.0

独特の世界観。1カット1カットがまるで絵画のようにカラフルで美しい。パンフォーカスな絵とスポット的なライティングが印象的。

観終わった後に人に優しくしたいと思える作品。ハッピーエンドでよかった!ちな
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.0

淡々と進んでいき、物語に起伏がない。音楽が無い作品はキツイな。なぜこれがアカデミー賞…

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

復習が復習を産む。力でしか秩序を保てない…厳しい世界の現実をリアルに見せつけられる。ドゥニ作品にハズレはないが、毎回重い…

プリズナーズ(2013年製作の映画)

5.0

脚本良し、映像良し、役者良し。これに勝るサスペンス映画なし。重たい内容だが、2時間半全く集中力を切らさず見れました。

最後の終わり方もカッコ良すぎるぞ。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

3.5

猫好きにはたまらない癒し映像の数々。コトラの出産後シーンと、冬に子供達が屋根の上で温まるシーンとか、もう最高でした。

ただ、映画としては構成にもう一捻り欲しいとこ。「世界ネコ歩き」が人気出たから、追
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

音楽の使い方が、凄く上手くて、オシャレな映画。しかし、最後の結末がなぁ…

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

『ローマの休日』を書いた天才脚本家と、彼を支えた家族のストーリー。ハリウッドの尊敬する大先輩の話に、俳優陣も皆、気持ちが入って演技をしている気がした。最後に報われて良かった。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

一番はじめのシーンと一番最後のシーンが笑えます。印象的なカットは多かったが、こういうシーンを撮りたい、映画っぽく撮りたい、から始まってる気がしてイマイチ乗れなかった。ストーリーに深い意味があるのかもし>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

5.0

全体的なストーリーは西川美和監督『永い言い訳』の洋画版。しかし、終盤からのストーリー展開が本当に素晴らしかった。絶望から希望へ。乗り越えられない挫折はない。修復出来ない人間関係はない。どんな事があった>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

4DXで観たが、危うく寝そうになってしまった。騒がれてるほど迫力も無いし、ノーランだとか実写だとかそんなことを抜きにすれば普通の戦争映画だと思う。撮影の苦労を想像すると、凄まじいけど。

最後の1カッ
>>続きを読む

>|