まつたけさんの映画レビュー・感想・評価

まつたけ

まつたけ

映画(94)
ドラマ(1)

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.6

笑ってないと人は寄ってこないよ。昔上司に言われた言葉を思い出しました。
意識して笑顔でいるのって難しいんだよなぁ。まずはダジャレ言うところからだな

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

サイコパスって本当にいるんだろうなって思わせる演技力。恐ろしい

紙の月(2014年製作の映画)

3.8

お金に翻弄される人生。凄いリアルでのめり込みながら見ました。面白かったなぁ。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

妻が死んで荒んだ生活、葛藤が最後には清々しい生活に変わっていく。見た後にこちらも清々しい気持ちになれる作品。
人生は他者だ。ほんとその通り。周りを大切にしないとな!

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

普通の生活が当たり前ではない人達の話。あまりに住んでる世界が違うから感情移入は出来なかった。もっと激しいのを期待してました。

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

出世レースに生きがいを見出し、それを目的に働く。これは理解できてしまう。
一方で仕返しや見返りではなく正義感であそこまで動くっていうのが少し違和感ある。
ただ、その違和感に痺れる理由があるんだろうな。
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.2

豪華俳優陣!終始ハイテンション!幾たびにも渡る大どんでん返し!これぞエンターテイメント!面白かったー!

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

再現度が凄い!俳優陣さすがです。
当然ストーリーと世界観は原作で面白さは証明済み!
私は原作読んでるのでハラハラはありませんでしたが初見ならもっと楽しめるんだろうな

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.5

クレイジーな生き方にも憧れちゃう時あるよね。真っ当な人生へのクレイジーなアクセントは映画で補給!

ALWAYS続・三丁目の夕日(2007年製作の映画)

4.2

このシリーズ大好き。茶川の不器用だけど子供のためにがむしゃらに頑張る姿はまさにヒーローだよね。

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

4.6

このほのぼのした世界観大好き。豊かさよりも幸福感を高める上で重要なことがあることを再認識させてくれます。
淳之介と茶川の絆、めっちゃ泣けました。あー微笑ましいー!

青い春(2001年製作の映画)

3.5

かなり前に見たけど、松田龍平と音楽がめちゃくちゃカッコよかった記憶。もう一回見てみようかな。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

低予算でも演出と脚本の工夫でこんなに面白くなるんだと感心しました。まぁまぁ笑いました。

二重生活(2016年製作の映画)

3.9

哲学的なお話。誰しも知られたくない、見られたくない部分を持っている。本当のその人は、その人にしか分からないんだなって改めて気づかされました。
泣けたし展開もずっと気になり楽しめました。

火花(2017年製作の映画)

3.5

人生は一筋縄じゃいかないよなぁ。背伸びしてカッコつけようとする生き方は見習いたいものです。
面白かった!

ミックス。(2017年製作の映画)

2.5

見ながら特別な感情はわかず。敢えて言えばガッキーはとても素敵でした。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

ストーリーよりも独特のキャラクター、台詞、埼玉愛を楽しむ映画。しっかり笑えました。
『埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!』

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

四姉妹のほのぼのストーリー。穏やかな気持ちで観れるけど揺さぶられたりはしない。鎌倉で古い一軒家が欲しくなる映画。

キサラギ(2007年製作の映画)

4.1

伏線が張り巡らされててどんどん回収していく。ミステリーとコメディーの両方が高いレベルで楽しめます。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

展開が飽きず観てる最中ずーと面白い。ずいぶん昔に見たからまた観たいな

下妻物語(2004年製作の映画)

3.9

テンポがいいコメディー。出演者の魅力が引き出されてる。この時の土屋アンナに可愛い of the yearを贈呈します。

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.8

劇団ひとりが好きなので見てみたら、笑えるし愛を感じるし、見て良かったと思える作品でした。劇団ひとりの中国人ネタおもしろいわー

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

3.0

原作を上手く再現出来てると思うけど、漫画よりも軽い印象。2時間弱にまとめなきゃなんだから仕方ないのだろうけど。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ面白い!楽しい、笑える、感動するが全部詰め込まれてる!
きっとうまくいく!良い言葉ですよね!

最後の忠臣蔵(2010年製作の映画)

4.1

武士役所広司は本当にカッコいい。ラストシーンが印象に残る。現代日本のサラリーマンにこの武士道は無くなってしまったんだろうな。自分もだけど

涙そうそう(2006年製作の映画)

3.8

多感な青春時代に見たからなのか、めちゃくちゃ面白かった記憶。長澤まさみがほんと可愛いんだよなぁ。にぃにぃ〜!

>|