まっつーさんの映画レビュー・感想・評価

まっつー

まっつー

映画(27)
ドラマ(0)
  • 27Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

シンプルで分かりやすい結末。
モヤっとすることはないし、いい時間つぶしになった。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.7

脳死、心臓死あなたはどちらを選択しますか?
現代医学が抱える問題、生きている人間の定義とは?考えさせられる内容でした。

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

私は好きです。この作品。
あと先短いおじいちゃんが一生懸命家族のために、いけないことと知っていながら運び屋として働いている姿、葛藤する場面も描かれている。

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

カラオケでアラジンの曲一通り歌ってから行くと尚更良い。
原作に忠実だし、オリジナル部分もあるし大満足です。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.8

ヒューマンドラマ。ちゃんと最後まで見届けるのに、気合がいる。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛を考えさせられる映画。
愛とは何か?
思い描く普通の家族像とは?
向き合って行くことの大切さを学んだ。

パーフェクト・デート(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

高校時代の恋愛模様を描く、ラブコメディ。
友情、恋愛、進学どれも大事だし欠かせないけど選ばなければならない時がある。
どんな自分になりたいか、どんな自分でいたいかを、考えさせられる。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最高アクション映画。
前作からの繋がりもあるし、グロいシーン、真面目にふざける感じ最高。

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

豪華キャストて送る、怪盗集団。結構好き。

テッド(2012年製作の映画)

3.0

汚い言葉遣い、シモネタ、だけど面白い。
よく映画化してくれた。スラングを覚える勉強になる。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

走れ、フォレスト。
毎日全力投球して、仲間はずれにされる感じが自分の学生時代と重なった気がした。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高傑作。
事実に基づいた映画の中で、最高にして最強。
映画なので脚色は大いにあって結構。それ以上にレオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクスのキャスティングが最高。
ペテン師で華やかなレオと、堅実で色
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

彼女に進められた作品。結論、最高のアクション映画。
男心を存分にくすぐってくれる。
秘密組織、ジェントルマン、アクションこれらが揃えば食いつかない男はいない。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

まさにディズニー映画。
自分の感情と相手を思いやる感情がぶつかり、交差しながら物語は展開していく。
やっぱりいいね、ディズニー。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後まで気が抜けない映画。
話の中でアップダウンがあり、ハラハラが止まらなかった。
主人公に気持ちが傾く反面、途中でおいおい、大丈夫か?と心配もしたくなる。
最後は良いエンディングかな、と思う。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.2

普通にアクション楽しめた。ヴェノム、いいやつ。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー最高。伏線もしっかり回収するし、言わずとしれた名作だと思う。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

普通にアクション楽しめたし、学生生活の中いいコンビ感がたまらない。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

普通に楽しめた。小学校6年生のときに初めて用学徒出会い、それがQueenだったので、大人になった今、再度音楽そのものを楽しめた。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

グリーンブックに対抗したとされる作品。事実に基づいているらしいが、そこまでストーリー性に感情移入できなかった。
最後の方はスカッとするが、最後の最後の凄惨なシーンはまだまだ差別問題が強く根付いているこ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

差別社会をあまり感じられない日本人でも、アメリカでの差別問題を感じさせられる作品だった。
個人的には奥さんに手紙を書くシーンで、ロマンティックな言葉選びを勧めるところが最高だった