mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

犬猿(2017年製作の映画)

-

公開当時に観に行った思い出。

それまでシネコンでやってるような映画しか見てこなかったので、窪田さんが出てるってだけで観に行って、今思えばとても良い出会いだった。

人間の醜い部分が描かれていて、愛憎
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

だいぶ前に見た。のであまり覚えていないけど、優しい映画だったと思う。

いろんな登場人物の視点で描かれて進んでいくストーリーが面白くて、原作も読もうと思ったのにまだ読んでない、、。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

-

去年観たやつを今更。

めちゃくちゃ食らってしまった。
今まで自分は甘ったるいハッピーエンドしか見てこなかったんだなと、謎に悔い改めるような気持ちになるくらい。

劇場で、まさかここで終わらないでくれ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

-

マリッジ・ストーリーでも思ったけど、台詞少ない役のアダムドライバーとても好きだな。いい俳優だな、、と。
少し退屈にも見える、詩的で、愛おしく、何か起きそうで起きないのんびり過ぎていく日常。
沢山出てき
>>続きを読む

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

-

"歪んだ社会にいると歪みに気づかない"
本当にそうで、無料で使えるSNSが、実は広告の収入で成り立っていて画面に長時間惹きつけるような構造になっているなんて、気づいてない人も多いんじゃないだろうか。自
>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

-

"怒りではなく、言葉を伝えて"
とても残酷でリアルな現状がアニメで表現されていた。リアリティのあるアニメ、とかではなく現実でも同じ出来事が起きている点が全然ファンタジーではなく、見ていて恐ろしかった。
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

-

ドラン作品を見てみたいと思ってて、劇場で見るのを逃したやつ。
すごい泣いてしまった。

テレビに向かってエキサイトしてるシーン「僕はこれを見るために生まれたんだ」って叫ぶルパート。可愛らしさありつつ、
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

公開当時気になってたが観てなくて、エターナルズで同じ俳優さんが出てたから今更観るっていう。

思ってたより緊張感があった。
事件起こした本人が出てきて喋ってて、回想するつくりも新鮮だった。

劇的な強
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

-

朝イチで観に行った。
久々にシネコンのデカいスクリーンで(TCX)、いい音で(dolby atmos)壮大なアクション映画観て、映画体験はやっぱ劇場だなと。

多様なヒーロー像とか内容に関しては色々あ
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

-

グリンチのクリスマスの思い出が結構悲しかった。

そんなにコロッと心変わりするの??!感はあって笑ってしまった。女の子ただただ可愛い!!

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

国王だから立派なのではなくその裏には凄まじい過去と努力があって、同じ人間なのだと教えてくれる実話。
音楽が全くないのがスピーチのシーンでは緊張感を与え、対話のシーンではちょっとシュールな、リアルな感じ
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

-

結構前に見たやつ。期待値が上がりすぎていたように思う。

ケイラが主人公だけど、見終わった後残ったのはお父さんの愛情だった。ちょっと不器用で空回りしてるけど誰よりも愛してくれてるお父さんに涙。

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

"If anything happens I love you"
に「愛してるって言っておくね」という和訳。

こんな気持ちで送り出す親の気持ちを考えてしまった。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見たいな〜と思ってたやつ。
いやぁ、、良かった。すんごい泣いてしまった。

人として尊敬している大好きな相手なのに、離婚という道を選ぶ二人がものすごく切なかった。視線だけで会話してる感じ、最後靴
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-


笑ってしまう病気。その笑顔は全然楽しそうではなく、泣いているように見える時さえあった。

どこにも救いようのない話だった。開始30分でもう観てるのがしんどかった。邦画の重さとはまた違うこのどんよりし
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

-

有名で名前は知ってるけど実際見てない映画が多すぎて、それ見てからもう一回観たいなと思う内容だった。


が、その音楽を聞いたら映画のワンシーンや風景を思い出す、そういう曲は私にもあり、そこから知ったア
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

"人の夢から秘密を盗み出す荒唐無稽な話"と聞いていたのでノーラン監督作品でも正直そんなに期待してなかったのだがめちゃくちゃ面白かった、、。2時間半観たはずなのに体感はあっという間。

説明的なアナウン
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

-

殺人シーンがグロすぎて途中からなんでこれ見てるんだっけ、、?となった。(勧められたから)
結構見れなかった。

前半の良い雰囲気の幸せなシーンとか全部後半の残虐さに掻き消されてこれ見終わった後に「面白
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

もっとシリアスで事件にフォーカスを当てたものを想像してたので結構違った。

本人を配役してるのもあって演技というより本当に自然な会話や表情が印象的だった。

物足りないな、と感じたのが正直な感想。でも
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この人の性格って素晴らしいなとアベンジャーズを先に観て思ってた。少年時代から正義感に溢れていて勇敢だったんだな。
特別な能力はないけど盾を武器に身一つで戦う感じ、とても好きだなと。

このダンスの約束
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

ただただオコエが凛々しくてかっこいい。音楽もケンドリックらのラップ、ヒップホップがめちゃくちゃかっこいい。
初の黒人ヒーローは優しさと強さ、冷静さと知的さを兼ね備えていてかっこよかった。私の中で今まで
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

「アベンジャーズ」シリーズを観るのってこれだけ観ててもだめで、「アイアンマン」からの個々のMARVEL作品は全部繋がってるんだな、ってことをようやく理解した。
その個々の作品を観ないでアベンジャーズだ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

出てこないハルク。
スパイダーマンのトム・ホランドが可愛い。
ブラックパンサーかっこよすぎた。

こんな語彙力のない感想をメモしていた。観終わった後の絶望感はもの凄かったけどめちゃくちゃ豪華で見応えが
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

-

"音楽がかっこいい映画"として紹介されてて観た。

確かにジャズっぽい(?)感じの音楽とか効果音みたいな音はかっこよくて、絵も芸術的だった。でも結構割と、気持ち悪かった。観てるうちに慣れたけど。SFの
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

-

アベンジャーズを一気に観ようと思いたった二本目。

「外へ出て戦えば君が誰であろうと、アベンジャーズだ。」みたいな台詞があって、アベンジャーズとは流動的にメンバーが変わっていくチームなのだと思った。自
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

-

MARVEL作品を一切観た事がなく、観たいと思ったこともなかったのに急に観たい、観なきゃ、と思いたって観た。

それぞれのヒーローの作品を全く観てないのでどれがどんなキャラかも説明されながら観た。当た
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

やっと観た。素晴らしく良い映画だった。

異世界へ連れていってくれる映画って本当に好きだなと思う。もっともっと、遠くの方へ行きたくなった。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

-

原作を読んでめちゃくちゃ良かったなぁと思ってたもの。映画化は正直そんなに期待してなかったけど観た。

小説と同じようにしんどいなぁ、というテンション感の中物語が進んでいく。上司役が吉田鋼太郎さんだった
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

-

喜びには悲しみも必要。人の悲しみに寄り添えるのは悲しみだけなんだと。家族愛には泣けてしまった。

でもちょっと退屈してしまったぁ、とも思う。

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

-

絶対こうなるんだろうな〜と思いながら見てた。
無理ある展開なのかもしれないけどとりあえず最後にはオプティマスかっこいい!!と思えるのがすごい。

最近MARVEL作品とかアクションものばかりみてるので
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

-

子供の頃トランスフォーマーのアニメを見てたので懐かしかった。けど忘れてるキャラも多く、把握できてないままどんどん話が進んでいって少し戸惑った。

SING/シング(2016年製作の映画)

-

単純にコアラのバスターが可愛かったりテンポが良くて見ていられた。
でも強盗に関わってたり金額偽ったままだったり、細かい描写で腑に落ちないところはあった。そしてすごい予想出来たハッピーエンド。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

-

容姿とかコンプレックスとか、周りはなんとも思ってない部分も含めて誰よりも気にしてるのは自分で、いつもネガティブに捉えて、勝手に追い詰められて苦しくなる。
本当に大切な人はそんな外見より中身を見てくれて
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

有名なバンドの曲が沢山使われてて音楽やってる人とか好きな人が観たらより楽しめるだろうな~と思った。そしてオリジナル曲がめちゃくちゃかっこいい。サントラ買いたくなるぐらい。

可愛い!を連呼しながら見て
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

-

東京国際映画祭で見逃して、去年も見逃し続けてやっと観た。

急に泣き出しちゃうアマンダを見て胸が締め付けられた。この子はどうやって悲しみとか痛みを乗り越えてるんだろうって。

昨日まで目の前にいた人が
>>続きを読む

>|