maxokoさんの映画レビュー・感想・評価

maxoko

maxoko

映画(41)
ドラマ(0)

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.3

闘病、限りある命、別れが遠くはない恋愛、これは絶対泣けると覚悟して観たけど、やっぱり物凄く泣けた。
ヘイゼルとガスの惹かれ合い方がとても自然で、最初から心をグッと掴まれたし、お互い自分を侵している病気
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.9

中学校の英語の授業で鑑賞。
ドキッとするようなシーンもあるにはあったが、何よりもパッチの人との向き合い方に感動、尊敬。
これが実話というから余計。
ここまで強い信念を持った大人は本当に格好良い。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.5

学校の英語の授業で鑑賞。
ハードノックライフとトゥモローがクラスで爆発的に流行った記憶が(笑)
アニーと市長は足りない物を埋め合える関係で、最後はとてもハッピー。
歌やキャラクターのおかげでか、かなり
>>続きを読む

かけがえのない人(2014年製作の映画)

3.2

もはや'切ない'を超えて胸が痛い。
自分がアマンダの立場だったら…と想像すると、胸が張り裂けそうになる。
そんな運命の人は出会えて幸せなのだろうか…?と思ってしまうほど。。
2人が若い頃のキスシーンは
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.8

Theアメリカって感じの風景が、物語をシリアスにさせ過ぎないように、より美しくしている気がした。
まるで時間がのんびり過ぎていきそうな環境の中で展開していくからこそ、余計に切なく見えてかなり泣けた。
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

3.3

完全にトム・クルーズ目当てで観た映画。
沢山いる登場人物がそれぞれ絡み合っていて、途中混乱しかけたがなかなか面白かった。
初めて観た時は、最後の空からxxxが衝撃的すぎて全てが吹っ飛んでいった。
(結
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.6

自分は初作を観たことがないが、それでも全く問題なく楽しめた。
(初作を観てからまた観返したい!)
アニメとリアルが見事に織り込まれていて楽しくなる、フェスティバルのような映画。
観たあとの余韻にかなり
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.7

アンジー、そしてエルファニングの輝き方が終始ヤバい。
個人的には1よりも2のほうが断然好き。
ストーリーも最後まで飽きないし、とにかく映像が美しいので見て損はない。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.9

エミリア・クラークの表情が良い意味で幼くてすごく可愛い。
最後の方で急に、「え、そういうこと?!」と納得させていくのは面白かった。
クリスマスに家族が集まって観るには向かないかな?と思うが、'ラストク
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.1

煌びやかでクールで何も考えずに楽しめる。
結末は何となく想像が出来てしまったけど、登場人物が豪華だし個人的には好きな映画。

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

3.4

中学校で3年間担任してくださった先生が、「私の妻が1番好きな映画はこれ。」と私たちに紹介してくれた作品。
先生は奥さんとお付き合いを始めた頃にこの映画に出会い、すぐにこの映画が大好きになったらしいが、
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.1

やっぱり心臓に悪いけど、そこまで怯えさせられるわけではない。
効果音は半端ない。
超能力が使える女の子とおじさんの話。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.2

主人公ができないヤツで、だからこそ見入ってしまう部分もあるのだと思う。
日常的な幸せについて考えさせられる。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

映画の中に出てくるどの曲も最高で、CDまで買ってしまった!
何回観ても感動する。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

自分の中では、"これこそが大人の恋愛!"って勝手に思っている(笑)
切ないけれど、何回も観たくなる作品。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.2

テンポが良くて、風景が綺麗で、観た後は幸せな気持ちになる。
ミュージカル映画といえばこれ。

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

4.3

自分史上最高レベルで美しいカップルだから、余計に切なく感じてしまった。
結末はよく分からないけど、とにかく画面が美しいから、好きな作品。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.9

尊厳死について割と深く考えさせられる映画。
主人公ルイーザの表情が豊かで、どんどん引き込まれる。
「君といると、明日も目覚めたいと心から思うよ。」というセリフが印象深かった。
旅行先の夜のビーチで言葉
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.7

バーでパパとの思い出の曲(この曲本当に素敵!)が流れてくるシーンでは涙が止まらなかなった。
私はお父さん系の映画では間違いなく号泣してしまうが、これはその中でもトップクラスで泣ける。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.4

そこまでストーリーが重くなりすぎず、素敵な人に出会えて本当に良かったね、と言いたくなるような作品。
少し期待しすぎていた部分はあるかも。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.6

初めて1人で行った映画館で、息が出来なくなるほど号泣してしまった思い出の作品。
最後、すべてがひとつに繋がっていく時に、どうしても涙が堪えられない。
人は1人では生きていけない、周りの人に支えられて生
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.2

スターだからこその苦労はあるだろうけど、やっぱりマリリン・モンローは魅力的な人なのだろうと思った。

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.8

終わり方がなんとも切なくて好き。
時が止まるような情熱的な恋。。
お互いが覚悟をして恋に落ちているからこその切なさが堪らない。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.6

"青春を心の底から楽しんでる感"が良かった。
エマ・ワトソンと主人公のキスシーンはなぜか胸がぎゅっとした。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.4

ドロドロな女の世界。。
最後はやはり、サラの方が一枚上手だったのか…。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.2

登場人物が多いけど、すべてが繋がっていて見応えのある作品。
闘いのシーンなど、結構生々しいところもある。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

街の風景、流れる音楽だけに留まらない微かな音、ティモシー・シャラメがとにかく美しい。
エリオは顔ももちろんだけど身体も美しくて見入ってしまう。
そのおかげで、セクシュアルなシーンも全くいやらしくない。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.8

想像していた青春ものでは(全然!)なくて、結構重めの展開だけど、とにかくティモシー・シャラメがとても魅力的だから満足。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.0

ナタリー・ポートマンとリリーローズ・デップがとにかく絵になる。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

運命はどんなにイタズラをしても、繋がるべき人の元には導いてくれるんだな…と思った。女の子が飾り気がなくてとても可愛い。

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

3.8

友達の家で、あまりにセクシーな夫婦を2人でキャーキャー言いながら観た(笑)
なにも考えずに観れる。とても爽快。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

等身大の自分で共感できる。
車を運転するシーンでは、レディバードと母親が被るような感覚があった。
やっぱり親友は喧嘩しても親友。
両親も無条件に子供を愛する。

タイタニック(1997年製作の映画)

4.8

何度観ても号泣してしまう。。
個人的にflyingシーンよりも、ローズが凍ったジャックの手を離すシーンが好き。
また、最後の方でローズが力を振り絞って笛を吹くシーンは心が震えた。
あの極限の状態におい
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

国際線の飛行機で初めて鑑賞し、それ以来乗ったら必ず観る作品。
最初に観た時はクリス・エヴァンスのキャプテンアメリカのイメージが個人的にどうしても抜けなかったが、血の繋がりや戸籍上だけに留まらない'家族
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

5.0

"トム・クルーズ×天才イケメンパイロット×戦闘機"は自分には堪らない。
最高にエキサイティング。

>|