ののさんの映画レビュー・感想・評価

のの

のの

現実逃避。

映画(201)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

わりとしっかり泣いてしまった。
でもそれは映画館効果もあると思う。
プーさんいいこといっぱい言うやん。

(1954年製作の映画)

3.7

汚くて寂しくて逃げ場のない雰囲気。
名作と言われる理由は十二分に理解できるけど、こういう悲しさ私は苦手。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

4.5

静かにめちゃくちゃ怖いやつ。
ガーティあの声音であんなキュートなニコちゃんマークって最高…しゅき……
ガタカと2001年宇宙の旅を思い出した。
とてもとてもよかった。

セブン(1995年製作の映画)

4.6

ミルズは葛藤の末あの選択をしたけど、きっと後悔はしないと思う。
観てそれで終わり、にならない良作。
誰かに勧めたい。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.3

全カットおしゃれで美しくて、ホラー要素もバッチリなんだけど、なんだろう全然好きじゃなかった。
あとエルファニングって可愛いけどかなり個性派じゃない?
絶世の美女役なの違和感しかなかった。

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

3.8

図々しくて非常識、だけどずる賢くて口が達者な狂人、怖ーい。
お母さんも怖いよ、なにあの絵。
メリーゴーランドのシーンすごくよかった。
あれフルカラーで観てみたいな。

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

4.6

舞台はアパートの一室だけで登場人物も数人だけなのに、一切退屈しなかった。
最後までオチも分からず。
めちゃくちゃ面白いミステリ映画でした。

エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013年製作の映画)

2.1

おっさんはキモいし謎が多すぎて頭の中はてなだらけだった……
映像美が売りなのかと思いきやそうでもないし……
とりあえずディズニーには行きたくなった。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.5

プッツンしちゃった人たちのオムニバス映画。
微妙なのもあったけどラストのウェディングは最高だった。
カメラワークと音楽がすごい好み。

愛の嵐(1973年製作の映画)

3.7

デカダンス……すごいの観ちゃった。
言いたくないけど美しかった。

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.9

潔癖で神経質なニコラスパパ可愛かったぁ。
ちゃんと騙されました。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.2

こういうSF、ディストピア系って奇抜な設定に頼りっきりで内容薄っぺらなことが多いけど、これはそんなことなかった。

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.6

どんどんスケールが大きくなってって焦る現場の臨場感がすごく伝わってきた。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

5.0

ほんとに面白かった。
多少の脚色はあるだろうけど、これが実話ベースだなんて信じられない!
あとディカプリオ格好よすぎ……。
これすごい評価されてるからずっと観ようと思ってたんだけどやっと観れた。
観て
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.8

連載始まった年からずっと私の青春だった大好きな銀魂が、こんな大勢の主役級豪華キャストたちによって映画化されているって事実だけでアイメイク崩壊した。
気になったところはもちろん山のようにあったけど、役者
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

初めてのオーシャンズシリーズ!
ちょいちょいよく分からない部分もあるけど、前作観てなくても充分楽しめました。
格好いい女性たちのゴージャスなクライムアクション、全作観たくなった。
アン・ハサウェイとリ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズの冒険(1970年製作の映画)

4.1

ワイルダー版のホームズ!
えっなんか化粧してない!?えっこんなに可愛い反応する人だったっけ!?コ、コカイン好きなんですかっ!?!?!?
ってかんじで最初は違和感あってドギマギしたけど最高によかった。
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.1

冷え冷えとしたカオスでサイケな雰囲気にフランス語がマッチしてて性癖に刺さった。
人間なめんなよ。
口笛でクリスタル割るシーンがとくにお気に入り。

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.7

カリスマってすごいわ……。
現場の緊張感とスピード感はすごく伝わってきたけど、こんな影響力を持つようになるに至った彼女のルーツをもっと掘り下げてほしかった。

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.6

すっごいぶっとんでた。
求めてた馬鹿さ加減これ!って笑ってたのは途中までで大殺戮シーンは普通にドン引いた。
二階堂ふみナイスバディだし、星野源可愛いし、そして、堤真一が格好いい。
とにかく、堤真一が最
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

2.8

蛙降ってきた時思わず「うわぁーっww」って声出た。蛙の血って赤いんだね……あたりまえか……。
後で解説読んだらすごく練られた凝った作品だったんだと分かったけど、正直観た時は全然分からなかったです。
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

孤独な金持ちが初めて愛を知る話というと美談っぽいけど、女に夢中になって破滅していく老人の姿とかほんと見苦しかった。
まさに天から地に叩きつけられたあのシーン圧巻だったな〜。とてつもない絶望感と悲壮感。

ガタカ(1997年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと胸が熱かった。
生まれつきチャンスを奪われた男が死に物狂いで夢を叶える話、なんだけど「不可能はない!」「すべては努力次第!」とかそんな単純な理想論じゃない。
生命を極限まで削って宇宙に行ったビン
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

SFだけど数年後の未来だと言われてもおかしくないくらい現実味ある設定だった。

クローン達ももちろん皆犠牲者なんだけど本作で一番ツイてないのってオリジナルリンカーンなのでは……?顧客目線で考えるとまた
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.7

ヒッチコックの代表作だからずっと観たいと思ってたけどホラーは大の苦手なのでめちゃくちゃビビりながらリビングで視聴。

音楽とかカメラワークとか総じて恐怖の煽り方がすごい。けど殺害シーンはあっさりしてて
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

5.0

めっっちゃよかった。
難しいんだけどなんだろ全てが好き。死ぬまでにあと10回は観たい。
この作品の魅了の9割はヘドウィグの表情にあると思うの。
“愛の起源”最高だったな……何度も巻き戻しちゃった。私の
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.8

大どんでん返し系だと分かっていても最後まで予測できなかった。
女は強い!あの野郎は自業自得。
ウィルフレッド卿のキャラクター最高に好き。シリーズないのかな。

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.8

え、全然笑えなかった。
コメディタッチに仕上げてるのは分かるけど、いや笑えるとこなかったです。ゾクゾクって静かに恐怖が襲ってくる感じ。
タイトル、はじめはピンとこなかったけどじわじわハマる。好き。

パビリオン山椒魚(2006年製作の映画)

1.4

なるほど理解しようと思っちゃいけない映画なんだってことは分かったけど、じゃあ私はなにを観て何を感じればよかったのか。。。雰囲気とか効果音はすごく好きな感じだったんだけど……だめだ、私にはハードだった。>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.4

友達にずっと勧められてて満を持してだったんだけど正直そんなかなぁ
いい意味での邦画感とオダジョーの色気はよかった。
とりあえずオダジョー……「殺すぞ」に完全ノックアウト。小学生が落ちるのも無理ない。
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

5.0

ヒトラーは真のカリスマだったんだなって……悔しいけどそれは紛うことなき事実。
あんな人いたら絶対着いていきたくなるもん。熱狂を煽る天才。
すごくよかった。いっぱい考えさせられました。

地獄の英雄(1951年製作の映画)

4.7

うわーえぐっ。ってかんじ。
人間の醜い部分、愚かな部分が存分に描かれていて響く言葉も多かった。
ストーリーが進むにつれて、たぶん平手打ちシーンあたりから、テイタムに対する評価が“自意識過剰な乱暴男”か
>>続きを読む

あなただけ今晩は(1963年製作の映画)

5.0

もうこれめっちゃ好きだ!!!!
コメディタッチでテンポよく進むドッタンバッタン劇。
娼婦だらけなのに性的描写ほぼなし。
最高にキュートなヒロインと頑張りすぎて空回っちゃう主人公、2人のすれ違い……まま
>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

4.5

他者を愛するのはなによりも美しいことなのに……。
心が震えた。傑作ですね。
それにしてもあのクソガキは絶対に許せん。年齢とか関係ない、正真正銘のサイコパスやん。

夜と霧(1955年製作の映画)

-

先月末に原作を読み記憶が新しいうちにと鑑賞。
映像が超えられない力が文字にはあり、同時に文字には超えられない力が映像にはある。と思った。
すごく短い(30分ちょい)のにものすごく濃い。
白黒とはいえ動
>>続きを読む

レベッカ(1940年製作の映画)

5.0

これこそまさに大どんでん返し。
片時も飽きさせない構成で私的ベストヒッチコック作品!(暫定)

>|