Masumiさんの映画レビュー・感想・評価

Masumi

Masumi

映画(1188)
ドラマ(36)
アニメ(0)

ブルー・バイユー(2021年製作の映画)

3.8

完全に自分が悪いんですが、寝不足で途中からうとうとしてしまい、途中の40分〜1時間弱くらい内容とんでます💦それでも最後のシーンでは涙がダダダと流れてしまった。子役の女の子の演技が上手いし、理不尽さに切>>続きを読む

ALIVEHOON アライブフーン(2022年製作の映画)

3.7

ドリフトは迫力満点で良かった
ストーリーはドラマサイズな感じ

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.7

グロ描写は目を伏せつつ鑑賞
噂どおりに怖い阿部サダヲ
表向き人に好かれるサイコパスだからタチ悪い
最後まで嫌〜なかんじ

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.6

SFとしては迫力あるけど、前2作の方がアクションはすき。
ストーリーはまぁまぁ。

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.7

派手なカンフーアクションに
カーアクション・バイクアクションに
アクションは十二分に楽しめる

オチはまたもや納得いかない

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)

3.6

イーストウッドが、ただただイケオジ。
マッチョは強かった。

ドリームプラン(2021年製作の映画)

3.8

スポーツ詳しくない私も楽しめた。

テニス選手になるってそんなにお金かかるのか...
娘の才能をを売り込む父ちゃんは強引だけどやり手だなぁ...絶対真似できないww
あんな変わった父なのに娘たち良い子
>>続きを読む

私のはなし 部落のはなし(2022年製作の映画)

3.8

見えづらくて普段は気にしていないものの
根強く残る差別問題
血が汚い
なんて言葉を言えてしまう方がよっぽど汚いのではと思えてしまう、人間て怖いなぁという感情が強く残った

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.7

途中までは苦手な雰囲気だった。
手話のシーンで少し泣けて、そこからはまぁまぁ。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.6

主演の2人が美しい
吉高由里子の演技自然
展開は都合よく感じられるので、感動度合いで言えば弱め

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

4.0

なんとなくタイトルからライトな作品だと思い込んでた。...だけに、後半ショッキングで驚いた。
LGBTを美しく描く作品も芸術的で良いけど、ここまでリアルに苦悩を描いてる作品は初めて観た。
キャラクター
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

3.6

エキセントリックすぎて驚いた
女優2人の力量が凄まじい
対してジャニーズの人が正直魅力不足に見えてしまった...
そのせいで違和感がずっと拭えずハマれなかった

恋は光(2022年製作の映画)

3.8

舞台挨拶で。思ってたより全然良かった。文学的で哲学的。観てみたら納得の世界観。普段恋愛映画苦手な人でも楽しく観れそう。
何しろヒロインみんな可愛いし主人公も良い奴だから、展開にハラハラして最後泣けてし
>>続きを読む

ボブという名の猫2 幸せのギフト(2020年製作の映画)

4.0

一作目から更にコミュニティが大きくなった感じ。ボブを通じてつながる優しい人たち、皆素敵。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

肩乗り猫ちゃん、可愛すぎてキュン!
辛い依存症を乗り越える過程がリアル
静かに寄り添ってくれるボブ、
ペットと飼い主を超えた絆に涙

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.8

舞台挨拶で観て幸せでした。
内容は想像よりは重すぎず、
だけど複雑。

素直な感想としては、万引き家族の方が好き。
だけど、台詞が予想出来過ぎるシーンで
どうしようもなく泣けてしまったのは
本当にうま
>>続きを読む

ユンヒへ(2019年製作の映画)

3.8

どんな話か途中まで理解してなくて
???だったけど
娘ちゃん可愛くて観れちゃう感じ。
最後に伏線つながり理解できたら泣けた
こんなに静かにじわっと感動した感覚初めて...
ってくらい印象に残る素敵なク
>>続きを読む

声もなく(2020年製作の映画)

3.7

画面作りは、ポスター・予告どおりに美しい。
役者陣も文句なし。
じわじわ怖いけど
少し笑えるシーンや
あたたかいシーンもあり。

傑作になれそうな要素はたくさん
だけどそこまで刺さらず残念
最後が少し
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.8

ミュージカル映画のまさに大王道な作品だった
登場人物が多いけどわかりやすい
すれ違いの合間に
サスペンス風味でドキドキ
衣装が全体的にオシャレで、特に双子の後半の衣装が好き

脇役っぽいけど、ウエスト
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.8

ただひたすらに絵面が美しい
ショットを切り抜いて壁に飾っておきたい

内容はあまり覚えてないけど、
目が大満足したから好き

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男(2019年製作の映画)

4.0

恐ろしい。テフロンがあんなに沢山の害を起こすと、今更色々知って鳥肌。

淡々としつつも、主人公弁護士の人柄もよく描かれてたから、後半の追い込まれる様子は共感して一緒に苦しくなってしまう。
巨大な利権と
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.7

ライトスタッフとかに比べたら地味というか硬い。でもピンチの際の冷静な判断力が何より大切と学べる映画。

くじらびと(2021年製作の映画)

3.7

とにかく命懸け
ダイナミックな世界観、画面越しでも心臓に響いてきました

私は白鳥(2021年製作の映画)

3.8

撮り続けた映像に、奇跡の瞬間が沢山

白鳥を自分に投影するほどのいれこみようは驚いたけど、きいてると共感しちゃう部分もあったり

余命10年(2022年製作の映画)

3.8

これ系がめっきり苦手になってたのですが、主演2人の組み合わせが美しくて気にはなっていた。二本立てでタイミング良く観れたのは嬉しい。

前半は予想範囲内で淡々と観てましたが、
後半、小松菜奈が家族に怒鳴
>>続きを読む

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

3.8

別れた後から始まり、出逢いまで遡る時系列。あったようで、(私は)このタイプの作品初めて観たかもしれない。
徐々に、甘酸っぱい2人のシーンが後出しになっていくので、鑑賞後の余韻は良い。

夜の水族館で踊
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

4.2

期待しないで観たら、めちゃくちゃ好きなタイプで久々にときめきすぎた=͟͟͞͞(๑º ロ º๑)
◆オープニングから太刀捌きカッコいい‼︎‼︎
◆と思ったら天才的理系男子‼︎⁉︎⁉︎キュン‼︎‼︎
(理
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.6

うーん、、、イマイチはまらず、、、
ソーは一作目が大好きだけど、監督違うんやね

クリスチャンベイルだからか、悪役の顔が可愛らしく観えちゃった、その印象しか残ってないw
悪役が憎めないのは良い感じよ

エルヴィス(2022年製作の映画)

3.7

名前と派手な衣装と髪型くらいしか知らなかったプレスリーを知れた貴重な体験!

個人的に、このての音楽伝記映画はたいていハマれないんですが、その中では今作まぁまぁかなぁ
眩いばかりの才能が溢れ出してた

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)

3.6

華やかさの裏側。
実話だけに現実の人間の欲望の果てがありありと知れる感じ。

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.7

とおしてちゃんと観たのは初めて...
特撮の原点と思えば、ゴジラのアップも可愛く見えます。
怪獣映画を大人が観てリアリティたっぷりなテーマで作っていることも改めて凄いよなぁ

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.6

初・シネリーブル、迷いました。
完全にレオ様見たさだったから、レオ様出てくるまでが長すぎて少々だれました...が
黒人主人公でこの展開はめちゃ斬新。
それでも夜は明けると二本立てにしたい。(ぇ)
最後
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.7

映像的にはめちゃくちゃ素敵。アクションにつぐアクション、アクション、派手派手アクションを堪能できる...!!
主役はライアンゴズリング様だし
ヒロイン陣お二人とも可愛らしすぎる‼︎
※一部ブレードラン
>>続きを読む

ブラックボックス:音声分析捜査(2021年製作の映画)

3.8

音に、耳に、全神経を注ぐ濃密な時間

スピーディーに二転三転していく感じがドキドキ
こんなフランス映画カッコいい‼︎

わたしには瞬時に理解追いつかなかった部分時々あり少し悔しかった。
いつか再チャレ
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.7

普通に生きてたら理解しづらい世界。
それは突然訪れるかもしれない世界。
たしかに初めは絶望して落ち込むだろうなぁ....
そしてそこからの障害の克服の仕方が斬新。
治すのではなく、自分が変わる。
様々
>>続きを読む

>|