mayaramuさんの映画レビュー・感想・評価

mayaramu

mayaramu

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.8

なんとも不思議な映画。

ちょっとの会話の違いで結果が変わって行く、2通りのストーリー。
かたや大失恋、かたやハッピーエンド、なんて派手な展開はなく、人生そのものを変えちゃう訳ではない。
このくらいの
>>続きを読む

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

3.9

スポーツによって差別を乗り越える、よくある王道ストーリー。
それでもやっぱり感動🥲
王道ってほど映画が作られてるのに、その度に感動を呼んでるのに、差別は未だになくなってないんだって事o(`ω´ )o
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.0

中世が舞台の映画には苦手意識があったけど、見始めたらあっという間。
鎧や剣、城やドレス、設定や身に纏うものは中世だけれど、語られる事は現代そのもの。
3部構成ってのも見事✨✨

あまりの衝撃に頭の中を
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.8

ついついストーリーやキャスティングにばかり目が行くけど、それも音楽あってのもの。
そんな事を今さらながら実感。

むかし観た映画をもう一度観たくなった。
もちろん、まだ観てない映画も🎬

嵐の中で(2018年製作の映画)

3.8

何を犠牲にしても娘はあきらめらめない。
そこに納得。
面白かった^ ^

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

美術品を愛するあまりなんだろうけど、
競売人という立場を利用して買い占め、
なおかつ(だからこそ?とも言えるが)それを秘匿している主人公には全く共感出来なかった。
もちろん自分のお金で買ったもの。
>>続きを読む

私の知らないわたしの素顔(2019年製作の映画)

-

WOWOW録画

自分を偽って愛されてそれを納得出来るんだろうか…( ̄^ ̄)
それを言ったらおしまいだけど。

意味不明と思いつつ見ていたけれど、最後の最後で少しだけ、ほんのちょっとだけ、理解できる気
>>続きを読む

ジョーンの秘密(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

WOWOW録画

ジョーンが広島と長崎の映像を見て決心する場面に震えた。
実話だから、自己正当化や記憶の改竄もあるかもしれないけど(・・;)
研究室の皆が拍手をする場面があっただけに、ジョーンに肩入れ
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

WOWOW録画

「最強のふたり」監督作品と、ポスターのブリュノとマリクが笑顔で歩く姿につられて鑑賞。
最後一発逆転!政府の鼻をあかして爽快!と言う展開を予想していたけれど、実話という事で淡々と話がす
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.0

こんなふうに続いて来た、
そしてこれからも続いていくのか…
憎悪の連鎖。

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.8

WOWOW録画

後半から一気に引き込まれた。
戦争は人を狂わせ、与えたその傷はどこまでも癒えることはないのだ、と当たり前の事実を思い出した。

現在のドイツは葬り去りたいだろう過去(歴史)に向き合っ
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.6

バンクシー監督作品。
「バンクシーってだれ?展」を観に行く予習のつもりで観始めたけど、全く勘違いだったかも…バンクシーの作品を深く知る為の映画のように思い込んでいた。
いや、MBW、彼自身がバンクシー
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

-

2年ほど前にオリジナル版は鑑賞済み。
なので、どうしても比較してしまう。
いわばワンアイデア💡で勝負の見事さが光っていた作品だった。

こちらはセットからして豪華になってるし、ジェイク・ギレンホールだ
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

3.8

「サマー・オブ・ソウル」つながりで。

あまりに有名なMotownだけれど、初めて知る事ばかりだった。
創設者のベリー・ゴーディがともかくすごい人✨✨
彼が存在してなければ…モータウンを創設してなきゃ
>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

4.2

音楽がpersonalなものとして楽しむものでありながら、同時にsocialな力を持っていると信じられる映画。

ライヴ映像は素晴らしく、ここにもたくさんたくさん熱いレビューがあって読み始めると嬉しく
>>続きを読む

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

3.7

昔々、テレビの深夜放送で観てものすごくドキドキした憶えが…

今見たらそうでもないかも…と期待値を下げていたけど面白かった♪
私が憶えていた場面はほぼ最終部分であったことが判明😅
そこに至るまでのあれ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.7

父親の愛人との恋愛なんて卑近なお話?と軽い気持ちで見始めたけれど、思いがけない着地。
ちょっと気を抜いてたけどもっと集中しておけばよかった(・・;)

とても面白かった♪

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

好きなもの、夢中になれる事があるってそれだけで最強の人生⭐️
世界が広がって自分自身も大きくなれる…はず。
家族という小さな世界も捉え方次第で広げることは出来る。

冒頭の兄との関係性にはビックリだっ
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

しみじみといい映画だった。

物語は淡々と進んでいく。

何も事件が起きない訳じゃなく、むしろチャーリーにとって人生を左右するような事件が起き、次々と不幸が押し寄せて来る。
それでもなぜか静けさを感じ
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メーテルリンクの"青い鳥"のように、求めるものは実は目の前にあった、という事なのか?

でも青い鳥も探しに出なきゃその尊さが分からなかったように、
25番ネガを探しに出たからこそ、手に入れたものは多い
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

予想を裏切りすごく面白かった。
ここ、笑っていいとこ?
と思いながら笑わずにはいられない(・・;)

生きてる内には、辛いことも悲しいことも怒涛のようにやってくるけど、
それでも腐らず、大事に思える人
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

戦争場面から始まり、最初から衝撃。

誰にとっても戦争なんて嫌なもの、終わって欲しいものなのかと信じていたけど、そうだよね、利用する人間だっている訳よね。

あらすじを読み、コンゲームの爽快感を期待し
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

難解とは聞いていたけれど、その予想をはるかに超えて難しい(o_o)
「考えるな、感じろ!」みたいな台詞もあったし、予習の動画配信なんかでも聞いていたので、理解はあきらめてただただ楽しく鑑賞^o^

2
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.6

映画館鑑賞に向け、Spotifyで予習万全だったけど、結局コロナ禍で断念。
映画館で観ていたらまた違った印象だったかも。
大きい画面と迫力の音響で観たかったかな…

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終盤、農場主たちに蜂起する場面は圧倒される。
(他の黒人達に比べればまだしも)優遇され、妻や母親、幼い娘のことを考えれば現状に甘んじる方がずっと楽なはず。
辛い事は多くても、幸せを感じる事もその後たく
>>続きを読む

>|