しちれゆさんの映画レビュー・感想・評価

しちれゆ

しちれゆ

映画(28)
ドラマ(0)

ラブレス(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まずジェーニャが強烈、自分の生んだ子供を愛せず夫を憎み口汚く罵る。早く愛人と暮らしたい。子供を小突き(一応朝食は準備しているようだが恐らく不味いんだろう)冷淡に突き放す。

意外だったのは彼女の愛人が
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スーザン・サランドン、ナオミ・ワッツ、エル・ファニング…贅沢な映画だなぁ、そしてこんなに素晴らしい女優たちを揃えているのに勿体無い。

トランスジェンダーのレイ、その苦悩を差し引いても自分のことしか考
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

‪メリル・ストリープ演じるキャサリンは最初はベトナムに出兵させられた‬若き兵士を思いその命が無意味に消えていくことを憂う。始まりは愛する恋人や息子を戦争によって連れ去られた女達への個人的で私的な共感だ>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

列車内ノンストップアクションには面白い作品が多い。

リーアム・ニーソンの不死身さと最強の身体能力に笑った!60歳の設定・・💦(本当は64歳)

アオりまくりの音楽に乗ってな~んにも考えず楽しみましょ
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.8

シャーリー・マクレーン素晴らしかった!
ビジネスで成功し裕福に暮らしているが嫌われ者のハリエット、その高圧的な様子が私には好もしかった。彼女にはそれだけの能力や頑張りがあったのだから回りが無能に見える
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

本当に『物語』というのがぴったりな不思議な味わいの作品。愛は水のようにかたちを変えられるという寓話なのだなぁ。

外側から見たら幸せではないイライザが堂々としていて、超レイシストのストリックランドに手
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.2

アルツハイマーのジョンと末期ガンのエラ、2人は夢を叶える旅に出る。南へと旅をする中でエラはジョンに苛立ち怒り、そして辛い事実をも知ってしまう
2人が旅をするのは″Leisure Seeker″という古
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

末井昭氏の若き日の自伝の映画化とのことだが実は氏のことは全く知らない
『写真時代』という雑誌はうっすらと知っているような・・
『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督作品なので見たいと思いました

昭和40
>>続きを読む

ある愛の風景(2004年製作の映画)

3.9

「取り返しのつかない罪を犯した、お前の傍にいるためにな!」と叫ぶ夫ミカエル
ラスト 刑務所にいるミカエルに面会に行くサラ、ここに再び新しい生を生きなおす希望を見せて物語は終わる

サラ役のコニー・ニー
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.6

モードとエベレットが結婚式を挙げた夜、ベッドの横で抱き合い身体を揺らし(ダンスし)ながら、「私達は履き古した靴下みたい、片方はのびてヨレヨレで、もう片方は傷んでボロボロ」と笑いあう2人
モード「あなた
>>続きを読む

女の一生(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

貴族の娘ジャンヌは子爵ジュリアンと17歳で結婚、夫は彼女の乳姉妹ロザリを身ごもらせ友人夫妻の妻とも関係を持ち殺される。最初は2人の間には愛があり愛しそうにジュリアンの顔や髪を触るジャンヌの顔は幸せに満>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.6

カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品
負傷した兵士が女7人が暮らす寄宿学校に運び込まれる。
厳格な学校長・実は違う世界で生きる事を希求する教師・ビッチな生徒の3人がこの伍長にムラムラしてどうにか彼をモノにし
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

本当は誰とも繋がっていなくても 繋がっていると思い込むことが出来る2018年という今。でもこの作品の1990年代の高校生たちはリアルに人と繋がるしか孤独を埋める術がなかったんだろう。

「愛されたい」
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.8

気持ちもモフモフになる素晴らしい作品💕
パディントンが入れられてしまった刑務所のピンクの囚人服良かったなぁ!ピンクの力❗️
そしてパディントンと、囚人だけどシェフをしているナックルズが段々心を通わせて
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

松岡茉優 最高なコメディエンヌだ❗️

彼女の才能がバクハツしてる!
&
ヨシカの妄想もバクハツしてる!

そして私はヨシカのことをイタいなんて全然思わない!

静かなふたり(2017年製作の映画)

2.1

【パリ5区、カルチェ・ラタン。謎めいた古書店で、わたしは《 彼 》と出会った。】

という日本人女子を魅了するコピーであるけれど。

静かなふたり・・静か過ぎるふたり・・・72歳と27歳
主演ロリータ
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.4

『羊の木』を見た翌日に鑑賞、つい両者を比較してしまうけれど、前者はより映画的、後者はよりドラマ的な展開。映画は何にも起こらないことが許されていて それでも観客は「何も起こらないけど意思とかあるんだろう>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.8

吉田大八監督にしてはラストどうしちゃったの?! のろろ様に丸投げではありませんか!😩
松田龍平の怖さと北村一輝のチンピラ感がみせます。サイコパス好きな私としては松田龍平扮するサイコパス宮腰の描き方が物
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.2

これでもかと地球を襲う寒波・熱波・洪水・地割れ・竜巻、逃げ惑う人々
気象コントロール衛星が暴走しジオストームが近づいて来る。この映像に圧倒されるがウイルスを仕掛けて アメリカに地球に君臨しようとする人
>>続きを読む

イン・ザ・ベッドルーム(2001年製作の映画)

4.0

18歳のフランクは年上の恋人ナタリーの夫リチャードに射殺される。リチャードはろくでもないDV野郎だったけれど彼は彼なりにナタリーを愛していたのです。仮釈放中の住まいに飾られていた仲がよかったころのナタ>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.6

皆さんが言っている通り「面白そう!」と思わせる秀逸な予告に騙された。そしてサスペンスだと思ったら恋愛ものでした。陳腐感…😔松たか子の主題歌も恋愛初期のポエムな歌詞で引いた・・歌声は素晴らしい!
そして
>>続きを読む

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

まだ見ぬ楽園を求めてタヒチへと旅立ったゴーギャン…「楽園」という言葉には何やら私たちの心をざわつかせる魔法がある。
しかしですね~何も起こらないんだな~これが!ただただテフラをモデルに絵を書き続ける日
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

-

サスペンスとしても母と子の物語としても面白い。9歳まで両親に愛されて幸せな日々を送っていたかに見えたルイ、心の中では母親の気持ちを推し量り両親の不仲に傷ついている。もう少し大人になるまで無事であったら>>続きを読む