ちさんの映画レビュー・感想・評価

ち

いろいろ見る外に出たくない美大生。
最近はAmazon prime video中心。

ノイズ(1999年製作の映画)

2.5

相変わらず短髪が似合うシャーリーズセロン。羨ましい。
結末を見て、いやそれなら最初からそうしろよ!?ってびっくりした。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.9

かあーーー!救いがねえ!!!!シリアスサイコミステリーの最骨頂!!!!

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

登場人物皆んな馬鹿すぎて、なんでそんな事しちゃうの???と、とてもイライラした。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.1

映像演出とか画面構成、美しい色彩、とかに興味のある映像専攻みたいな人はより楽しめる気がする。けれど、ストーリー重視の人は一々間合いが長くて途中で?ってなる作品だと思う。私は途中で飽きてしまったし、オチ>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

コン・ユ作品はコーヒープリンス以来だけど相変わらずイケメン。集団ヒステリーの怖さが身にしみる。

スパイダー パニック!(2002年製作の映画)

3.5

嫌いじゃない。難しい事は考えず脳みそを空っぽにして見ればそこそこ楽しめる。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

堺雅人と高畑充希の元々の持ち味が役に妙に合ってて本当に夫婦のようだった。流石、朝ドラ女優と大河俳優だけあると思う。

夫婦の日常を垣間見てる感じがこそばゆかったから、一緒に見る人が異性だと気まずいかも
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

小栗旬の演技は良かったけど犯人の演技がなんかくさすぎる。もうちょい。

アナスタシア(1997年製作の映画)

3.7

初見は幼少期。ひたすらに追いかけてくる魔法使いが小さい頃はトラウマだった。今見ても若干ザワザワする。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.3

海外のホラー映画のようなアップダウンな展開がなく淡々と進んでいくので、ちょっと作品に釣られてボーッとしてしまうと重要な点を見逃してしまう系の作品。

ある程度まで話を盛り上げておいて、最後の最後で微妙
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.2

自分の世界や生き方はこういうものだ!と思い込んで生きたくないなあと思った作品。変に意識を高く持つと言うより常に大切にしたい事を横目に見つつ、新しい考えや知見に触れる機会を持つと自己の世界は途端に何かし>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.3

なんとなくオチは読めつつ視聴。王道ストーリーだけど、神秘的なハワイ系?の神話と海の綺麗なCG表現がかなり合っていてそこだけでも見応えがあったと思う。あと、千と千尋の湯婆婆を担当していただけあって夏木マ>>続きを読む

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

4.0

人間の三大欲求、性欲、睡眠欲、食欲。前者2つは満たす方法が限られてくるけど、食欲に関しては自分は勿論、他の人の分も満たすことができる。

大切な人に美味しい物を食べさせたい、美味しそうに食べる姿を見た
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

秒速五センチメートルのオチが嫌いで新開誠のシナリオ嫌いになり絶対に見るもんかと思ってたけど、シナリオはプロデューサー監修との事で地上波で視聴。普通に面白かった。だけど両思いになる過程が浅いなあと思った

>|