atagiさんの映画レビュー・感想・評価

atagi

atagi

マーウェン(2018年製作の映画)

3.7

ゼメキスらしい愛がある脚本による、1人の人物が自分の信じる物をピースに、苦難やハンディを乗り越えていく姿は、とても綺麗な物語だった。

過去のゼメキス作品に、というかBTTFのフォーマットに寄せている
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.1

しっかり作り込まれた良質なSFだったなぁ。
重厚な音楽も無機質なビジュアルも統一されていてグッと入り込める。

大きな風呂敷を広げてしまいそうな設定や世界観ではあるものの、不適合者としてバレないために
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.2

オープニングが早速ズルいわ、、!
こんなのテンション上がらない訳がない。

IMAXの音響をこれでもかと活かしたエンジンの轟音が最高だったなぁ。
ストーリーのフォーマットはほぼ1作目と同じにしつつ、グ
>>続きを読む

マーベル・ワンショット:エージェント・カーター(2013年製作の映画)

3.5

分かりやすくて世界観を守りつつ楽しめる。
流石のコンテンツ力。
ビキニ、、も味わいがある笑

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.3

言うまでもなく名作だよなぁ。
テーマソングが流れるタイミングも毎度最高で、毎度涙が出てきそうになる。

コメディテイストでありながら当時のゲルマン人への皮肉がしっかりと込められた、演出やセリフもよくで
>>続きを読む

五福星(1984年製作の映画)

3.4

福星シリーズで一番ジャッキーの見せ場が少ないかな?
とはいえ中盤のローラースケートで高速道路のカーチェイスは一見の価値あり。あのシーンのために壊した車の量とか予算の使い方が凄まじい笑

悪役にジェーム
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

3.7

ドニー・イェン流のGTO

この手の学園妄想青春ストーリーって日本の漫画文化独自の脚本かと思っていたけど、香港にもあるんだな。
日本で散々擦られたパッケージだけど、ドニー・イェンのアクションが入ること
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

オムニバスドラマみたいにサクッと見れてよかった。設定もわかりやすいし、バタバタし過ぎないゆるいコメディタッチでとても見やすかった。

渡辺えりさんのドアップは流石に吹いてしまった。

エライザちゃんの
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

4.0

公開日翌日ぐらいに見に行ったのだけれど、ぶっちゃけ複雑な気持ちだったのをよく覚えている。

映画としては普通に面白かったし、濃厚でフレキシブルなストーリーにも心が躍った。
一方で、ついにDissey
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.5

歳も取り、肉つきも少し良くなったジェイソンボーン兄さん。
序盤のバイクチェイスからラストの装甲車とダッヂでのチェイスなど、映像の迫力は流石のもの。
デジタルサポートのキャラの役割がケツアゴのジュリア・
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

3.8

ハリーポッターを子供の頃に見て育った大人たちが映画館で見てもちゃんと楽しめるエンタメ作品。前作ほど政治色や歴史色が薄くなった分、ライトな魔法エンタメとして、初期のハリポタシリーズに近いかなと感じた。>>続きを読む

ダーティハリー4(1983年製作の映画)

3.6

シリーズも4作目になると何かスパイスがってことで、ワンコが登場したり、オートマグナムを使ってみたりとスパイスが加えられてる。

最後の遊園地のシーン、中学の時にみてめちゃくちゃ印象に残っているんだけど
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.6

前から断片的にBS放送で見てたりしていたが、しっかり見たのは初めて。
本当に素晴らしい作品だった。

作品通してイーストウッドから放たれる色気と魅力が凄まじい。銃を構えた時の眼光の強さは、これはダーテ
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

1.0

あんまり酷評はしたく無いけど久しぶりに見たドイヒーな作品だった。

ストーリーはなんのカタルシスもない、人魚姫のトレース。今この時代に人魚姫をやる拘りやリスペクトも感じないので、本当に見ていて何も心に
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.8

アラブの雰囲気が大好きなかつ、ケネス・ブラナーのオリエント急行の作風がハマった自分には映像を見ているだけでも充分な作品だった。

原作がある物だから仕方ないけど、アラブの設定を活かした殺人のギミックが
>>続きを読む

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

3.8

これが80年代最後の超ド級の脳筋アクションや!!!
戦車にヘリ、爆破、爆破、爆破でアドレナリンが出っ放し。潤沢な予算を使って撮られたひたすら派手な映像を楽しむ作品。
ストーリーや細かい設定やツッコミど
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.1

ある種の勧善懲悪エンタメ映画として描かれていたロッキー4の設定を絶妙に活かしたアツいドラマ。
アポロの息子として求められるストーリーを、お馴染みのロッキーシリーズの展開に上手くハメ込んでいる。
やさぐ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.2

音楽映画の枠組みでありつつ、とても良くできた脚本の映画だった。
コンテストの経過とともに進むシンプルな構図だけれども、その中で天才たちのせめぎ合いと、関係の変化がとても綺麗に描かれている。

正直、こ
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.0

1作目のロッキーを彷彿とさせるストーリー展開。ロッキーファンなら感慨深くなること間違いなし。
かといって近年にあるような往年のファンだけに向けたムービーではなく、この作品だけを見た人でもスポーツドラマ
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.8

ロッキーの6作目として、最後のリングとして申し分ない作品だった。

復帰モノのストーリーとしては定番中のど定番だけども、ロッキーに求めているのはやはりこういうシンプルさであるし、最後に血と汗の中での清
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.5

途中まではドラマとして好きだったし、エイドリアンの叫びで諭されるシーンはグッとくるものがあっただけに勿体ないなぁ、、

実の息子との親子シーンも別にそこまで悪いとは思わない。
けれども4までリングに立
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.0

実は2,3,4はちゃんと見たけど1はテレビで終盤を見たことしかなかった1作目。

問答無用の名作なので、展開は説明不要の良作。
これはロッキーシリーズに基本通ずるけれど、前半でしっかり人間ドラマを描き
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.7

なるほど、これがスピルバーグが追い求めていた結晶なのか、、!
楽曲1つ一つに込められた色彩使いや、照明やカメラワークの拘りが凄い。とにかくスピルバーグのこの作品への愛を感じる。
ミュージカルパートのな
>>続きを読む

>|