美空ーめんさんの映画レビュー・感想・評価

美空ーめん

美空ーめん

劇場鑑賞も、DVDで観たものも記します。

主にミュージカル・音楽映画、ディズニーアニメーション、
ラブコメディ、ヒューマンドラマ等。
話題作だとSFやスパイアクション物も観ます。

邦画は好みの俳優さんが出ているものだけ。

※ディズニー長編作品はほとんど鑑賞済みですが
評価基準がブレるので、一番好きな2作品と
劇場で鑑賞した作品以外記録つけていません。

映画(274)
ドラマ(0)

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

なんだこりゃ!!!!!
いろんな意味でぶっ飛びすぎだ!!!

映画館であんなに腹よじれるほど
声出して笑ったのはどれくらいぶりだろう
周りの人もみんな噴き出してた

とにかくハックス将軍がやばい
ハッ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

これは間違いなく、スーパーハートフルファミリー映画。。。

観客に優しい。。。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

ストーリーは良い意味で予想通り。

期待を裏切らないクールな音楽と

長時間でも飽きの来ないCG。

私たちが知っている、ダサかっこよさ。


139分間、一秒も止まらずにワクワクしていた。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.4

綾瀬はるかがやヴぁい。
そして北村一輝はもっとやヴぁい。

近年、"映画"や"舞台"そのものを題材にした作品が多くなってるけど、
こんなに多様性がありキメの細かい作品は他にない。

見せかけはファンタ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

「そうでなくっちゃ!」と期待通りのオープニングから、想像を越える怒涛のミュージカルへと誘う

19世紀のアメリカの町並みは
東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントを思い起こさせて、
淡く滲む
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

2.3

土屋太鳳ちゃんの体当たりな演技に拍手
お芝居に対する敬意ある姿勢。

真っ直ぐで男勝りなキャラクターのはずが
あのハイトーンボイスと、うるうると揺れる瞳では
どうしてもお嬢様キャラが抜けなくて
人物設
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.4

映像的な迫力のみならず、しっかりした人間ドラマが軸になっているからかなり見応えがあった。
B級災害モノかと思いきやとても手の込んだ丁寧な作り込み。

クライマックスは皆が同時に息を飲み、客席の一体感さ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

大きな展開が何個も詰め込まれすぎていて
もったいないとさえ感じるほど勢いのある仕上がりでした。
さすがにここでクライマックスだろ!
ええ、まだ続くの?!えええ、さらに転ぶの?!!
そんなこんなであっと
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

2.3

こいつら戦いたがりすぎだろ!!!
んでヨガほぼ関係ねえし!!!!

序盤わりと難しい凝った話なのかなと思ったら
淡い期待も虚しく、
狼でてきたあたりから安定のベッタベタのはちゃめちゃで安心しました。
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

2.6

尾野真千子さんの自然体で奔放な演技は彼女にしかこなせない、彼女だけの魅力。

今作は前半が過激なぶん、
クライマックスが意外とあっさり?

でも今回は高田さんが割と面白いシーンが多くて嬉しかった!
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

2.8

一つだけ言えることは
この映画を見て探偵になりたいと思う奴は
絶対にいないってこと

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

原作未読、予告等も予備知識一切無しで観ましたが
素晴らしいのひとことでした。

豪華で壮大な映像美に包まれて
主人公エルキュール・ポアロの人柄がとにかく魅力的にうつります。

お茶目で風変わりだけど人
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

3.8

ガルちゃん最高
彼女以外も全ての登場人物が魅力的。
主人公夫婦はことごとくおバカでどんくさいけど、二人ともちゃんと武器になるものがあって素敵

この手の騒がしいコメディは本当に大好き
なんて言うべきか
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.3

中盤までは完全に自分の子供の頃や母親の姿に重なり
痛いほど刺さりまくりました。

ただ、複雑な家庭環境のもとに育ったからと言って
必ずしもその人が不幸で孤独を抱えていたり
はたまたその全員が全員、
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

2.7

割と好きかも

クライム映画にしてはパンチ力弱すぎるけど
リアリティのある生活感と残念なおっちゃん達。
この気だるさが私にはほどよく合っていて
リラックスして観れました。

もうとにかくアダム・ドライ
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

2.7

フランス映画独特の後味の悪さというか、
どこかすっきりしないモヤっと感。
例外なくこの作品も。(^_^;)

どう考えても理不尽だったり
解せぬ言動(それがフランス流のオシャレなのかは分からない)とか
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.4

美術館に入って端から端までゆっくり観て歩いたような、芸術のような映画でした

3時間弱とかなり長いのだけど、
その長さを感じさせなかったのは山寺さんの吹き替えによるものか、
それとも。

冒頭から全体
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.4

行ったことのない場所へ連れていこう。



はじまりから

「インターステラーだ!」

ただひたすら好奇心だけで、途方もなく広がる宇宙に足を踏み入れたような
これでもかと想像力を駆り立てられるこの感覚
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

2.7

難しい昔の言葉ばかりだし、
皆さんせっかく良い声なのにかなり早口で、
バカな私には台詞がほとんど聞き取れず
聞き取れても理解出来ず
苦しかった………

外国人が日本の時代劇を観る感覚ってこういう感じな
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

動物系映画に耐性がなかった私は自分の準備の甘さを深く反省しました。
ポケットティッシュ二袋じゃ足りなかった。
箱ティッシュ…いや、
ノーメイクで、バスタオルと保湿クリームを持って行くべきだったかも。
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

2.5

ストーリーもまあまあ、笑いもまあまあ。猫の可愛さもまあまあ、感動もまあまあ……。

ぶっちゃけ猫よりも
娘ちゃんと奥さんの方が可愛い!!!

言わずもがなB級コメディなんだけど大爆笑というよりは
常に
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.6

カタブツ役の演じ手としては右に出る者はいないコリン・ファース様だけど、
ここまでイライラしたのは初めてだったwww
女性目線だと後半の彼の態度は、
痛い目見ろって思ってしまうくらいにかなり腹が立つ。
>>続きを読む

ダメ男に復讐する方法(2014年製作の映画)

3.3

もっとド派手でクレイジーでアメリカンな復讐の仕方だと予想していたけど
きっちり確実に仕留め上げていて良かった。
カーリーが真面目で頭も切れてカッコイイだけじゃなく
内面的な部分もピュアですごく「良い人
>>続きを読む

>|