めっちさんの映画レビュー・感想・評価

めっち

めっち

映画(538)
ドラマ(0)

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.5

"時として誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げる"

戦時中のエニグマ解読よりもマイノリティへの差別を描いた作品
"普通じゃない特別な人"は自分であり他人である

マジョリティでない
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.5

依頼主もモデルも不明な謎の絵
内容はフィクションながら色彩や光、序盤の野菜を切る場面はフェルメール絵画のよう

スカーレット・ヨハンソンが綺麗

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.2

思ったより重い話
恋人が病気だったらどうするか?
アン・ハサウェイのくるくる髪型◎

クロワッサンで朝食を(2012年製作の映画)

3.0

母親、夫、子供が手を離れた1人の女性の今後
フリーダは感情的だけど情も厚い
故郷が同じ、1人の男性の共有…共通点がアンヌを受け入れさせたのかも

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.7

ストーリー構成★★★

富裕層と貧困層、地上と地下
分かりやすく両者を分断し、2つの層が邂逅した後の思いがけない展開
韓国の社会問題だけでなく世界情勢を反映した作品

階段、匂い、灯り、雨、窓…
匂い
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

3.5

主人公のファッションとメイク💄
・水色のアイシャドウにピンクのリップ、跳ねた黒のアイライン
・赤のセーターに緑と赤のチェックスカート、青のタイツとベレー帽

カップルが喧嘩する話
"怒"と"悲"でもど
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

"男のような"女性ヒーロー
ロマンス要素を一切挟まず、肉体的にも精神的にも強い女性が当たり前に描ける時代

フューリーの過去話としても面白い
スマパン、TLC、HOLE……90年代音楽◎
🔹🐈

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

主役3人の演技力を観る映画
最初はアビゲイル、途中からサラの立場を弱くする→悪役の逆転が面白い
サラの行動は女王への愛を裏付けていて切ない
ラストの女王が1番貫禄を感じた
兎の意味:所詮アビゲイルは愛
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

4.0

アンジェリーナ・ジョリー★★★
BGM★★

女が逃げる側の珍しいカーチェイス
展開が多くて面白い
続編がありそうな終わり方(無いけど…)

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.2

大事な人に対して、日頃から心残りの無いように接しなければならない
ホラーではなくヒューマンドラマ

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.0

退廃的なバンドとグルーピー、記者の少年
有名人への夢と現実
母親とレスター(現実)が合間に挟まるのが良い

印象的なシーン:
ウィリアムとペニーの目
ウィリアムの母親とラッセルの電話での会話
ペニーの
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.2

ゴーストというより妖怪か怪獣的な造形
ビル・マーレイが若い

悪役マシュマロマン🌝

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.5

ピアースとテズの初登場回
楽しいカーチェイス🚗🚓
出演者の(年代的な)服のダサさが逆に良い◎

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

3.2

美男美女カップルで現実味が薄い
キャメロン・ディアスのスタイル◎

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

2.7

話の展開と結末が判りづらい
調子に乗って周りの人を粗末に扱うな、ってこと?

キャメロン・ディアスが珍しく怖い役柄

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

タロン・エガートンの歌唱力★★★
ミュージカルの演出が良い◎

父親と母親から愛されない・有名になっても孤独なシーンは観ていて辛い
この経験がスターを生んだと思うと複雑

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.7

マイケルがドン・コルレオーネになるまで
マフィアものだけど残酷描写は少なめ

有名なテーマ曲

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

役者の演技★★★
セリフが無い中、表情・身振り手振りだけの演技
出産〜誕生までのシーン🤭
終わり方が良い◎

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

3.2

最初は女同士の醜い争いがテーマかと…
けど結局は彼氏(夫)より女友達の方が気持ちや感情を理解し合える

"式直前の1ヶ月は2人が協力して問題を解決できるか、試される期間でもある"

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.2

テーマ曲がカッコ良い
権力者によって酸素を管理される世界
SFと見せ掛けたバイオレンス映画

鼻の穴に棒を突っ込んだり女装するシュワちゃん
ラストはクエイドなのかハウザーなのか

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.7

炎と爆発シーンがリアル(実写かCGか)
ストーリー構成◎ミステリー要素あり
消防車の上であんな事やって大丈夫?

エンディング
Bruse hornsby & the Range "Set me in
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

ギリシャの青い海とABBAの歌
前作よりも ストーリー<歌 な構成
メリル・ストリープが終盤にしか出てこず残念

シェールが若く見え過ぎて祖母役に違和感

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

ボウイ"Space Oddity"
グリーンランド、アイスランド、アフガニスタンの景色…その瞬間を味わう
旅行したくなる映画✈️

LIFE社のスローガン◎
"世界を見よう、お互いを知ろう、それが人生
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

"ムダな才能は人生のある所で役に立つ"

ゾンビ映画の良いところ詰め込み
ストーリー<ド派手なアクション
強い美人達◎脚の代わりの銃🔥

タランティーノの役どころ😂
昔のフィルム映像のような画面加工が
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.0

科学の進歩への警鐘

見どころ:頭パーン、兄弟対決の顔芸
最後は兄弟が合体したということ?

レボック役ジャック・ニコルソンかと思った

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

映像美★★★
宇宙人の造形★★★
好きな世界観だった

オープニング ボウイの曲と映像が良い
チャラついたデイン・デハーン、芯の強いヒロインのカーラ・デルヴィーニュ、リアーナのダンス
キャストの良さ◎
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

3.5

前作とのクロスオーバーが良い
2015年の描写が面白い(当たってない感)
今のSF映画の未来描写も全然違うのかな?

ネタの引っ張り過ぎ感とリアクションのくどさが気になる…

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

美術★★★

ズル賢いイメージのキツネ🦊が野生の本能に従った結果、人間と戦うことになる話
拗ねた息子と天才の甥の関係◎

動物達が可愛い
人間時間とキツネ時間は違うのね

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

"正しいことと親切なこと、選ぶなら親切なことを"

みんな悩みがあって闘っている
"その人を知りたかったらよく見ること"

子ども達が皆可愛い
友達が出来て嬉しくてはしゃぐ
弟のことを想って良い子でい
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.0

未来への警告

ブラッド・ピットの演技★
ヒロインが終始騒ぎ過ぎで鬱陶しい…
整理して観ないと難しい

古畑任三郎のテーマ曲みたいな音楽

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

強さと意志がないと生き残れない

ネイティブ・アメリカンの問題
閉塞された土地に追いやられた人々
鬱憤はいつも弱い立場に向く

忘れずに苦しみ続ければ死者と共に生きられる

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

4.5

クソ親父が家族の再生のために奮闘する話

ウェス・アンダーソン独特の間
会話劇の中の微妙な表情を映すのが上手
絆を取り戻す過程が優しい

"口論し、叫び、ケンカして素晴らしい日々だ"

ラストのお墓😂
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

ケヴィン・スペイシー★★★

後半に掛けてからの展開のスピード感
歩き出してタバコに火🚬のシーンが良い

Kobayashiの名前が面白い

マッドマックス(1979年製作の映画)

2.5

警官vs暴走族
悪役がクズ過ぎて受け付けない…
怒りのデスロードより何倍もエゲツない

マックスのライダースーツがカッコいい

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

レンとレイの繋がりの意味
レイの出自の秘密
エピソード9はレンに焦点当てた回として良かった。レイアの想いが報われた形◎

若干のご都合主義はご愛嬌
昔のエピソードのキャラ登場シーン⤴︎⤴︎

フィンが
>>続きを読む

>|