メガネ割れ男さんの映画レビュー・感想・評価

メガネ割れ男

メガネ割れ男

映画(288)
ドラマ(0)

NO SMOKING(2019年製作の映画)

3.5

細野さんは声がいい。反響するとちょっと聞き取りづらい時あるけど。一方星野源のナレーションは俳優業の賜物か何気に通る声で対照的。あとはよろしくしちゃうんですか。やっぱり時代が流れてもなんとなく錆びない感>>続きを読む

だってしょうがないじゃない(2019年製作の映画)

3.7

ラジオで話を聴いてなんとなく見てみた。温度感がよかった(劇伴の感じも一役買ってるのか)。もちろんからかうでもなく、神妙でもなく、なるべくフラットにそういうものだと受け入れつつ(だってしょうがないものね>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.8

オトコとオンナは難しい、っていうか、何?誰もが完璧ではなくて、ああ〜こんなはずじゃないんだ〜。そんでもって子は宝。

ダラダラした消耗戦で大変しんどいし、どうやら寝てしまった人がいたようでそれもわかる
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

正直予告のシーン待ちみたいなとこあって、それを迎えた瞬間の
ここかーーーっっ!!!
っていうのはある種の爽快感というか、ちょっとだけ面白くなってしまった。と言ってもそれまでの緊迫感とかが台無しになった
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

ヒジョ〜に男の子の映画。なにかとガキみたいにケンカしてるんですね。それでいて大人の事情もナニしたりする仕事映画で、スポーツで、ロマン。あと顔。わりと顔とか表情がポイントな気がする。フェラーリのドライバ>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

2.8

さっぱり響かず。シンプル過ぎるっていうか雑なのでは。

自分がわかってないだけかもだけど、なにかと思いや行動が何故それに至ったのかがしっくりこないので、映像とか音楽とかセリフとかが一見すると良さそうで
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

なんだこれは。良さがゾロゾロと列をなして絶え間なくやってくるじゃあないのよ。それはそれはゆっくりと。大体こんなん顔だけでもう良すぎるだろ。

介護施設で働くようになって、(といってもボンクラ事務員だけ
>>続きを読む

長いより道(2018年製作の映画)

3.2

これはもっと長い作品の一部を切り取った、パイロット版(というものを実際に見たことはないが)的なものだと思えばなんかしっくりくるような。
とりあえず主人公の混乱に同調できればそれでいいんじゃなかろうか。
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.1

青木がブチ切れてどうなるかと思ったらカツアゲが地味なところがウケた。

あとミッシェルガンエレファントは青春の一部だけど個人的には違う、そうじゃない。

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

3.8

なによりオリジナル曲が超カッコいいところに説得力がある。アー写も良過ぎるし、あのくだりはなんか最早うっすら泣けた。

メタル(メタラー)の悲哀だったり、生真面目さだったり、あらゆる意味でキッズであると
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

最初大味な感じはするけど面白いし、見せ場ではちゃんと引き込まれて見たんだけど、なんか最後まで締まり切らない感じがする。評判の良い韓国映画何本か見ても同じようにハマり切らない感じあるんだけど相性悪いんか>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

-

諸般の事情によりまったくちゃんと評価できないんだけど、とりあえず一番最初にせーので音出すところに込められたもの、引いては映画全体として音にこだわってるんだなという感じと、あらかじめ知ってても改めてクレ>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.9

ってそこで終わるんか〜〜い。
どないせい言うね〜〜ん。

・・・

みたいな感じでやらせていただいておりますけども〜…。

いやツライ、かなり普通に泣いてしまった。

絵に描いたような悲劇じゃなくて、
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

浮ついた若者たちの、しんみりと浮ついた一夜の話。

しかしこれは個人的な問題として、こんなくらいのもんでも未だに自分の中の解けない呪いを刺激されてしまう。どう手を伸ばしたっておれは描かれているそこから
>>続きを読む

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

3.6

ある意味素直に言ってしまえば茶番的な「いい話」なんだけど、そういうの込みで期待通りにまんまと持ってかれたとことか、それだけでなく適度にハズしてくるとことかも良かった。なんかあからさま過ぎるBGMがめち>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.7

基礎知識がなさ過ぎて色々アレだけど、見進めていけば劇中においてのニュアンスはわかったような気がするし、普通に面白かった。
オチが映画的にも政治的(?)にも良いものかはよくわからなくて、ピンとこないとこ
>>続きを読む

枝葉のこと(2017年製作の映画)

3.7

お嬢ちゃんを見て気になったし、半券あれば安く見れるってのもあって鑑賞。
全体の雰囲気がなんとなく近い(ただしわかりやすく分けると陰と陽って感じ)のはもちろんとして、共通するテーマというか、この世に溢れ
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.7

最初あんまりどうなるのか見えない感じから、かなりグッと来た瞬間を経て、そのあと急にどこかへ飛んでいってしまったような。

セリフもあんまりなくわりかしサラっと流れていったシーンにもちゃんと感じ取れる空
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

いい意味でも、ちょっとだけ悪い意味でもわかりやすいし、よくまとまってはいる。やられた!という感じではないけど、音楽ネタとかギャグの感じは結構好きだし悪くはないと思う。

色々承知の上で言えばビートルズ
>>続きを読む

夕陽のあと(2019年製作の映画)

2.9

映像とか良かったとこもあったけども、演出やら展開やらに全然乗れず、なんなんだお前らはという感じに。

そりゃあそんな偶然はないと思うけど、あんな重大過ぎる事実をいい大人が何人も集まった中で、誰もしっか
>>続きを読む

お嬢ちゃん(2018年製作の映画)

3.8

この話はなんなんだろうって思いながら見てたけど、とにかく人間を描いてるんだなと。で、お前は誰やねんの連続の中で、主人公のキャラが強くて(まあそりゃそうだ)、みんながうやむやにしてることに納得がいかない>>続きを読む

解放区(2014年製作の映画)

3.3

劇中での現場監督のセリフがあって、舞台挨拶の話を聞いて、わけがわからなくなった。色々とずいぶんメタいですね。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.7

いわゆる陰キャのことをよくわかってらっしゃる…プールで戦慄するとことか…
過去に童貞男子ものは見たけど、その女子版の超かわいいやつ。

本当の意味で親心はまだわからないけど、もうおっさんなので完全にパ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

見せ方は本当によかったけど、自分のようなタイプにとってこういうテーマだった割にはなぜかあんまり刺さらなかった。

こういう感じは時代性も象徴してるのかなとは思うけど、現代の踏んだり踏まれたりはもうちょ
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

見始めてまず、初見殺しだな〜せめてドラマ版を全部…なんて思ったけどとんでもなかった。原作にブチ食らってパンチドランカーになっちゃった人しか無理なのでは…?ていうか詰め込みきれないし、単純に知らないと伝>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

-

ちょっとだけこの映画について触れた話を耳にした際、なぜか勝手にトンデモ映画なんだろうという誤解をしてしまったせいでちゃんと見れてなかったと思う…。

ただ話が進むにつれて全体の印象がどんどん変わってい
>>続きを読む

暁闇(2018年製作の映画)

3.5

なんていうか見せ方としてもうちょっとだけ踏み込んだ感じにして欲しかったみたいな、ケチをつけようと思えばあるにはあるんだけど、タイトルを踏まえると、って意味調べてもないけど、暁の闇って文字から考えたらな>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.7

劇中で軽くそんな話するけど、要は理屈と感情の対比と交錯なんですね。色々と。

キ○ガイのヤバ過ぎる投げかけに対して、理屈と感情のどちらを選択するべきなのか。どちらが正解なのかは誰にもわからない。そもそ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

一つ一つのエピソードは繋がってないわけじゃないけど、しっかりした軸のある話というほどでもない。ダラダラ歩き回るような流れの中に登場人物の魅力や感動(ていうか半泣き、子役の女の子最高)は確かにあるし、薄>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

確かに否定できない部分だってあるけども、オシャレ映画とか、サイコパスとか、そんな言葉だけでまとめるんじゃあないよ。これは愛と哀しみが燃え上がる魂の映画だよ。閉塞した世界で心の解放を求めるために鳴らされ>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.9

見せ方が隅から隅まで、目一杯好きなことやってるぜ、どうだオラという感じなので、自分の性格的に真摯に受け止められないのではと思いつつ、序盤からレトロゲー的なBGMの物寂しさにどうもジワジワ侵食され、とい>>続きを読む

>|