Omakeさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Omakeさんの鑑賞したドラマ
Omake

Omake

にじいろカルテ(2021年製作のドラマ)

3.7

現代のユートピアを描いた物語。

逆境にあって懸命に明るく生きる女性を演じさせたら高畑充希の右に出るものはいない。

人のあたたかさが身に染みる。

また、音楽が素晴らしい。このドラマで藤井風を知って
>>続きを読む

0

知ってるワイフ(2021年製作のドラマ)

-

最初の場面で「あれ?」って思う。
日本のドラマで割と多いんだけど、あの素晴らしい作品にオマージュしたい気持ちはわからなくもないけど、見てる人の多くは多分オリジナルを知らないからただのパクリみたくなる。
>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

-

巷では賛否両論などという話もあったようなので、気になって見てみました。

ここで語られた内容、全ては正論なんだけど、ドラマというより、何か教育番組のような。

平匡さんとみくりさんが正しすぎて、なんだ
>>続きを読む

0

同期のサクラ(2019年製作のドラマ)

-

大人になること。日本の社会で社会人として生きることとは何ぞや?

組織の中でいかに自分を見失わずに生きていくか。

かなり社会派のドラマのように思う。

日本の大組織は田舎から出てきた娘が一人で立ち向
>>続きを読む

0

ごめんね青春!(2014年製作のドラマ)

-

これ、私の初クドカンだったんだわ

そのあと錦戸亮をみに流星の絆を見に行ってそしてニノにハマった。

0

#リモラブ ~普通の恋は邪道~(2020年製作のドラマ)

3.6

回が進むにつれて好きになる。

青林みたいな男は多分そんなに遠からず行動半径にいたに違いない。でもキャッチできなかった。私が愚かだったのだろう。

今なら、わかる。結婚するなら青林だ。

0

極主夫道(2020年製作のドラマ)

3.6

こういうタイプのコメディは演じる役者に実力がないと面白くないが、この作品は良かった。

玉木宏の芸達者振は勿論だが、今回とても気になった俳優をここで初めて見た。

ひばり姐さんを演じた女優、ひまわり役
>>続きを読む

0

35歳の少女(2020年製作のドラマ)

4.5

毎話見るたびに衝撃を受けている。

フィクションがこんなにリアルに迫ってくる話は久々だ。

脚本ありきだとは思うけれど、キャストも良い。

一体どこに連れて行かれるんだろうか。

0

私たちはどうかしている(2020年製作のドラマ)

-

とにかく横浜流星の色気がすごくてどうかしている。

出てくる和菓子は美しく素晴らしい。

0

SUITS/スーツ Season2(2020年製作のドラマ)

3.6

日本語のセリフ回しが面白い。
言葉遣いが変わるだけで、人間模様も、世界観も変わって見えるのが不思議。

日本では法廷ものは検察ものが多いけれど、このドラマは民事を扱う弁護士もので
法廷はほとんど出てこ
>>続きを読む

0

私の家政夫ナギサさん(2020年製作のドラマ)

-

これ、何で結婚するのか理解できない。。。

いや、百歩譲って頼りになる人と勢いで結婚するとしても、そこで話は終わりなの?えっ?

妻(夫)とはやっぱり家政婦(夫)の別名でしたってこと?
えっ?


>>続きを読む

0

凪のお暇(2019年製作のドラマ)

4.0

会社でついつい場の「空気」を読みがちな主人公の凪が、職場での人間関係に疲れて会社を辞めるところから物語は始まる。

東京の一流企業の職場から、東京郊外立川のぼろアパートに移り、人生の「お暇」を過ごす凪
>>続きを読む

0

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(2016年製作のドラマ)

-

伝えたいメッセージが何なのかよくわからないドラマだと思った。

地味だが、社会の縁の下の力持ちとして人が日々真剣に取り組んでいる仕事が有る、ということを描くのであれば、ファション雑誌の編集に憧れ続ける
>>続きを読む

0

半沢直樹 続編(2020年製作のドラマ)

-

これは現代の歌舞伎だと思った。

それにしても、ここで起こっていることは狂気の沙汰だ。出世を巡る個人的な恨みが元で、仕事上の決定をしていくなんて。

フィクションとはいえ、その論理が社会で通るとは思え
>>続きを読む

0

フリーター、家を買う。(2010年製作のドラマ)

3.6

息子がお母さんの手にハンドクリームを塗ってあげるシーンがとても好き。

0

家売るオンナの逆襲(2019年製作のドラマ)

3.9

周りとうまくやっていけない女の快進撃、というパターンはいくつかあるけれど、これは完全にその中で独自の地位を築いた。

続きがあったら見たくなる、そういう魅力的なキャラクター、サンチー。

0

重版出来!(2016年製作のドラマ)

3.8

週刊マンガ誌を出版している編集部に配属された新人の女性を中心に、ものを作ること、表現することと、商売として成り立たせることの狭間を描く群像劇。

編集者、漫画家、書店員、それぞれにスポットを当てて、毎
>>続きを読む

0

山田太郎ものがたり(2007年製作のドラマ)

-

山田家の貧乏ぶりと櫻井家?の良家ぶりが漫画みたいなステレオタイプすぎて笑えるのだけど、多部未華子のコメディエンヌぶりはとても良い。彼女が居なかったらこのドラマは成り立っていないかもしれない。

0

わたし、定時で帰ります。(2019年製作のドラマ)

3.4

現代の等身大の女性を演じさせたら今のところ吉高の右に出るものはいない。

0

家政婦のミタ(2011年製作のドラマ)

3.1

家政婦がやたら暗くてロボットみたいなのが現実にはないだろうし、母を亡くした家庭の子供たちがミタに懐いた末に父親と結婚して欲しいと迫るなど、ありえない展開なのだが、妙に引き込まれるドラマであった。

>>続きを読む

0

MIU404(2020年製作のドラマ)

3.9

綾野剛がこんなにチャーミングだとは!

0

俺の話は長い(2019年製作のドラマ)

-

簡単に言えば家でも、外でも子供のように振る舞う31歳の男の話。

「まだ結婚できない男」と違うのは、ここでは主人公の男が経済的に自立していない。

とにかく理屈と屁理屈をこねて、世間の常識に抗う。
>>続きを読む

0

今日から俺は!!(2018年製作のドラマ)

4.1

とにかく楽しく観た。

主人公を演じた俳優の覚醒が注目だろうか。橋本環奈も良かった。彼女は天使の役より小悪魔の役の方が似合うと思った。

何より感じたのは演技のスタイルに見られる特徴だ。時代によってそ
>>続きを読む

0

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ(2019年製作のドラマ)

-

なぜかこのシリーズが好きで見てしまう。

現代版水戸黄門なのかなぁ。

0

まだ結婚できない男(2019年製作のドラマ)

-

友達に勧められて見始めた。
前作は見てないところからの鑑賞。

「世間の常識」に合わせることなく生きていく男の日常と人生。

それでも我が道を行くわけだが、とにかく理屈をこねる。

理屈をこねる男たち
>>続きを読む

0

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~(2017年製作のドラマ)

4.0

田中圭を見たくて見始めたのだが、主演の篠原涼子にすっかり魅了された。
彼女が演じているドラマを見たことが無かったのだけれど、すごい女優なんだと初めて知った。他のは見たことがないが、はまり役なんだろうと
>>続きを読む

0
>|