megurosさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • megurosさんの鑑賞したドラマ
meguros

meguros

ファルコン&ウィンター・ソルジャー(2020年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

黒人コミュニティでは”ブラックファルコン”とも呼ばれる黒人のファルコンが、金髪と青い目を持ってはいないが力を持つ者の責任とよりよい世界を作るという信念によって、エンドゲームでスティーブに渡された盾の継>>続きを読む

0

北の国から(1981年製作のドラマ)

5.0

不朽の名作。田中邦衛、地井武男、大滝秀治、伊丹十三、既に鬼籍に入られた方々を再び拝むように鑑賞。

農村に移り住み、農民の暮らしを描いたバルビゾン派のように、倉本聰は北海道の厳しい自然の中で生きる人々
>>続きを読む

0

第一容疑者(1991年製作のドラマ)

4.2

ヘレン・ミレン演じるジェーン・テニスンが立ち向かう事件はどれも一筋縄ではいかないものばかりだが、彼女の失敗を望む警察内部の男たちや男性優位な警察機構との対決をも描いた作品。度重なる妨害や圧力にも屈しず>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL ラスト・ダンス(2006年製作のドラマ)

4.0

松嶋菜々子が双子の脚本家を演じる。古畑が色仕掛けに合う序盤が見所だった。

最終回だからなのか、過去回登場の役者陣の再登板が目立った。棋士(田中美佐子)の夫役で殺されていたはずの小日向文世はブルガリ三
>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL 今、甦る死(2006年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2006新春スペシャル。前半は(金田一少年の事件簿にもあったように思うが)密室&時間差トリックを藤原竜也、後半はその藤原竜也の犯罪ノートに書かれていた火薬の量に追記して事件を闇に葬ろうとした石坂浩二。>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 3rd(1999年製作のドラマ)

3.8

シーズン3では西園寺(石井正則)や花田(八嶋智人)などの脇が活躍。古畑任三郎がほぼ寝ているだけの回があったり、アームチェアディテクティブのような事件解決をする回もあり、バリエーションは増えたものの、あ>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 2nd(1996年製作のドラマ)

4.0

日本映画専門チャンネルの再放送でもシーズン2は4話(木村拓哉)と9話(風間杜夫)の放送は無し。

※ちなみに、スペシャルのイチローとSMAPと緒形拳も無しだった...。

明石家さんまが憎たらしい弁護
>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 1st(1994年製作のドラマ)

4.0

日本映画専門チャンネルでの一挙放送、5話目からうっかり見てしまった。

元ネタであるコロンボをそこまで見られていないため、トリックがどこまで引用されているかは判断がつかない。ただ、古畑任三郎=田村正和
>>続きを読む

0

ワンダヴィジョン(2021年製作のドラマ)

4.0

マーベル版、ワンダ版のエンドレスエイト(涼宮ハルヒ)、あるいはビューティフルドリーマー(うる星やつら). 時代時代のホームドラマにオマージュを捧げるそのフォーマットに面白さはあったが、全9話の割に話が>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン5(2020年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

シーズン5はヘクターに代わってラロがアルバカーキに。vsサラマンカの戦争がいよいよ始まろうとする中、酒浸りになっていたマイクがガスの下で働くことになる。ソウルもカルテルの仲間に組み込まれ、結婚したキム>>続きを読む

0

マンダロリアン シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

シーズン2ではマーベル組からペイトン・リード(「アントマン」)が参加。SW愛枠でロバート・ロドリゲス、さらにはグリーフ・カルガ役で出演中、元アポロ・クリードのカール・ウェザーズまでもが監督に!

引き
>>続きを読む

0

Fleabag フリーバッグ シーズン 2(2019年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自暴自棄になり堕ちるところまで堕ちたのがSeason1。Season2はアンドリュー・スコット演じる神父が出てきて、母親の死や姉の流産といった死のイメージと、親友の死に繋がった自らの罪の告白、そして救>>続きを読む

0

マンダロリアン(2019年製作のドラマ)

4.3

「ジェダイの帰還」の5年後で「フォースの覚醒」の25年前。つまり、6と7の間の時代を描く。マーベルを起動させた立役者ジョン・ファブロー(「アイアンマン」)が指揮を取り、タイカ・ワイティティ(ソー ラグ>>続きを読む

0

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)

4.2

孤児院の地下室でチェスと出会い、天才的な才能を開花させたベス・ハーモンが、男だらけのチェス界でチャンピオンを目指す。

と、当初は女性のエンパワメント的なドラマかと思ったが、むしろ性別を超えたテーマと
>>続きを読む

0

ウォッチメン(2019年製作のドラマ)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アラン・ムーアとデイヴ・ギボンズが1986-87に手がけたDCコミックスの同名シリーズが原作。グラフィックノベルで描かれたストーリーのリブートではなく、シリーズ世界観に新たなキャラクターを導入して連続>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.0

新たなキャラの登場で展開が早まり、ヴォートの秘密が明らかになり、キャラクターの過去が掘り下げられ、シーズン1よりもグロさ・キモさもスケールアップ。

しかし、話が進めば進むほどご都合主義も目立つように
>>続きを読む

0

半沢直樹 続編(2020年製作のドラマ)

4.2

シーズン1はそうでもなかった(...ように記憶している)ので今作はスルーしようと思っていたが、たまたま観たら暑苦しくて男臭くて、うっかり通しで観てしまった。

スマホ時代のドラマ作りなのだろうか、前作
>>続きを読む

0

Fleabag フリーバッグ シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.2

ロンドンに暮らす女性(”Freabag”とインタビューやコメントでは言及されてるがドラマの中では明示されず)の生活を描く。元々は主演脚本のフィービー・ウォーラー=ブリッジ(007最新作の脚本にも抜擢)>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン1(2019年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スーパーヒーローが必ずしも聖人君子ではなく人によっては異常者で、その被害者の会としてヒーロー殺しを実行していく者たちの物語。また一方で、企業に所属し、そのブランディングやマーケティングの活動に戸惑いな>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

4.3

英題はJU-ON: Origins. 佐伯伽倻子の怨念と呪いに触れた人々を描いた呪怨シリーズのその原点を描く。

舞台は1988年から90年代の後半までに置かれ、1988年の女子高生コンクリート詰め殺
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.0

シーズン1、2で話は終わっているように思うので、3は繰り返しにならないようにエルを使えなくするなど話運びが難しかった印象。

0

ナルコス シーズン1(2015年製作のドラマ)

3.8

コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル率いるメデジンカルテルと、コロンビア&アメリカ警察組織との凄惨な衝突を描く。基本的には創作されたストーリーということだが、史実をベースに当時のフッテージも使った歴史>>続きを読む

0

アップロード~デジタルなあの世へようこそ~(2020年製作のドラマ)

4.2

死ぬ前に意識データをアップロードしておけば、バーチャル世界で死後の生活を送れるようにもなっている2033年。VRゴーグルをかぶれば死んだ人にも気軽に会いに行けて、ハプティクスのグローブやスーツでハグや>>続きを読む

0

MR. ROBOT / ミスター・ロボット シーズン4(2018年製作のドラマ)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

社会を操る権力構造、富を独占し格差を助長するシステムに、暗号無政府主義的に、現代の石川五右衛門的に立ち向かうハッカー=エリオット。シーズン4はいよいよダークアーミーとの直接対決を描く。

とここまでは
>>続きを読む

0

アンオーソドックス(2020年製作のドラマ)

4.0

超正統派ユダヤ・ハシディックのコミュニティで育った女性エスティ。NYのウィリアムズバーグにありながら、生活様式や文化も使う言語(イディッシュ語)も、儀式や日常の宗教観、家族や男女の関係性の何から何まで>>続きを読む

0