macotoさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

macoto

macoto

可愛いものからほっこりアクション恐いものまで宇宙へと…
ジャンル問いません。 忘れないための記録だよ!!

今までみたもの少しずつ最近みたものまでを…。
みんなのレビュー読むのも楽しみです❤︎
邦画は☆☆☆☆☆つけてません!☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎

映画(124)
ドラマ(1)

題名のない子守唄(2006年製作の映画)

3.8

家政婦としてもぐり込んだ先は…。
ある想いがあってこそだったんだね。
そこには幼い一人娘がいるんだけど
それがめちゃくちゃかわいいんだよ〜!
それにめちゃくちゃ演技うまいしさ〜!
ほんとめちゃくちゃ謎
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

-

“ 私たち友達でしょ “ …のあの言葉。
相手の笑顔に身動きとれなくなって
合わせて作り笑いなんかもしちゃたり。
あのプレッシャー。なんなんだろね。

“友達”って。ほんと…難しいね。。

映像のカラ
>>続きを読む

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

4.3

美しくカッコよく魅せるためには
背筋とウォーキングはとっても大事!!
初めてワリスがハイヒールを履いた時
横から撮った姿になんだかほっこりした。

🇸🇴ソマリア。あんな慣習があるんだね。
どこかの発展
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.0

火星でたった1人。。。
無人島でたった1人より怖すぎるーー!
マット・デイモン…。
トム・ハンクスを超えちゃったよ!
自然の脅威を超えて宇宙の脅威だよー!

仲間がきっと助け出してくれるって信念。
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.8

女の子だけの2人旅。
海外行ったら実際あるんだろぅな。。
怖すぎるよ!それにしてもなんだろな笑
友達の扱いひどすぎない?ほんとにもう。
パパはかわいい娘を助けるためなら
どんなことでもやっちゃうんだか
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

4.0

子どもの頃は好奇心旺盛で
不思議な世界がとっても楽しくて。
それが少しずつ不安や恐怖そして絶望へと
…男の子たちの運命が残酷すぎる!

そんな中で大人の姿になって現れた少年。
行方不明になった1人だと
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

5.0

彼の名前は1900。
ナインティーンハンドレッド。
奏でる曲はたくさんの人を魅了したり
ピアノ対決でたくさんの人を興奮させたり。
1人の女性に心奪われ弾いた曲はとても
…美しかった。。

船の上から”
>>続きを読む

シルビアのいる街で(2007年製作の映画)

4.5

始まって…。…。…。ん…どうした?
ツッコミ入れたくなったよ!怖いけど!
昔出会った女性を想い続けこの街に。
面影だけを胸に探し求め書き留める。
そしてまた今日も僕は…。うん!怖いな!

美しい街並み
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

-

バラエティでしか知らないスケキヨ。
板尾創路さんでしか知らないスケキヨ。
登場場面にやけちゃったけど怖かった〜!
監督さんの演出。カメラマンさんの撮影技術。
人物を包み込む村の映像。素晴らしかった!
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

ローラ役の女の子がカッコいいー!笑
後ろからゆっくりと近づく敵に
横目でチラッと。なんかかわいいんだよ!
それにめちゃくちゃやるし強いし!

シリーズものだし歳には勝てないし
ローガンもさすがに力使い
>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

3.8

主人公のおじさんに癒されるんだなぁ。
笑顔なのかな。やっぱり。
なぜかいつも逢いたくなるのはその人で
逢えないとなんだかとても寂しくて。
だけどいつかその想いも少しずつ消えて…

それぞれの時の流れが
>>続きを読む

かけがえのない人(2014年製作の映画)

3.8

20年ぶりに再会した最愛の人。
2人きり。思い出の場所で
昔のまま今も素敵で運命とか語られたら…
アマンダとドーソン。美しかったなぁ。
再会したのは確かに“運命”
だけどその運命があまりにも悲しかった
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

目は見えなくてもおかまいなし!
うろうろさまよう感じがぜんぜんない!
目の前を通り過ぎる勢い凄まじい!
猛犬引き連れタフ過ぎるのも笑っちゃう!
これでもか!これでもかー!の連続!!

怖かったぁ。。
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

毎年恒例の誕生日会。もう最高ー!!
オマール・シーがあの場面みんなの
今までの凝り固まった考え方価値観を
吹き飛ばした瞬間のように見えたよ!

乱暴だけどいつも対等なオマール・シー
関係性を超えるのは
>>続きを読む

大いなる休暇(2003年製作の映画)

3.8

都会から来たお医者さん。
島を気に入ってそのままいてほしい!
作戦ねって思いついたいろんな嘘。
クスッと笑えてとってもおもしろかった!

人口120人ほどの小さな島。
海に囲まれてのんびりしてていいな
>>続きを読む

60セカンズ(2000年製作の映画)

3.3

チームで何かを仕掛ける感じは…
なんかワイスピに似てるかも。
スピード感あってテンポもよかった!
アクションも全部あっちの方が上だけど
車好きにはたまんないかな!

アンジーとにかく魅力的すぎた☺︎

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

4.3

演出家の方たちにとって
議論のまとになるような演出だったり
美術的要素が高くて色の使い方も芸術的!
特にボーリング場。美しかったなぁ…。
ほんとにやったら怒られるね。きっと笑

ひとつひとつの曲の歌詞
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

オーブンの存在が怖かった〜!
心理的に恐怖を植えつけられたって感じかな。
演出なのか凄いなぁって思った。

おばあちゃん気持ち悪かったし
それに匹敵するくらいおじいちゃんの…
おじいちゃんの武器も気持
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

4.0

王子様がダンスに誘うとこが好き❤︎
シンデレラの腰に手をまわすと
少しドキッとなるあの表情あの瞬間
シンデレラがクルッと回った時何度も
大きくドレスのすそが広がるとことか!
深夜12時の鐘の音。
魔法
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

3.5

宗教上の問題から始まって
パパのお父さんの介護だったり
トラブルから介護に雇った女の人の流産
どこに真実があるのか!なるほどな〜。
両親の離婚問題を前にあいだに挟まれた
娘さんの気持ちがとっても痛かっ
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

-

あとわずかな命。。
今までできなかったことをやってやる!
アメリカと日本の映画の違いかな?
人と出会っていろんなこと体験して
こんなにすばらしい事があったなんて!!
感動!…てなって終わり〜みたいな。
>>続きを読む

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

3.5

初めて誰かに愛され必要としてくれたこと
今ある愛をなくしたくないって思うこと
少女時代のジェーンを振り返ったとき
愚かだとしても愛し愛されたいと思うことは
決して間違ってないんじゃないかな。

ある人
>>続きを読む

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

4.3

自分の行動や心の中をなぞるように
語り手の声が聴こえてきたら…
コメディのようでまた切なくもあって。

近くにありすぎて気づかないもの。
それを知った瞬間ちょっぴりだけど
人生そんなに悪くないなぁなん
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

-

渡辺謙さんはさすがの安定感。
宮崎あおいさんのまだ子どものような
人なつっこさと他の人と違う微妙な違和感。

妻夫木さんの笑みと少し胸を開けたシャツ
慣れた感じで男をあさる独特の色気もすごい。
そして
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

愛車だろうがもうどうだっていい!
笑っちゃうくらい潔よさが半端ない!
車にはねられちゃってもビクともしない!
敵の頭を的確に打ち抜くその腕は超一流!
関節技に背負い投げかと思えばともえ投げ!
時には鉛
>>続きを読む

ツバル(1999年製作の映画)

4.5

字幕なしセリフもほとんどないんだけど
個性的な登場人物ばかりでおかしくて
それに憎らしい小道具で演出したり
どんどん物語に引き込まれちゃうよ!
青と緑と白黒が独特なファンタジー。。

一番はおばあちゃ
>>続きを読む

Dear フランキー(2004年製作の映画)

3.5

嘘をついてることへの後ろめたさ
嘘をついてたほんとの理由
ママの寂しい想いがそこにあったなんて

ジェラルド・バトラーの大人の魅力❤︎
ダンスの誘い方うまいなぁ。
やさしい言葉に救われる〜。

“血は
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

-

すごく現実的で寂しくて遠くを見てる。
桜と雪と淡い初恋。切ない片思いだったり
ふとあの頃の気持ちに気付かされたり…

新海監督。物語の構成だとかうまいな〜
街の雑踏とか風景がとってもリアルで
その中に
>>続きを読む

カポーティ(2005年製作の映画)

4.0

“冷血”を鑑賞したあとでないと
深く入り込めなかったりするかも
被害者側からまた犯人のひとりペリーを
より理解できるすばらしい内容でした!

ペリーと交友を深める一方で
“冷血”を完成させるため一刻も
>>続きを読む

冷血(1967年製作の映画)

3.5

“動機の認められぬ殺人”
事件が起きる半年前の研究者のレポート
中に書かれてる犯罪者の大きな特徴だったり
犯罪学者がいう”相乗作用の犯罪”
2人が融合した第三の人格が犯した犯罪
であるとか。ん〜なかな
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

ティファニーが大好き❤︎
並べられてる商品。お金がなくても
眺めてまわるだけで幸せな気持ちになれる
なんかそうゆうの分かる気がするな〜!

全編に流れるムーン・リバー
誰かに縛られず自由奔放に生きる
>>続きを読む

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

3.3

大人になんてなりたくない!!
自分の意思で成長を止めたオスカルくん3歳
他にも特異体質があったり…
それがまた全然かわいくないんだよ〜!
ブリキの太鼓を肌身はなさず持ち歩く。
音色なんてない。ただただ
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

ジェイソン・ステイサム最強の敵として
アクション繰り広げる作品でもあるし
ポール・ウォーカーの存在の大きさを
改めて知ることのできる作品でもあるし
エンディング…シリーズ最高の作品だよ!!

だけどこ
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

-

リリーさんとピエールさん
“お疲れさん!今日もいい仕事したなぁ笑”
みたいな軽いノリ。
この事件の取材記者演じる山田孝之さん
彼自身だけじゃなく家庭まで崩壊させてく
異常なまでの執念。

特にリリーさ
>>続きを読む

ヤコブへの手紙(2009年製作の映画)

4.3

終身刑で服役してたレイラ
恩赦を受けてヤコブ牧師のもとへ
目の見えないヤコブさんのお手伝いのために

ヤコブさんに届く救いを求める数々の手紙
許せない彼女の言葉や態度。そしてある日…
もう神に必要とさ
>>続きを読む

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

-

勝手に身障者の純愛だと思ってた
心と心の結び付きだとか何か美しいもの
その思い込み自体特別な目で見てたのかも
普通の男性と何も変わらないのに…

障害を持ったクマさんを周囲を惑わす
ミツの明るさ時には
>>続きを読む