メイさんの映画レビュー・感想・評価

メイ

メイ

映画よりドラマをよく観る

映画(146)
ドラマ(0)

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

-

なんか知らんけど怒ってた 
誰が誰か分からんなる
12人は多すぎ

ホットロード(2014年製作の映画)

-

世代ちゃうけど、世代やなぁって思った
親が見てぐっとくる作品

ビリギャル(2015年製作の映画)

-

ほんまかいな、って感じやけど
先生といい素敵やなって思った
サンボマスターの主題歌は最強

シックス・センス(1999年製作の映画)

-

アホほど怖い
強制されんかったらみん作品
ホラーはあかん
見せないで
くるって分かっててもびびり散らかす

君に届け(2010年製作の映画)

-

漫画も見てたけど普通に風早くんに
ときめかへん人はおらんと思う
あんな人どこにおるん、マジで

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

アニメだからできる豊かすぎる表情
伝わりすぎるくらいが最高
キャラが独り立ちしてて1人のストーリーとしてみても絶対おもろい

味園ユニバース(2015年製作の映画)

-

聖地巡りするくらい好き 
キャスティングといいばっちり
かっこええ、やっぱり大好きだ
オタクが喜ぶ、というより本当に
人間として湧いてる

激突!(1971年製作の映画)

-

触りだけ見たことあって気になってたやつ
恐怖心を煽る撮影法、短すぎる撮影期間
計算され尽くしていて尊敬

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

劇場で見たけど全編スクエアは斬新だった 洋画を劇場で見たの初めてかも
機械強い人と結婚したい

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

トータルずるい
未来で待ってる
って言われたら確実に惚れる

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

-

めちゃくちゃ気になってみたけど期待しすぎて超えてこなかった
ちょっと残念
でも面白かったしトーンは好き

君の名は。(2016年製作の映画)

-

この作品を見たとき、普段から読書を
する人でよかったって思えた
あれを1回で理解するのは訓練必要やと思う

不能犯(2018年製作の映画)

-

気になってたやつ
沢尻エリカ、タイムリーやった
滑り込みで見れてよかった

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

-

断然原作派
原作先読んでたからあの痺れをもっかい
味わえるかなって思ったら読んで想像してたことがそのまま映像化してて震えた

泥棒役者(2017年製作の映画)

-

なんか普通に面白かった気がする
演劇的な展開が見てて楽しかった

オッズ(2018年製作の映画)

-

グロいの得意
こういう作品ならなんぼでも観れる
オススメ教えてください笑

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

-

現代っぽいなぁって作品
想像ついた結末やけど成田凌の演技が上手い
スマホは宝物

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

やっとみた
これは泣ける
多分何回見ても泣く
結局、何が一番大切なのか気付けるお話
歌めちゃくちゃ痺れる
何回も鳥肌立った

チャイルド・プレイ 誕生の秘密(2013年製作の映画)

-

6年前か
技術の物足りなさが凄すぎてむしろ笑える
まぁまぁめちゃくちゃ
びびってたけど

THAT/ザット(2016年製作の映画)

-

it観たからみたけどまぁ一緒
怖いの前の音がすごく嫌
ちゃんとびびる

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

怖いのかと思って借りて失敗した
モンスター系ね、、
あんなに音のない映画不思議
その音はセーフなん?が割とある

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

ちゃんとジョーカー見る前に見た
はじめの強盗のシーンは身震いした
でもそっからはヒーローものって感じで
あんまり入り込めず、結局誰やねんで
終わっちゃった

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

階段のシーンが印象的
彼は階段を登る時苦しそうで、
降る時は飛び跳ねるほど楽しそうだった
人生を表しているんだと思った
彼は向上していく人生より
人間として堕ちていく人生を選んだ
そしてそれを楽しむこ
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン(1980年製作の映画)

-

墓地のシーンが良かった
楽しげに走り抜けてて、そこから一気に引くのが良かった。
お墓に登って叫んでクレイジーすきたが、そのぶっ飛びが気持ち良かった
キックボードのシーンも良かった
この作品の勢いのある
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

-

気になってたやつ
期待値高くてそこまでやった
人を欺いても結果いい方向には転ばない

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

びっくりするくらい泣いた
なにこれ、最高
すぐにでももう一回観れる

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

遂に見た
高音のとこ、脳内永久リピされるやつ
ああいうエンディングにとことん弱い

ナラタージュ(2017年製作の映画)

-

切ない
松潤、それは反則
罪の意識高くて誰にでも優しい人が1番罪

四季~ユートピアノ(1979年製作の映画)

-

ジブリのキャラクターみたい
身近におったら離れたいタイプ