めかさんの映画レビュー・感想・評価

めか

めか

映画(430)
ドラマ(52)
アニメ(0)

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

ずっと観たかったのでようやく。
斬新さはないかもしれないけど、
主人公が喋れないからこそ
映像に集中できて釘付け。
この世界観は唯一無二でやはり魅力的

ノット・オーケー!(2022年製作の映画)

3.5

最初から気づいてるんじゃないかって
思ったけど、案外仲良くなると
そこが気にならなくなったりするもんだしね
SNS怖い、だけじゃなくて少しの嘘が
成長していく様と、終わり方が現実味
あって良い

フレッシュ(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人肉を楽しくパッキンする愉快な映画。
ファッキンアリエルから始まり、
初めから強い意図を感じる。
ただ、最後の奥さんは自分だけが特別で
いたかった嫉妬なのか。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.7

ようやく観た。
3が傑作なのは前提として、4も単体として
結構好きになれた。オモチャに主体性
ありすぎとは思うけど、
自分の生き方を選択してて格好良い

ナイトメア・アリー(2021年製作の映画)

3.8

ずっと前半が続いても観ていたい世界観。
欺き、欺かれの人間模様だけで十分
面白いし、そこに男女関係が入り
また見応えがある。
結末もすっきりする

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

映画冒頭のショー幕開けが良かった。
やはり音楽は人を元気にする。

ただ登場人物を活かせきれていなかったり
全体的に明るい音楽が多いのもあり、
実話に比べるとストーリーが綺麗事すぎて
深みがないと思っ
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

3.0

子どもたちが良い味出してる。
伏線回収したり、しなかったり。
シャマランは好きだけど、これはまあ普通
かもしれない。

ハプニング(2008年製作の映画)

3.5

謎のウイルスによって自殺が蔓延する世の中。
死に方も様々で、どうせならもっと見たかった。
不穏のまま進行して行き、最後もパッとしない
感じでモヤる。そこが良い。
世の中に説明できないことって案外ある

ナイト・ハウス(2020年製作の映画)

3.3

難解さが退屈に感じてしまうのは勿体無い
だからもいって2回目見たいかって
言われると…。
風景が綺麗だし、設定は面白い。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.7

面白い!
綾野剛の演技ありきで面白さが
完成されていた。
こんなにもクソな時代があったなんて。
白石監督の実話ベースの映画が
非常に好み。

スナッチ(2000年製作の映画)

3.7

見てる間は登場人物の多さに
混乱しながらも、
会話の軽快さであっという間。
終わったら面白かった!ってなる
でも理解しきれてる自信はない、的な映画

エコール(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

美しくも不穏な不思議な映画。
多くを語らない故に、2時間の間に
興味深々と退屈のせめぎ合いをした(8対2くらい)
性的メタファーがあったり、大人の
嫌な考え方が見え隠れしつつも、
社会に出たら出たでっ
>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.6

シンプルな話。
サーカスの裏側の覗き見しているが、
サーカスの団員たち豪快かつ醜悪な笑い声すぎ
自分の個性を活かして結束してる
ラストはどうであれ最初の文言がきいていた

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.4

巨大な迷路、謎の追手、仲間割れなど
盛り沢山だったのに長く感じてしまった
迷路の造形や仕掛けは良かったが、
何も考えずに空っぽで見たら
まあそこそこ楽しめる映画

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.3

太宰の書くことへの執着と、
女たちの太宰への執着が凄い。
重い雰囲気の映画を期待していた
かもしれない

ドアロック(2018年製作の映画)

3.1

何かが目新しいかと言われると
そうでもない
割と想像通りで進行していくけど
どこで付け狙われるか分からないの
怖いよね

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.7

面白かったけど理解が追いついてない
所もあり、原作をいつか読もう
名作は色褪せないって感じた

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.1

UFOに興味がなく、怖くないだろうと
高を括っていたが、これは凄い…!
上も怖いが、あれも怖い!悪意ある
オマージュで震えた。
緊迫感と高揚感を一気に味わえて、
映画館の環境で体験するエンターテイメン
>>続きを読む

マーターズ(2007年製作の映画)

4.0

しっかり面白かった〜!!
グロが見れると意気込んだものの、
前半の不安さと後半の絶望が凄い。
うわあ最悪。後半に関しては確かに
考えさせられるし、
考えてもキリがない…怖…
目のズーム怖かった〜

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.8

佐々木に魅了される2時間。
悠二視点から語られる佐々木は兎に角
凄い変な奴で、でも自分達の学生時代にも
居たような懐かしい気持ちにもなる
誰にでもある孤独や理解されてないかも
みたいなのってあるよね
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

今だからこそ見てみた。

ちひろだけが信じた、という文言通り
宗教は仮に信じなくなったとしても
家族愛を感じられる映画だった

まーちゃんやひろゆきくんのような
2世もいるし、ちひろも今後はわからない
>>続きを読む

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

3.7

明るいたられば話。勿論どちらにも
苦悩はあるけれど、どちらも良い
軽い気持ちで見て泣くやつ。
主人公可愛くて元気出る

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

うわー凄い映画見ちゃった。
最初からクラシックの調和と相まって、
非行シーンも引き立ち、不思議な世界観…?
と思ったら、刑務所だし、その後も
展開していくのが面白い。
雰囲気だけで誤魔化されてないし、
>>続きを読む

レック(2007年製作の映画)

3.7

POV見飽きたな〜と思ってたけど、
また傑作見てみよう、と久しぶりに見た。

POVの流れが自然だし、前半の苛々も
効いていて、後半の緊張感が最高
時間も短いのに恐怖の密度濃い!

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.5

やっぱり湿度の高いJホラーは良い
と痛感。
ずっと嫌な空気で、ストーリーも切なくて良い

チェイサー(2008年製作の映画)

3.5

迫真の演技には痺れたが、
期待以上ではなかった
それでも迫真の演技は凄い

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.7

残虐な殺人を犯したのに、そのような
シーンはなく、事件についてもう少し
知りたかったのはある(ドキュメンタリー見ろ
という話ではある)
が、主人公目線ではない映画なので、
最後まで本当に無実なんじゃ…
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.3

主人公の特殊メイクが凄いし、
家や被害者たちのリアルさがとんでもない。
ポップでユーモラスな映画だし、
汚いし臭いがしてきそうな映画

モンスター(2003年製作の映画)

3.8

実話ベースはなんとも言えなくなる。
育った環境が影響したのは知っていたけど
その後がこんなことになってたなんて…
他力本願やめや…

シリアルキラー展で見たアイリーンの字
が、性格に反して凄く丁寧だっ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.3

主人公が綺麗で儚くて、映像もどこか
冷たくて不思議。
プールの場面は最高だったが、
2人のストーリーが思ったより少なく、
そこまで感情移入できず。

>|