つぐみさんの映画レビュー・感想・評価

つぐみ

つぐみ

映画がすきです。たくさん知りたい。
※レビューは殴り書き

映画(224)
ドラマ(4)

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

-

自主制作、、?!と思うほどの作りの雑さで途中でみるのやめちゃったやつ…
自主でもちゃんとつくってるのあるから、こんなの言ったら失礼だけど。。

生まれながらの悪女(1950年製作の映画)

-

典型的な悪い女だけど、本人にはその自覚があまりなくて、反省はないところがコワイ。

黄金の腕(1955年製作の映画)

-

モリーが良い女すぎるのに悪い男に捕まってしまうのがほんとに勿体なさすぎる。
フランキーは優しすぎるが故に2人の女性も自分も傷つけちゃうんだよ…
ザッシュは美人なんだし次に行って幸せになってほしかった。
>>続きを読む

深夜の告白(1944年製作の映画)

-

フィリスとローラの美しいこと。。
計画が成功してからのハラハラ感が精神に悪かった…
フィリスはずっと経済的にも精神的にも貧しかったんだろな…裏切りを続けてしまっての結末。

明日なき十代(1960年製作の映画)

-

展開も結末も良かったけど、プエルトリコ人の母親の最後の言葉で引き戻された。
その後の「獣ではありません。人間がやったことです」ってセリフもハッとした。

ジャックポット(1974年製作の映画)

-

邦題、ジャックポットなんだ?!
男2人がただただ賭け事に明け暮れる。だんだんつまんなく感じてしまったけど、映画史的には演出もストーリーも革新的な一作らしい。

スタア誕生(1937年製作の映画)

-

誇り高いおばあちゃんがとっても素敵で、勝手に私まで背中押された気分だった。
ノーマンの選択は悲しいけど、映画の中でもフィクションというのが救い。
序盤のセリフを終盤で少し違う意味を含ませてもう一度使う
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

-

茶番寒すぎてかなり微妙だった😭
地元民だったらもうちょっと楽しめたのかもしれない。。
都市伝説のほとんどの役者が世界観とキャラクターについていけてなかった感じ。

僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年製作の映画)

-

身内の事と重なって、入院のシーンとか、真央ちゃんが心臓をくださいってお願いするシーンとか、かなりきてしまった。。
真央ちゃんがほんとに可愛すぎた…。。

氷壁の女(1982年製作の映画)

-

実に素晴らしい映画でした…。登山のシーンは毎回ハラハラした…。
マリア婆さんが夫と再会したシーンは苦しすぎた…。あの時のマリア婆さんの表情、瞳は忘れられない。もう一度見たいな…。
ダグラスはタチ悪いし
>>続きを読む

田舎司祭の日記(1950年製作の映画)

-

私はわりと司祭の生きづらさ、息苦しさに感情移入して辛くなっちゃった。。
司祭が世間知らずすぎるって言われたらまあそれはそうなのかも知れないけど、自分が適応できない社会に居続けるのはやっぱり毒だよね。
>>続きを読む

瞼の母(1962年製作の映画)

-

良かった…。
タイトルの回収も含めて、持って行き方好きでした。

犯罪王リコ(1930年製作の映画)

-

リコのジョーへの執着はただ親友としてだけではなく、BANANA FISHのディノからアッシュへの気持ちに近いものを感じた。
その気持ちが1番見えたのは、ジョーがオルガを庇った瞬間。
リコ。。面白かった
>>続きを読む

偉人エーリッヒ博士(1940年製作の映画)

-

めちゃくちゃ良かった…。医学の歴史を体感した。裁判のシーン、感動した…。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

超楽しかった!!
こういう構造の映画はこれが初めてではないけど、邦画の自主って感じで、親近感?(違う)
こういうのが東宝でかかるなんてビックリだ。。
誰かと一緒に観に行って「面白かったね〜」を第一声に
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.0

子どもは大人の知らないところでどんどん成長していくんだね。

忠治活殺剱(1936年製作の映画)

-

グッときてしまった。
人物の行動とか、発言とか、思考の変化とか、大きく言ってストーリーは、密かに今ある色んな作品のルーツとも言えそうな、それが日本の特色なのか、普通にあるあるなのか分からないけど、こう
>>続きを読む

スローターハウス5(1972年製作の映画)

-

映画の中にとても引き込まれた。
タイムトラベラーと自称するところから始まり、SF好きな私としては食いついたけど、実際は深刻なPSTDの症状だったんじゃないかと思う。
それだけで片付けるのはこの作品に関
>>続きを読む

ゲームの規則(1939年製作の映画)

3.8

本気名作だった。作り込みの凄さ。
上手い言葉が出ないけど、屋敷中が混乱するシーンは圧倒されたし、最後は本当に旨が痛んだ。。
まあ浮気も不倫も到底理解できませんが、ヨーロッパのこういう映画になると、こう
>>続きを読む

ワン、ツー、スリー/ラブハント作戦(1961年製作の映画)

4.0

自分が陥れた人物を自分で救う。笑
愉快なドタバタ劇だった。オチも完璧。
映画館で目撃できたのは最高。

>|