メルさんの映画レビュー・感想・評価

メル

メル

時間と空間を飛び越えて入り込める作品が好きです。
素晴らしい映画の感動をレビューを通して共有したいと思います。宜しくです!

映画(337)
ドラマ(0)

ワーキング・ガール(1988年製作の映画)

3.9

ニューヨークの投資会社で秘書として働くテスは上昇志向の持ち主で努力家、でも所詮秘書は秘書、昇進は全く望めない。

新しく彼女の上司となった女性はテスの意見を積極的に聞くふりをして彼女のアイデアを自分の
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.3

何度も見てるのにレビューが書けずにいる作品があり、これもその1つ。

誰もが一度しか経験することが出来ない人生の中では皆んながビギナー。
失敗したって違うやり方でいつでも再出発すれば良い…と言われてる
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.9

片目のクボが三味線をかき鳴らすと折り紙が動き出し、落ち葉が船になる。
幼子のクボを守るため父は命を落とし、母も又彼を守るために…。

世話焼きのサルと陽気なクワガタに助けられながら最強になるための3つ
>>続きを読む

裸のキッス(1964年製作の映画)

3.7

1964年のサミュエル・フラー監督のモノクロ作品。

原題の''The Naked Kiss'' とは作品中で説明しているけど娼婦たちの隠語で、キスで分かる相手の変質性を意味するらしい。
Nakedと
>>続きを読む

白いドレスの女(1981年製作の映画)

3.6

脚本家としても活躍するローレンス・カスダン初監督作。

不倫相手に夫殺害を依頼し…というのは今では良くある話。

弁護士役のウイリアム・ハートは未だ若くて髪も薄くないし、これがデビュー作というキャスリ
>>続きを読む

抱擁のかけら(2009年製作の映画)

3.6

美しすぎて愛されすぎた女は罪作り…という事でしょうか。

盲目の脚本家ハリー・ケインはかつて映画監督だった。
彼が「謎の鞄と女たち」というコメディ映画の撮影で出会ったレナは有名実業家の愛人。

14年
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

若き日のダンブルドア(ジュード・ロウ)とグリンデンバルド(ジョニー・デップ)の秘密が明かされる。

前作のラストに出て来てからジョニー・デップのミスキャスト感が強かったのですが、これはJ.K.ローリン
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.0

11月8日に発生したカリフォルニアの山火事はまだ鎮火の情報も無く、死者、避難者の数は増えるばかりです。

温暖な気候で殆ど雨が降らないカリフォルニアでは2~3年前にも水不足による非常事態宣言が出され、
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.8

トルコ最大の都市イスタンブールを舞台にした猫ドキュメンタリー。

港町でもあるイスタンブールには古くから世界中の船が寄港する。
船内の食料をネズミから守ったり、長い航海の間船員たちの遊び相手となったり
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

今でもクイーンのCDを聴く者としてはワクワクな作品。
フレディが亡くなった90年代には日本のTVでも彼等の数々のLIVEの映像が流れていたので、彼のファッション、パフォーマンスは記憶に残っているし、あ
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.3

ポルトガルの港町ポルトで出会った26才のアメリカ人青年と32才のフランス人留学生。
彼と彼女が異国のポルトで暮らすにはそれぞれの理由があり、異邦人同士が出会って直ぐに心を通わすにはお互いの心の渇きがあ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

パッケージの顔を初め原作者、監督、主演と色々有名な作品。

冬の間閉鎖するホテルの管理人として雇われたジャックは妻と息子を連れて山奥のそのホテルにやって来た。

教師を辞めて作家として成功したいジャッ
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.8

ドラッグの売人からそろそろ足を洗おうと計画しているある男。
でも男の最後の仕事はあれよあれよという間にとんでもない方向へ動き出して行く。

「007」でブレイクする前のダニエル・クレイグが色々と魅せて
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.8

暴力夫から逃げるため息子と2人でローマを飛び出し、トリノの友人の部屋に転がり込んだアンナ。

慣れない街で仕事探しに忙しいアンナ。
友人や父親とも突然切り離されてしまった13才の息子は、新しい生活に馴
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

20歳からお茶のお稽古に通い始めた典子( 黒木華 )。
その後の20年以上の歳月に典子の身近に起こった事を、お茶のお稽古を通しながら季節の移り変わりの中で描いている。

「茶道」はお金のかかるお稽古と
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.9

ペットを飼っている人は実感されてると思いますが、飼い主がペットに与えるもの以上に彼らが飼い主や周りの人間に与えてくれるものってとても大きいんですよね。

どんな時でも黙って話を聞いてくれるし、時にはジ
>>続きを読む

理由(1995年製作の映画)

3.6

死刑反対論者の大学教授が、冤罪を訴える黒人死刑囚の真相解明に乗り出していくが…。

白人警官の黒人射殺事件が相次いでアメリカで起こり、日本でも連日ニュースになったのは記憶に新しい。
そんな人種差別が横
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.9

余命宣告された男フリアンと遠くからやって来た旧友トマスの4日間。

フリアンの唯一の心残りは自分の死後、たった1人残される愛犬トルーマンの事。
「瞳の奥の秘密」「人生スイッチ」のリカルド・ダリンとペド
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

衝撃的なオープニングからストーリーがどう展開していくのか予測できずしばし画面に食い入る。

主人公ミシェルの生い立ちが明かされる頃から、彼女の強さの理由、社会に対するスタンスの様なものが見えて来る。
>>続きを読む

母よ、(2015年製作の映画)

3.6

女性映画監督のマルゲリータは社会派作品が多く、仕事場では押しが強くスタッフとの間もギクシャクしがち。

私生活では思春期の娘が反抗期真っ最中、最愛の母は入院中だが見舞いに行ってもゆっくりは出来ない、お
>>続きを読む

華麗なる激情(1964年製作の映画)

3.6

イタリアのルネサンス時代に彫刻家、画家、建築家として数多くの傑作を残している天才ミケランジェロ。
彼が時の教皇ユリウス2世から命じられてバチカン宮殿の中にあるシスティーナ礼拝堂の天井画を描くことになる
>>続きを読む

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

4.0

アメリカ海軍の水兵さん2人が手癖の悪い新兵を刑務所まで護送する。

この新兵の盗みは未遂だったのに、上層部の奥さんが設置した募金箱に手を出そうとしたという理由で懲役8年とその後は除隊とかなり厳しい処分
>>続きを読む

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

3.8

70歳を超えたヴィム・ヴェンダースらしく、とても大人な作品でした。
ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、マリ=ジョゼ・クローズ、レイチェル・マクアダムスと俳優陣も豪華。

雪道に突然飛び
>>続きを読む

レミニセンティア(2016年製作の映画)

3.4

忘れたい記憶を消す事ができる男が居た。彼の家には忘れたい思い出を持つ人たちが次々にやって来る。
しかし、他人の記憶を消せるその男は、自分の娘との思い出がどうしても思い出せずに悩んでいた。

「スペック
>>続きを読む

僕とカミンスキーの旅(2015年製作の映画)

3.6

マティスの最後の弟子でピカソの友人という盲目の画家カミンスキー。
彼の本を彼の死後に出せばひと儲け出来ると崖っぷちの美術評論家が企んだ。

画家カミンスキーは勿論架空の人物。
それがあたかも存在したか
>>続きを読む

迷子の警察音楽隊(2007年製作の映画)

3.9

エジプトの警察音楽隊が招待されてイスラエルに来たけれど着いた所は目的地とは全く別の場所。

隣国同士は歴史問題もあり中々仲良くできないというのは世界共通か。

言語が違う、宗教が違う、かつて敵国同士だ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

ウィンド・リバーというアメリカの先住民保留地。
そこで少女の死体が発見されるが、それは初めての事ではなかった。

アメリカの西部開拓時代、先住民族は自分たちの土地を奪われ、虐殺され長い抵抗の末に現在あ
>>続きを読む

ブーベの恋人(1963年製作の映画)

3.9

ルキノ・ヴィスコンティの秘蔵っ子クラウディア・カルディナーレと「ウエストサイド物語」で人気の出たジョージ・チャキリス、そして昔から耳に馴染んでいる哀愁あるテーマ曲。

世界大戦後のイタリアではファシス
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.8

独裁者スターリンの突然の死、周囲の取り巻きたちは次期の権力争いに躍起になる。正に狂騒曲という狂乱、騒乱の大騒ぎ。

「スターリンの大粛清」は言葉としては知っていたけれど、暗殺リストに従って自分の気に入
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.8

20年も昔の人気TVドラマを実録の「歴史ドキュメンタリー番組」と思い込んだ宇宙のサーミア人。
彼らは宿敵の攻撃から身を守るため当時のドラマの出演者に助けを求めにやって来た。

全てが何処かで見たことの
>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

3.7

クリント・イーストウッド監督とマット・デイモンというので劇場鑑賞したのですが、3.11の震災後は津波シーンがある為か上映中止となったのを覚えている。

バカンスで津波に遭遇してしまい臨死体験をしたフラ
>>続きを読む

エヴァの匂い(1962年製作の映画)

3.7

ヴェネチアの社交界で高級娼婦として名を馳せるエヴァ。
彼女の一番好きなものは「お金」、嫌いなものは「年取った女」。
気まぐれでどこか退廃的なエヴァに魅せられた男たちは一文無しになるまで貢いでしまう。
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

4.2

体温を上回る気温が続くこんな夏の夜には、モノトーンでクールなフレンチ・サスペンス (笑)

何がクールか…笑わないジャンヌ・モローの美しさと、オープニングからエンディングまで流れるマイルス・デイビスの
>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

4.5

イタリアが今の様に未だ一つになっていない1860年代。
イタリアの統一を目指す赤シャツ隊がシチリア島に上陸し、新しい時代の波が押し寄せる。

シチリアの名家サリーナ公爵は自分達の時代が終わりに近づいて
>>続きを読む

TOMORROW パーマネントライフを探して(2015年製作の映画)

3.9

地球温暖化が叫ばれて久しいけれど、日本各地で連日40度前後の気温を記録している今年の夏、このままいったら地球はどうなる?と考えてしまう。

「このままの生活スタイルを続けていくと人類は滅亡する」と21
>>続きを読む

殺したい女(1986年製作の映画)

3.6

ベッド・ミドラーとダニー・デビートのコメディ。

財産目当てで結婚した男がいよいよ妻が邪魔になり殺人を計画していた矢先、何者かに妻が誘拐された。
願っても無いチャンスに犯人の身代金要求を拒否し、妻が死
>>続きを読む

>|