ーーーさんの映画レビュー・感想・評価

ーーー

ーーー

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

-

吹き替え版で鑑賞!コメディー要素が沢山あっておもしろかった。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

-

子供がいる家庭の親視点の作品。子供を持つのはかなりの覚悟と責任感がいるなぁと感じた。

とにかく、人生にうまい話なんてなかなか無いんだなぁと思わされた話。

モヤモヤが残る場面もあったよ。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

-

シーンごとに感情移入する対象が変わる不思議な映画。
やられたらやり返す、、、あのドラマのセリフがしっくり来るような、人間の怖さを感じる作品でした。

色即ぜねれいしょん(2008年製作の映画)

-

男子高校生の脳みそって感じの映画!

銀杏BOYZ、くるり、ボブ・ディラン…どれかひとつでも知ってる人に見てほしい。豪華…

渡辺大知くんの関西弁もいいし、高校生特有の思春期感が良かった。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

-

ばちばちのサイコホラー!二部構成になっていておもしろかった。被害者も加害者も誰も報われない映画。原作読みたいな。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

-

わたしも悩みを抱え込んでしまうタイプなので、周りからどう思われてるのか怖くなったりその悩みをうまく伝えられなくて後悔したり、よくある。

結構精神にどすんと来る映画。

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

-

自分はまだ若いんだ、と認識できる映画。見る年齢によって感想違いそうだね。

人生、後悔することもあるけど悪いことばかりじゃないよ。記憶は消えない。
そう考えると分岐点って人生で数え切れないぐらいあるな
>>続きを読む

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

-

岩井俊二作品の世界観だった

中学生特有の雰囲気。大人になったら、なんでこんなこと信じてたんだろう、みたいな。

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

-

(記録してなかったや)

片想いのお話。
その恋が叶わないと思っちゃったら口に出せないよなぁ、
そしてその気持ちも時間とともに忘れていくんだね。

という感想をもつ映画。儚いね。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

ずっと観たかった、やっと観れた、、!劇場で観たかったな

音で怖がらせるのが上手い!!まんまとはめられた。

序盤からワンカットで撮影しているシーンが多くて引き込まれた、セットのこだわりを感じた。いっ
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT(2010年製作の映画)

-

カメラワークが良かった、音で驚かしてくるところは自分も大声出して怖くないようにしたけどやっぱり怖かったよ!!!!!

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

-

ひろしの回想シーンが好き。私が生きてきた平成の懐かしさはまだ分からないし、平成も令和もさほど変わっていない気がするけど平成は良かった、って言える日が来るのかな

告白(2010年製作の映画)

-

自分について客観視するようになる映画だった

劇場(2020年製作の映画)

-

7年って長いよなぁ、良い意味でも悪い意味でも。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

漫画が原作なだけあって一人一人のキャラクター性がはっきりしていておもしろかった、終盤の話の流れがジェットコースター並だった。

奥田民生の曲が沢山かかっていてそういう所が映画の良さだなぁと。

私も奥
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

最後の方、うるっとした…
みんなが主人公。自分の意志を大事にしようと思えるポジティブな映画!

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

作画枚数15万枚…凄いや。ところどころロトスコープで描かれてるのかな、、と思う場面が。


序盤の、バイク走らせる街並みのシーンが好き。ぬいぐるみが襲うシーンは夜中に観るとホラー映画並みに怖いし、夢を
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

-

所詮みんな他人なのかなぁ、生きるのって楽しくて不安定で大変!

音楽(2019年製作の映画)

-

演奏する瞬間、鳥肌たった…
アニメを描いている身として、あんな細かい動きまで描くなんてもはや鬼ですね

坂本慎太郎さんの声が良かった。最後のドレスコーズのエンディング曲も良かった。つまり、関わっている
>>続きを読む

知らない、ふたり(2016年製作の映画)

-

この映画を観ると、このぐらいのコミュニティの狭さで生きてる方が逆に良いのかもな〜って思う

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

「1番最善の計画は、無計画だ」のセリフがぐっと来た
パラサイト=寄生虫 ダイレクトなタイトル!
2時間以上あるのにあっという間だった


この映画が好きな人は「Nのために」もたぶん好き

ラストレター(2020年製作の映画)

-

鈴木慶一さんが出ていたことにびっくり

濃い映画だった

文通しよう…!