めってぃーりりーさんの映画レビュー・感想・評価

めってぃーりりー

めってぃーりりー

武士の献立(2013年製作の映画)

3.9

お腹すいた…
私も誰かのために作りたいなぁ

かぼちゃと小豆を炊いたのが美味しそう
っていうか、美味しいもの巡りの旅がしたくなった

Love Letter(1995年製作の映画)

4.0

私も会いたくなった。元気でいて欲しい。

私が中学生時代や学生時代からどんどん遠ざかってることも感じたわ…
また小樽に行きたいな

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.0

加賀まりこが可愛いすぎる。
肌のキメもめちゃ細かい。
横浜ってあんな感じだったのね。

最後にゾッとしたけど…。

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.5

マリリンモンローの魅力って声の部分も大きいわ…
マリリンモンロー港区女子って感じだわ。
(相手の財に悪びれもなくこだわる点が)

愛情重視で男を選ぶ親友に「お金がないと愛する余裕がなくなるわ」的なセリ
>>続きを読む

フレンチ・カンカン(1954年製作の映画)

3.7

興行主のタングラールひでぇ…
けどニニも踊り子になるっていう最後の最後に覚悟が決まったよね。

閃光少女(2017年製作の映画)

4.6

のだめと海月姫の要素を混ぜた中国版って感じ笑

だけど、クラシック奏者が自国の音楽は全く知らない現状とか?
主人公が楽器を辞めたいと言ってる時に
お母さんが「揚琴もあなたを求めるんじゃないかしら」と声
>>続きを読む

巴里の屋根の下(1930年製作の映画)

4.2

切なーい、アルベール…。
ポーラって女魔性だわ…でもすっごい髪型とかメイク可愛い。

あとアコーディオンバックの音楽がすっごい耳に残るし、メンデルスゾーンとかロッシーニとかところどころトーキーの場面に
>>続きを読む

日本の夜 女・女・女物語(1963年製作の映画)

4.5

1960年代の島原遊郭からお触りバーまでの水商売、ゲイ、豊胸や美容体操?などの美容法から帝王切開(全く修正なし)
面白いドキュメンタリーでした。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

2.5

弟だけじゃなくて、姉の寂しさもリアルに描かれているわ…
姉すっごい良い子。

ラブ・クレイジー セックスだけの関係(2008年製作の映画)

4.0

エロいだけじゃなかった!
ストーリーがどんどん展開していくから
退屈しないで観れる。

男女の機敏とか支配関係とか色々含まれてて結構深いと思った。←経験ないけど笑

あと喧嘩のシーンがリアルでちょっと
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.8

ひたすら苦しい。

ユウって何回も言いたくなる。

コイケが死んで本当に嬉しかった。

劇薬ですねこれは。

二重生活(2016年製作の映画)

5.0

よかった。

久しぶりにゾクゾクした。

主人公、詰め甘いし。
変装しろよ。もっと遠くから見ろよ…。

教授含め、研究のためならいいだろっていう価値観が大学しか知らない浮世離れした感覚だよね。
殺され
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

2.0

主人公、優柔不断すぎとか、また別の人に行くんとかつっこみたくなったけど、
ゲイではなくて、その人だったから、そういうことができたんだよな…点は共感。
モヤモヤする映画。

そして父になる(2013年製作の映画)

4.0

福山雅治の役が途中までひたすらうざい。
全てを自分のコントロールに置かないと気が済まん人。

赤ちゃん入れ替えた女が手紙とか書いてくるの舐めとるんかって感じ。両家のお母さんが「一生許さない」って団結し
>>続きを読む

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト(2014年製作の映画)

2.0

音がカラッとしてて、パリッとしてたし、
無駄なことをしない演奏スタイルだった。

色んなことをしようとすると邪道って言われるよね。
しかも彼の場合自分の家族全体がフランメンコ演奏家だから、余計心配だっ
>>続きを読む

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ(2018年製作の映画)

3.0

美術品ってモノだから色々大変だよね…
ナチスはあんなに美術に強欲だったくせに、パレードとかのセンスはすこぶる悪かった。

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.5

爽やか。
私も仕事頑張ろうと思った。
し、ビジネス英語の勉強になりそう。

あと最後のエンドロールが面白い。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.8

夏芽がめんどくさい女すぎて無理…
(小松菜奈はかわいい)

上白石が田舎の垢抜けてない女の子演じるの上手すぎ…
漫画の絵と見比べてみたけど割と似てるよね。

っていうか、レイプされたかけた過去があるの
>>続きを読む

地獄門(1953年製作の映画)

3.5

なんやねん、この男と思った。好かん。
袈裟の覚悟がすごい…

安城家の舞踏會(1947年製作の映画)

3.5

日本人らしい心の機敏の揺れ方だわ…

あつこ、偉すぎ。
他の家族、何⁈って言いたくなる…

あと、言葉が本当に上品。
ごきげんようや、ごめんあそばせが
こんなにナチュラルに成り立つだなんて。

東京出
>>続きを読む

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.5

石岡瑛子の衣装がひたすら可愛い。
リリーコリンズも可愛い。

話も痛快で面白い。
けど、小人役にめっちゃハンサムな白人が誰一人選ばれてなくて、髭面のおじさんとかアジア人がキャスティングされていたのは複
>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

3.5

最初はいい顔をしてやってくるのが「魔」
なのね…

上海特急(1932年製作の映画)

4.0

マレーネ・ディートリッヒもだけど
アンナ・メイ・ウォンもとても美しい。
あんな顔になりたい。(前髪の幅が狭いのはなぜ…笑?)

マデリンと大尉の素直になれない感じもかえって私はとても好き。

(2020年製作の映画)

4.4

よかった。綺麗な映画。

小松菜奈可愛い。(そこ?)

余談だけど、ネイルサロン開業のため頑張って働く小松菜奈とその友達観て、
私も本気でもっとお金稼ぎたいと思った。

クレオパトラ(1934年製作の映画)

2.0

ヨーロッパ人から見たエジプトがわかる気がする。

マッスル 踊る稲妻(2015年製作の映画)

2.0

目には目を的な映画だったけど、面白かった。

また、行なっていく復讐に全く容赦がなくて全部グロ。
(韓国ドラマが甘く思えるかも)
インドにサティーの慣習があった意味がわかんなかったけど、これ見たらなん
>>続きを読む

東京オリンピック(1965年製作の映画)

4.5

面白かった。
何よりも、アングルとBGMのタイミングが大胆で独特‼︎
今じゃなかなかない…

ウェアや選手団のスーツ、女子選手の髪型や、体型、アナウンスとかに時代を感じた。


あと選手も測定員も、お
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.0

グログログログログロ…。

本当のヤクザのトップはチンピラ臭がしないってわりと信憑性高そうね…
最初は天使の顔して、徐々に首締めていく
感じがリアル。
リアルで怖い…

あと、鳥肌実と津田寛治っていう
>>続きを読む

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

2.5

野村萬斎が小泉今日子針を刺して
邪気?をわざと吹き込むシーンがエロくて萌えた。そういうシーンじゃないのにね笑

下妻物語(2004年製作の映画)

5.0

さいこー!笑える。

今の時代の芸能人、みんな顔似てんな整形してるなと思った。
深キョンも下の歯、ガタガタだった!

でも2人とも可愛かった。

つーか香椎かてぃって、いちごのメイクとか真似してんのか
>>続きを読む

青空に踊る(1943年製作の映画)

3.0

絶対あんなラスト無理だよ。
日本が戦争描くと涙要素は抜けないけど
戦勝国だからできたと思う。あのラスト。

>|