mxvrtさんの映画レビュー・感想・評価

mxvrt

mxvrt

ベストムービーは順位がつけられないのでとりあえず直近で最も衝撃だった作品を一本だけ。

映画(264)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

1.0

凄い映像だと思うのだけど、編集や見せ方が退屈過ぎてプロの作品とは思えないレベル。最近でここまでのは珍しいかも。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

セルゲイ・ポルーニン、ミスティ・コープランド、リル・バックのエンドクレジットが素晴らしく、これを見るだけでも価値がある。
ただ、本編は映像は綺麗だけど展開ともに新鮮さはなく、話は予想通りに進んで行くわ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

5.0

好き
どこが好きか考えたら最初のロゴからエンドクレジットまで全部好きだった。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

観た後の感じは話は全然違うけど2002年のタイムマシンに似てるなと感じた。
ゴースト目線で淡々と語られるのかなと思いきや中盤でかなり長々と説明するキャラがいて、その人のセリフ量は全登場人物のセリフ量よ
>>続きを読む

カムガール(2018年製作の映画)

2.8

高評価と聞いて見てみた。
よくわからなかった。

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

4.0

傑作!プーと大人になった僕を観てモヤったのがなぜか分からず、この映画を観てよ〜〜〜くわかった。プーさんの世界はあくまでクリストファーロビンの世界で、もう世に出てしまったことは元に戻せないけど「プーと〜>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.0

1作目を期待して観てるとかなり違う感じ。構図や音楽は踏襲してるけど。途中からかなりシラけてしまい、ラストの展開でダメ押し。こうゆうものだと割り切って観たらまた違うかもしれないけど。映画と言うよりドラマ>>続きを読む

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.3

なんかもっと小難しい話かと思ってたら、甘酸っぱいラブストーリーでした。マルクスとエンゲルスの。良い解釈だなぁと共感しました。役者さんもバッチリハマってて一見の価値ありと思います。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後まで観て実話やったの!!!!と驚くと言う…。最初の防火テントの説明で外は500度でも息ができれば大丈夫と言ってたので、そんなに薄いのにホンマに⁈外が500度なら炎を防いでも中は何度に⁈でもプロが言>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

リズ・アーメッドが良かったなぁ。ヴェノムとエディのやり取りもとても楽しい。けどそれ以外は設定がユルめで新鮮味もなく、もうユニバース系のこのノリと同じような映像、音楽にかなり飽きてしまってるな、と再認識>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

なんか全体的に薄いし、特に主人公親子と対比になってる犯人親子の薄さときたら。ヤダみを感じるレベル。なのに主人公の弟と娘がまさかと思わせる展開など急に具体的でグロいことを入れてくる。この映画に出てくる主>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

5.0

初めて映画館で鑑賞。IMAXの巨大スクリーン、音響で観る2001年宇宙の旅はこれまで映像が美しいなぁと感じていたのが生ぬるかったと思い知らされる暴力的なまでに圧倒的な映像美だった。

潜入者(2015年製作の映画)

3.6

ちょっと途中で誰がどの役割の人かわからなくなってきて混乱してしまった。それでも面白く最後まで観れた。まだコロンビアが麻薬輸出の中心だった頃の話だから現在のメキシコが中心になってる状況ともごっちゃになっ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マッコールさんが駅まで乗せてって、デイブの子供と一緒に車に乗り込むところは前作以上に敵に同情した。

イングリッド ネットストーカーの女(2017年製作の映画)

3.3

SNSの闇のような打ち出しだけど、反社会的な行動に走る人の孤独、嘘をつく、看板とかに啓示を見るの3点セットもしっかり描かれて面白かった。特にイングリッドの孤独感がサイコパスと言い切れない悲哀を感じさせ>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.8

これはスゴイ傑作!!!
上映館数がすごく少なくてまだ公開から間もないのにこれだけ感想が多いのも納得。

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

3.8

日記を読むことで相手の存在を知って…2人のそれぞれのパートが交錯する。2人は会えるのか?恋愛物かと思えば、過疎の水上学校を舞台に子供達との交流や苦悩を通して子供や登場人物の成長物語としてとても爽やかで>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

電気で跳ね飛ばされるトコとか全体に激しくて楽しかった。ピーターの動きも可愛い。ドーナルグリーソンを好きになった。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.0

このシリーズは初めてみた。
これは笑かそうとしてるんですよね。
ホラー苦手で恐々みてたから終盤まで(遅ッ)まで気づかなかった。
分かって観てたらもっと楽しめたのに〜!
アイリーンの役者さんがすごくホラ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.0

ラブコメは好きじゃないけどアジア人監督キャストで全米で2週連続興収1位と聞いて。
やっぱラブコメ苦手。映画としてもそこまでとは思えなかった。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.0

皆さんおっしゃってますようにゲオルゲのスパダリ度が非常に高く、思いやり優しさが必ず相手の尊厳を尊重するものであることが素晴らしい。ラストに拍手。

素晴らしき戦争(1969年製作の映画)

4.0

牧師か神父かラビかが勝手なことを説教した後にアカペラの美しい声で歌われる聖歌の歌詞の皮肉さが特に印象的だった。

アラバマ物語(1962年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ネットで原作の続編があると知ってあらすじを読んで驚いた。あらすじだけなので何とも言えないけど。
法廷のシーンは圧巻だった。被害者とされる女性はいつもオドオドしているのに証言の矛盾を突かれると絶叫すると
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

話はあってないようなもの。
そんなことわかってるよね、と言う感じで逆に清々しい。アクション各種取り揃えました、的な展開。あんまり詳しく分からないけど、ダイハードを骨格にしてMIなど他の有名なアクション
>>続きを読む

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

5.0

キング牧師の非暴力の戦いがどのようなものだったのか、とてもわかりやすく描かれている。
時代がまた逆行しようとする中、今この物語を伝えなければとの強い意志を感じる。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

5.0

最高すぎる!!宇宙船が衛星をガーンと跳ね飛ばして渋めのタイトルが出るところで爆笑!最高やろこの映画と確信。プレちゃんが透明な時、アレがかかって姿が見えるとこで「オメエら行くぞ!ついてこいやぁー!」と監>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

1.0

ぷーさん達の実在感がすごい!話は予想通りの展開だけど、直球のええ話やなと思いつつ観てたら最後のオチにすごい違和感を感じた。ちょっと嫌な感じさえして涙が引っ込んだ。なぜそう感じたのか自分でもよくわからな>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

優しい!最近の映画はホントに優しい映画が多い。観る前はもっとスタトレ度が強くてそれを楽しむ作品かと思ってたので、そんなに詳しくなくても物語を理解できたことに少しホッとしたのとちょっと拍子抜けしたくらい>>続きを読む

The Search for Freedom(原題)(2015年製作の映画)

4.6

ドキュメンタリーだけど映像と音楽がとてもドラマチックでイイ!
エクストリームスポーツは怖くてできないけど、こんな風景が見えてるんだとか体感を感じられるほどの接写で見てるだけなのに開放感がある。イイ。

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.0

前作が傑作だったのでめちゃ楽しみにしてたけど。なんかグダグタな印象。シラットの見せ場も今作はイマイチ。せめて何かに絞ってればなぁ。

ザ・レイド(2011年製作の映画)

4.0

ボーンシリーズでシラットの美しさに魅了され、本物のシラットチャンピオンが主演!と聞いて観た。ほんまのシラットも堪能できたしストーリーも含め素晴らしかった!

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

3.2

映像はピクサーレベルの高クオリティ。ネットフリックスが今作にかなり力を入れてると感じる。画ヅラは既視感強い、特にベイマックス感が強いと感じた。話はうーん、ベイマックスに比べると少女とロボの絆の説得力が>>続きを読む

>|