北野日奈子さんの映画レビュー・感想・評価

北野日奈子

北野日奈子

1996

映画(894)
ドラマ(14)

僕の彼女はどこ?(1952年製作の映画)

5.0

2回目
オールタイムベスト!いちばんしあわせ!サーク監督ありがとね!

君とひととき(1932年製作の映画)

3.5

モーリス・シュヴァリエ好きまじで
『結婚哲学』のコーヒーとゆで卵→オフのキス もあってほしかった

あのアーミン毛皮の貴婦人(1948年製作の映画)

3.5

たしかに『アンジェリカの微笑み』っぽい。ラストの雪と窓を使った演出、同じくテクニカラーの『天が許し給うすべて』や『僕の彼女はどこ?』に比べればあまりにもささやかながら、しっかりとドラマを終わらせてくれ>>続きを読む

ひみつの花園(1997年製作の映画)

3.5

真夏にこの映画をずっとかけたりしたい そのとき家賃ぎりぎり払えてる一人暮らしの部屋で

接吻(2006年製作の映画)

4.5

2回目
好きな人の前であくびをしちゃう小池栄子がキュートな、せっけんの匂いにつつまれたふわふわラブストーリー
もう一回は見る

息を殺して(2014年製作の映画)

3.0

フィックスでスタティックな画面とドラマに直接は奉仕しないウイニングイレブンや干し芋やラーメンなどの脱臼とのミスマッチが自分には合わなかった。たとえば(自分にとって)『ハッピーアワー』がそれを解決できて>>続きを読む

くちづけ(1957年製作の映画)

5.0

3回目
うつむいていた野添ひとみがバイクで去ろうとする画面外の川口浩の方に目を向けるとその瞬間に画面の下から排気ガスの煙が出てくるところ、とか地味によかった

背中の反り(1999年製作の映画)

3.0

全然ロメール見てないけどこれは全体的にかなりホン・サンスっぽい? 特にビデオで撮られたルックとか、彼女と主人公が出会ったときの彼女の顔→背中の反りのすばやいティルトダウンとか 「ギャラリー 痕跡」って>>続きを読む

おんなたち 淫画(2007年製作の映画)

2.5

いま分かったけど吉岡睦雄の顔はキム・ギニョンの描く絵に似ているときがある

拳銃魔(1949年製作の映画)

4.0

issakuさんが蓮實重彦に名指しされて壇上に上がって新潮の最新号をプレゼントされていてウケました

拾った女(1953年製作の映画)

-

朝に見た『霧の中の風景』と同じ「フィルムの断片」というアイテムが登場して映画を見ているとこういう偶然があるんだと思った、けど眠すぎて寝てしまった 見る前にマクドナルドを急いで食べたらすごい気持ちがつら>>続きを読む

霧の中の風景(1988年製作の映画)

4.5

弟がレストランに入ってからバイオリン奏者が入ってきて出ていくまでの長回しで唐突にけいれんした

ドナルドのゴルフデー(1938年製作の映画)

3.0

いまさらストレンジャー・シングス見始めた

きのう五反田団の新年工場見学会はじめて行ったけど前田司郎のはともかく岩井秀人のも全然面白くなかった…

無垢の祈り(2015年製作の映画)

1.5

中学のとき『独白するユニバーサル横メルカトル』に入ってる最初の短編だけ読んだけどきもちわるかったな

巨神兵東京に現わる(2012年製作の映画)

-

『部屋に流れる時間の旅』ぽい
林原めぐみの声 青柳いづみに似てる

雪の断章 情熱(1985年製作の映画)

3.5

冒頭13分間の長回しは庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』のぐるぐる回る舞台のよう 長回し直後の上体を反らせてバイクの後部座席に乗る斉藤由貴、校舎の柵に登って上から話しかけてくる刑事の奥から聞こえてく>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.0

10年?ぶり
14歳の夏にアスカが転校してこなかった時点で人生終わってたぽい

浮雲(1955年製作の映画)

3.0

川満さんとシネマヴェーラの美人な受付の人がいた 映画ってなげー

>|