ペパーラブレバーさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ペパーラブレバー

ペパーラブレバー

3.9と4.0の間に大きな壁。
語彙力ないのでレビューは浅浅です

映画(362)
ドラマ(0)

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

2回目鑑賞でプラス2点
考えれば考えるほど良い映画だった
最初リーガルハイの古美門研介みたいだと思ったけど全く違った。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.4

評価が高いからと期待しすぎたかもしれない
過去を変えられたまま何も知らずに過ごす彼女が可哀想だと思った

とぼけた叔父さんが面白かった

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

ベンみたいな人間になりたいな
無条件に優しい訳じゃなく駄目な時はちゃんと駄目って言ってくれるから信頼できる
また観たくなるし生き方のお手本にしたい人柄だった
デニーロの笑顔って泣き笑いっぽくて見てると
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.3

長いのと、眠るシーンが多くてこっちが眠くなった。
こんなのよく思いつくなーって思った
映像も凄い
でも多分なんか理解しきれていない気がする。複雑。
主人公のコブがちょっと独りよがりというか、自分と家族
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

4.0

凄く好きだった〜
コメディ強めかなって思ったら、思ったよりちゃんとアクションしてた。
何気に伏線回収もしっかりしてる
笑いのセンスもアクションもジョニーイングリッシュよりだいぶ好きだった。
ストーリー
>>続きを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

3.4

ジュマンジみたい
子供向け
ジャックブラックが出てそうだねって言ってたらほんとに出てて笑った

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.7

ブラックコメディ
シーンによりホラー要素強め
面白かった。キャストに助けられてる感はあるけど。
いつの時代でもこういう女の人いるんだな〜

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.9

エミリーブラントが強く美しくとても良かった。
ダサいトムはあまり見たくないけど段々成長していく過程も見ててワクワクした。
理論は納得出来るけどループの細かい設定が、最後の所でん?ってなった。1日前に戻
>>続きを読む

ジャック・フロスト/パパは雪だるま(1998年製作の映画)

3.8

昔大好きで何回も観た
雪だるまの質感がなんか好きで見てて楽しかった。
少し笑えて最後は絶対泣いちゃう話。
悲しくなるのが嫌だから大人になってからは見ていない。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

プロフェッサーのとぼけ具合や老いて戦闘能力が落ちたローガンが、シリーズファンからすると終始切なかった。
私的にはこれが最後だと気持ちにケリをつけていたのに続編が出たのが不安。
嬉しいけどこれ以上の最後
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.5

そういえば観てた映画。
幸せな気持ちになれた。
お兄ちゃんがとにかく優しい

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.6

これ観るとウルヴァリンの印象また変わる。より好きになる。
ナオミワッツ の元旦那が兄弟役
ラストのあれはあれらしいけどその繋がりいる?

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.8

エンドロールの終わりまでしっかり観よう
面白かった
あの能力はなに?
げきつよジーン

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.8

ファイナルって言ってるけどシリーズ3作目だった気がする
能力者同士の戦争凄く楽しかった
ウルヴァリンの悲しい運命。

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.2

シリーズの中で一番好きかもしれない
パラレルワールドの始まりの話
ハラハラドキドキ

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.8

マグニート、プロフェッサーの始まりの話
これ最初に観ると他のシリーズわかりやすい気がする
面白かった。

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.7

大好きなシリーズ
まだ時系列が、ごちゃごちゃしない頃。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.4

ロボットとかすきじゃないけど誘われて映画館で観た
菊地凛子の魅力わからない
もっと抜群に綺麗な人が良かった
ロボット好きな人は面白かったと言っていた。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

2.9

何故かみた
観るの疲れたし笑うとこなかった
記憶に残るシーンもない

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

迫力
キングコング出た時ときめいた。
内容は覚えてないよう
まぁまぁ面白かった記憶のみ。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.7

昔地上波でよくやってた
今はこの代わりがナイトミュージアムなのかな
すごく心躍るシーンがたくさんあった
これがキルスティンダンストだと知るのは大人になってから。

キアヌ(2016年製作の映画)

3.6

パッケージ見て、猫が喋りだす系かと思ったら猫は猫そのものでとても可愛かった。
臓器泥棒めっちゃ笑った。

ゴースト・ハウス(2007年製作の映画)

3.5

ホラー観たい、怖い思いしたい人には最適だと思う。ストーリー自体は私でも思いつくわって感じだけど恐怖演出はかなり上質。

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

怖さのジワリジワリ具合が丁度いい
後半は怖さより笑ってしまった。

サイレントヒル(2006年製作の映画)

3.6

"燃える"シーンは私にとって映画史上指折りのトラウマシーン。
一番可哀想だった。

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

3.7

子供の頃観た
面白かったし最後泣いた。
少し笑える所もあり
ただ観た当時は長いと感じた

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.5

つまんないし救われないし全然好きじゃない。何故こんなにこの監督評価されるんだろう。
ラッセンより普通にピカソやゴッホが好きなんだけど、それと同じような世間とのズレを感じる。

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

3.3

原作が好きだった。
真木よう子頑張ってたけどイメージがどうしても合わない。
ラストも微妙に違う。