ちちみふくこさんの映画レビュー・感想・評価

ちちみふくこ

ちちみふくこ

なんかもう評価は基本甘いです。
4以上は面白かった作品。それ以上は好み。
恋愛映画と戦争映画はあまり観ないけどそれ以外はなんでもイケます。

映画(271)
ドラマ(0)

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

なるほどポニョと比較されるよね。
どちらもファンタジー満載の人魚をテーマにしたアニメーションなのに受ける印象は全然違う。
ポニョは背筋が寒くなるような視点から見えるのに、ルーは底抜けに明るい。邪気が無
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.3

人を愛するって、、、こんなにも大きなことなんだなぁ。
ゲルダの愛が大きくて深くて海のよう。
それに比べて私のちっぽけさよ。
アイナー、もとい、リリーにとってゲルダは妻であり、親友であり、母のようでもあ
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

今すぐに豚汁とおにぎりが食べたいです!あとラーメンも!

南極にうっかり派遣された料理人と7人のおじさんたちの南極越冬物語。
まず思ったのは、え、そんなにゆるいの?!
あと、食事と娯楽が充実してること
>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

4.3

四十過ぎたら女はみんな同い年!

もう、拍手喝采です。
観終えてからじんわり、温かい。

バスツアーに参加したおばちゃん7人が山で迷子になって大冒険するお話。
乗り合わせた7人のおばちゃんの、おばちゃ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

あんなロマンチックなラブレターもらったら、ねぇ!
かれこれ十年くらい、音楽やってる人は2割増し説を唱えておりますが、バンド始めてからグイグイかっこよくなっていくのが良い。

青春✕音楽=最高
葛藤や怒
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.5

ど、どうしよう
わかんなかった。
私には全然、わかんなかった。
差別してるのか私。
黒人に無意識にエディーマーフィー的面白キャラクターを期待しているのか私。
主人公を好きになれない。
あの優しいおじさ
>>続きを読む

明日の記憶(2005年製作の映画)

4.0

若年性アルツハイマーを発症したイケイケでやり手の広告代理店の部長。仕事に夢中で家庭を疎かにしがちだったものの、家族に愛されている。

その妻はいつも笑顔を絶やさず、家族を見つめ、きちんと守る専業主婦。
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.3

コメディ映画という括りではないと思うんだけど、思わず吹き出してしまうシーンが散りばめられていて、この間と空気感がとてつもなく居心地が良い。
役所広司さんという役者さんは本当に素晴らしくて、なんかもう宝
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

おじいちゃん絶対59歳じゃないでしょ。
たった一人愛した妻を亡くし、規律を守ることで自分を保ってきたであろう偏屈おじいちゃん。早く妻のところに逝きたいおじいちゃん。
周りの人がとてもとても優しい。
>>続きを読む

カリフォルニア(1993年製作の映画)

3.9

ジュリエット・ルイスが可愛い。
ひたすら可愛い。

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

4.1

なんだか私には、とっても面白かったのです。
ファンタジーと見せかけての皮肉とかもっとブラックな結末を想像して、今か今かと待ち構えていたのに終盤泣いてしまうというまさかの展開。
監督の名を伏せて観ていた
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

大真面目にやるほどにコメディ。
帝一と父上のシーンはもうたまらなく大好き。
私の苦手なくすぐったいキラキラ感もなく(大鷹弾も自然なさわやかでくすぐったくなかった)楽しめた。
コウメイは女の子にしか見え
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

イカスミ、、、美しい文字でした。
突然現れたばかうけとの対話にかりだされた言語学者ルイーズ。

宇宙と時間の関係について、なんだかインターステラーを思い出したり。
言語は思想を形成するという考え方にな
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.8

地球に隕石が衝突する五時間前。
レコード屋さんがちっとも売れなかったパンクロックのレコードをかける。
音楽は、世界を救うこともある。

原作未読なのが悔やまれるけど、この話がそもそも映画的な気がするの
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.9

居候のおじさんとぼくの日常。

おじさんは週に1回大学で非常勤講師を、他の日は家にいる人。
小4の甥にマンガ週刊誌をワリカンさせる人。
風貌も話し方も素敵。
子供たちの台詞があまり現実的じゃないところ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

盲目の老人の家に現金がいっぱいあるらしいからいただきに行こうぜ!
って入ったら最後、出られない。
窓という窓に格子があってドアには鍵がかかり、盲目のじいちゃんはマッチョな退役軍人でここは住み慣れた我が
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

4.0

パッケージの女性はマザーじゃないのね。

女は女。
歳をとるのはただの順番で、若いときも、若くなくなるときもいつかはやってくる。
うっかり体が男に生まれたり、美人だったり、子供を亡くしたり、いろいろあ
>>続きを読む

オーディション(2000年製作の映画)

4.2

すっごく面白かったなにこれ!
ズタ袋にわくわく!
黒電話ジリリリにびっくーん!
アサミさんが可愛くて声まで可愛くて、そりゃオジサマ鼻の下伸びますわ。
例の痛そうなシーンも角度を変えればSMプレイやんけ
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

グランパ、ダーティすぎるやろ。
終始お下劣。
最後の方いい話っぽくなってるから、そうか、そんなのくだらないと思ったけどじいちゃんにとっては生きる力になるんだね...!いやいややっぱりどうなのよ。

>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.2

怒りを映画鑑賞にて消化。
暗くて苦しくて辛い。消化。
刑法第39条。
精神疾患のある人は裁かれないそうです。
鈴木京香さん演じる精神鑑定人が常にベージュでまとめたパンツスタイルに化粧っ気もなく、ぼそぼ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

あぁ今更。いまさら観たよ。
みんなが良いと盛り上がってる最中は絶対観たくない天邪鬼を直したい今日この頃。
ボロボロ泣いてしまった。
なんでこんなに泣いてるのか訳がわからなくなりながら。
ただ、なんで好
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

オープニングとエンディングの妙に鑑賞後は爽快な気分になれる。
画面は汚いけど。
女の子もダイアン以外のブス加減が絶妙。
音楽も最高。
私みたいな一般人にはある意味ファンタジーですらある。
20年も前の
>>続きを読む

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」(2012年製作の映画)

5.0

WOWOWさんで鑑賞。
あまりにも衝撃的に面白くて気がつけば現在上演中の下弦の月をポチ。
小栗旬のかっこよさを初めて知りました。捨之介見たら惚れてまうやろ。
アカドクロで水野美紀さんが演じていた蘭兵衛
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

きれいごとじゃない。

そんな感想がまず浮かぶ。
女の子なのに体が男。それがどんな気持ちなのか、本当のところはわからないけど、きっと辛い。
リンコさんもそのお母さんも強くて優しくて愛に溢れてる。
「リ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.9

振り切れてました!それはもう。

原作をまったく知らない身としては振り切れてはちきれて豪華なキャストのコメディ。
ただただ楽しい。
小栗旬かっこいい。
とりあえず今すぐ録画のワカドクロを見たい。

高台家の人々(2016年製作の映画)

3.7

そうだ、エスケーツー買おう。

華麗なる高台家のぼっちゃまと妄想癖のある地味な女の子の恋のお話。
素晴らしき漫画実写。
漫画読んでないけど、漫画原作だよね?ね?
心を閉じたきえちゃんは、飛べなくなった
>>続きを読む

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.0

詐欺師のクヒオ大佐と、女たち。
クヒオ大佐の詰めが甘々で騙す気あるの?
無いの?
一番騙したかったのは自分自身?
信じたい女、嘘に付き合う女、現実逃避したい女。
お金で夢を買えるなら宝くじより素敵だけ
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.5

ひえぇなんだろうこのゾッとするかんじ。
近くにいるバラバラの人たちの11分間が時系列もばらばらにある一つの事に向かっていく、ということでいいのかな?
前情報無しで観たら見事に前半混乱したけど、無事につ
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

色の効果がすごい。
八坂の白いワイシャツと白いつなぎの神々しさと、中に着た赤シャツが見えた瞬間の狂気。
浅野忠信さんが怖くて不気味でそこにいるだけでなんかもうすごい。
お母さんがどれだけ自分を責めただ
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.3

ケリー!ケリーが出てます!
渡辺直美さんで有名なビヨンセは、かつてケリーとミッシェルと三人組のボーカルユニットを組んでいたんですよー。
元気で明るくて気風のいい姐御的存在だったんですよー。
あー。
>>続きを読む

酔いがさめたら、うちに帰ろう。(2010年製作の映画)

3.6

依存症つらい。
はじめの救急車のシーンの周りの冷静さで、あぁもう慣れっこなんだなと察知。
さんざん酷い目に合わされても離婚しても見離さない家族が普通の家族より固い絆で結ばれているような。
依存症が無け
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

超悪趣味なゲーム。
金持ち何考えてるのかわからんな。
これは弟どういうつもりなんだ。
こんな誕生日プレゼント断じてごめんだし最後もなんかスカッとはしない。
でも現実とゲームの境目がすごく曖昧になってい
>>続きを読む

殺されたミンジュ(2014年製作の映画)

3.3

一人の女の子が殺され、関係者が次々拷問されていく話。

あの女の子はなんで殺されたの?
みんななんでその、これやってるの?復讐じゃないよね?

とにかくわからないことが多いけど、どこにでも出てくるあの
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.6

やさしい映画。
真面目で遊びの無い箱入り息子と盲目の箱入り娘の恋。
相手が目が見えなくてもちゃんとおしゃれしてデート行くのはやっぱり恋だなぁ。
後半のイカレ具合と星野源のグッドキッサー具合とても好き。
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

4.6

小学校のとき観て以来のアダムスファミリー2!WOWOWで鑑賞。

やっぱり好きだわー。
どんなにおどろおどろしくても夫婦がしっかり愛し合ってて家族愛に溢れてるところが最大の魅力。

乳母のデビーが本当
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.9

小池真理子の原作だったのか。
少し前に図書館で借りて半分くらいまで読んで返却期限になってそのまま返してしまったまま鑑賞。
卓也の出番少ないね。

ところで菅田将暉のグッドキッサーっぷりが。
星野源さん
>>続きを読む

>|