みちおさんの映画レビュー・感想・評価

みちお

みちお

いいこと49

映画(258)
ドラマ(6)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

テクノブレイク
ロマン
アガりたくなったらこれを見ろとゆーことでまず間違いない

メッセージ(2016年製作の映画)

-

何もかもが美しい
宿命論者だから尚更に感じてしまう

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

インフィニティウォーまで一ヶ月切ってしまってるという事実に震える
マイケルBジョーダンかっくいーな
終始音楽ノれる

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

-

進め方自体は古くさいサスペンス調(そこがまたいいけど)というかラブの要素はあまりないんだけど、陶芸とラストの2シーンだけでもう満たされる。
オダ・メイ無双

blank13(2017年製作の映画)

-

逆ヒメアノ〜ル的なね
家族の風景はずるすぎる
最初から全く憎みきれてないところがたまんないね
他人の自分の知らなかった良い部分を知れる事って素晴らしく素敵だと思う、その人が近い人であればあるほどに

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

-

音楽と歌がキた
タイミングなんてあわないものだと思ってる
縁が途切れない人が1人でもいるだけでいい人生だろうなー

凶気の桜(2002年製作の映画)

-

まんま窪塚洋介だこれは笑
まんま卍lineだこのときから笑
K DUB
キングギドラの時代か
大人になったから好き嫌いできなくなるんじゃなくて、大人になったから好き嫌いをはっきりさせる

デトロイト(2017年製作の映画)

-

圧巻ウィル・ポールター
あのシーンをくどいで片付けるのは正解かつ完全にナンセンスだと僕は思う

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

+も−も世界を巡り巡るし無影響な行動なんてないよね
救いでしかない

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

陰謀論者では全くないけどロマンめいたものは感じちゃう
教養が足りない

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

-

好みすぎ
fish story
僕の孤独が魚だったら
巨大さと獰猛さに
鯨でさえ逃げ出す
きっとそうだ

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

圧倒的センスと悪ふざけ
エルトンジョン
カントリーロード
快適すぎる脳死鑑賞
流石に教会を超えるものはなかった笑
コリンファースの声、全俳優の中で1番好きかも

重力ピエロ(2009年製作の映画)

-

Be the change you wish to see in other people
小向文代、アウトレイジのイメージ強くて最初胡散臭く見えたけどいつの間にか父さんにしか見えなくなってた
好み
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

-

初登場シーンでこいつ絶対犯人だろって思ってしまった
石田ゆり子のうつくしさ
印西牧の原駅、そこらへんの俳優よりも映画に頻繁に出演してて笑う

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

-

最後はもうバリカンと一緒に殴られてた
存在の証明
剥き出しの魂の映画

亜人(2017年製作の映画)

-

原作もアニメも知らないけどハショり感がひしひし
ラスト笑う

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

最高のエンタメ
ソー・シリーズから一転、GotG調の雰囲気に路線変更
ロキはMCUの中で1番いいキャラ
カンバーバッチの所はファンからすれば垂涎モノ、スカヨハはもっと出ろ
ラグナロクの方が確かにイカし
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

正直当時の記憶が全然無い
圧倒的アメリカ感
オルティス

プレステージ(2006年製作の映画)

-

ノーラン全開
散りばめすぎ
帽子と鳩
マイケルケインはアルフレッドにしか見えねぇ笑
今すぐに再鑑賞したくなるね

そして父になる(2013年製作の映画)

-

誰目線なのかわかんないけどめっちゃキタな
もしかしたら俺が1番好きなジャンルは家族モノかもしれん笑

>|